BELOVE

おっさんずラブ最終話ネタバレ!!春田の本当に好きな人は…

テレビドラマで大人気のおっさんずラブがコミカライズ!

BELOVE2月号(12月30日発売)の最終話を読みましたので、ネタバレと感想を書いてみました。

おっさんずラブ最新話を無料で読む方法は?

おっさんずラブ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おっさんずラブ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
おっさんずラブ最新話を読む

前回までのあらすじ

結婚したいのに全然モテない33歳独身の春田創一は、不動産会社に勤めています。

通勤のバスの中で痴漢と勘違いされていた春田を助けてくれた黒澤部長の携帯の待ち受けは唐揚げを食べる春田の写真でした。

そんな時、本社から異動になり、合コンで一緒だった牧凌太がやってきます。

母親に急に出ていかれ途方に暮れていた春田は、たまたま部屋を探していた後輩の牧が料理が出来ることを知り、ルームシェアを提案します。

春田は几帳面な牧に怒られながら、牧は何でも美味しいと感動してくれる春田に癒やされながら共に生活していきます。

その矢先、部長から海浜公園に呼び出されます。

「はるたんが好きです」

バラの花束を渡して、妻とは離婚してきちんとするから待ってて欲しいと伝え、走り去りました。

部長の自宅では部長が奥さんに対して離婚して欲しいと伝え、急に切り出された奥さんは、他の女性との浮気を疑っていました。

幼馴染のちずに相談すると、部長の誠実さに感心して大切に思われている証拠だから真剣に考えたほうがいいと春田に伝えます。

奥様から呼び出され部長との話し合いに同席することになり、好きな人ができたと伝える部長に奥様は相手である”はるたん”の正体を知ってしまいます。

パーティの時、ちずに彼女のフリをして欲しいと春田は懇願し、密着したりする二人を見て部長は複雑な気分になります。

箸を拾おうと、テーブルの下を見ると牧と武川が手を繋いでいるのを春田は見て動揺してしまいます。

ちずは春田と牧はお似合いだと話しますが、牧と武川が手を繋いでいたとちずに話し、自分の勘違いだったと話します。

そして部長を呼び出し、ごめんなさいと春田は部長に謝り、去っていく部長の目には涙が流れており、影から見守っていた部長の奥様の目からも涙が流れていました。

ちずと春田がお似合いだと言う牧に春田は幼馴染だからと言い返しますが、牧はなにもないなら付き合ってくださいと言い出し、思わず頷きます。

プロポーズの場所で全然変わらないわねと呟き、部長の手を離し、奥様は部長の背中を叩きながら『はるたん』を死んでもゲットしなさいと伝え、笑顔で去っていきました。

春田は、会社の皆に牧の手を取って付き合っていると宣言しましたが、牧が否定したため春田の片思いと勘違いされ、その場は収まりましたが家に帰ってから春田は不機嫌になります。

牧は変に隠されるのは嫌だけど、あえて皆の前で晒さなくても良かったと呟き、立ち上がった牧はその場に倒れてしまいました。

付き合って春田が本当に幸せなのか分からないと言う牧に、見舞い来た武川は笑いますが、真面目な顔をして自分の幸せより相手の幸せか、と悲しそうにお大事にと言って、武川さんは去っていきました。

買い物に言った牧は偶然ちずと会い、ちずは春田に告白したいと打ち明け、二人の邪魔をするつもりはないと必死で訴えます。

牧は自分でいいなら、次の休みに自分の親に会って欲しいと言い出し、会ってみると牧のお父さんは烈火のごとく怒っていました。

帰り道で何気ない春田の言葉に嬉しく感じていると、春田にちずから電話が入り、ちずの兄の店に誘われますが、牧はちずの話を思い出して病み上がりなんで先に帰りますと断わりました。

自宅にやってきた母親は春田に会わず帰っていきましたが忘れ物に気付き、牧が追いかけます。

告白した後のちずを抱きしめている春田を目撃した牧は、春田の母親の言葉や武川の言葉が頭の中を回り、その場から立ち去ってしまいました。

春田が帰ると牧が正座しており、色々と春田の日常の出来ていない点を立て続けに言った後、まあいいやもうと呟きました。

僕は春田さんのことなんか好きじゃないと涙を流しながら今までありがとうございましたと伝え、次の日に荷物をまとめて家を出ていきました。

それから一年の月日が流れ、春田の家にはくまのぬいぐるみが置いてあり、寝坊したと春田が居間に来ると台所ではエプロン姿の部長が卵焼きを焼いていました。

堕落した春田を見かねた部長が時々家に来て、月に一度が週に一度、3日に一度…そして気づけば部長と一緒に暮らしていました。

牧とも普通な先輩後輩の仲に戻り、部長に呼ばれた春田は本社の開発事業部の上海の新規プロジェクトに春田はどうかと打診があったと知らされます。

部長との買い物の帰りにレストランへ寄り、春田が注文すると、店員さんが固まり、急にフラッシュモブが始まりました。

すると階段の上から白タキシードの部長が現れ、踊りながら階段を降りてきて、プロポーズされた春田は思わず固まり、僕なんかで良ければ…とつい答えてしまいます。

この出来事は翌日の朝礼で報告され、わんだほうでちずに報告していました。

牧と春田は、昔から付き合いあるお客様に挨拶回りをしていて、だいたい終わったという春田に出来るだけ一緒に回りたいと牧がお願いしました。

式の準備が進む中、自分の気持がウエルカムじゃないことをどうやって部長に伝えるべきか春田は悩んでいました。

そして内輪で結婚パーティをわんだほうで開き、舞香先輩が部長に早期退職するんですかと尋ねます。

部長は悩んだけど東京に残ると話し、これまで以上に営業所を盛り上げていくつもりだと皆に伝えました。

わんだほうから出た牧を、ちずは呼び止め話をしようとしますが、牧は明日早いから…と言ってちずの方を見ようとしません。

そんな牧に、最後にちゃんと今でも春田が好きだって伝えたほうがいい、牧くんには絶対後悔してほしくないと伝えました。

その頃、春田は武川さんにテーブルの隅に呼び出され、牧の心の中にはお前がいると伝えます。

春田と武川の会話を部長は寝たふりして聞いていました。

家でウエルカムボードを作りながら、こんなに想ってくれる人に出会ったのは初めてだと自分に言い聞かせていました。

その時、明日話がしたいと牧からメールが入ります。

今度はマロと引き継ぎをしていて、人気者の春田に少しマロはヤキモチを妬いていました。

牧との待ち合わせに出かけようとすると、女性が倒れているのを見つけ救急車を呼ぼうとしますが、携帯がないことに気づきます。

周囲の人に救急車を呼んでもらっている頃、会社では春田の携帯に牧から着信が入っていました。

救急病院で春田が途方にくれており、時計を見ながら牧を想う春田でしたが、牧もその頃時計を見ながらちづとの会話を思い出して春田を待っていました。

息子さんがやってきた後、春田はようやく待ち合わせ場所に走りながらどうしていつも自分はこうなんだと悔やみながら叫んで向かいました。

走って、待ち合わせ場所に到着した春田でしたが、時計は9時45分を指しており、くそ…とため息をついていると、牧がすれ違いに階段上の歩道から帰宅していました。

家に帰ると部長からの手紙は春田への感謝の気持ちばかり書いてあり、最後にはるたんのおかげで公私ともに充実した一年になったのではるたんが大好きですと綴ってありました。

結婚式は二人だけだからリラックスと部長が言い、深呼吸をして二人でバージンロードを進んでいきました。

そして神父の誓いの言葉に食い気味に部長が誓います!!と宣言し、神父から誓いのキスをお願いしますと言われました。

春田はその言葉に呆然としてしまい、春田の頭の中には牧との思い出が蘇りました。

あ…あれ…?と言う春田を見透かしたように部長が悲しそうに、神様の前で嘘はつけないねと呟き、本気じゃないキスをされても嬉しくないと春田に伝えます。

牧は今日から休暇を取って旅に出ると言い、夕方の便だからまだ間に合うと部長は言いました。

この後の披露宴はとっくにキャンセルしていると言った部長の言葉に春田は顔を上げると、優しく悲しそうに何年お前の上司をやってると思っているんだと伝えます。

春田ぁぁぁ!!行けぇぇぇ!!と叫ぶ部長の声に背中を押されながら、春田は走って式場を出ていきました…

おっさんずラブ最終話ネタバレ!!春田の本当に好きな人は…

牧、と呟きながら春田は走りどこにいるんだよ、と思いながら走ると宅配業者の人にぶつかっていまい、謝りながら荷物を元に戻します。

靴底が外れていることに気付き、いまさら牧と会ってなにを言えばいいんだと涙が出てきますが、牧ー!と叫びながら春田は走り出しました。

披露宴会場では皆が談笑していましたが、一人で部長がやってきて皆に頭を下げ、ふられちゃったと笑いだしました。

すると元嫁の蝶子さんがバカねぇと言って抱きつき、皆も部長と言いながら次々と抱きつきました。

その光景をちづがやさしく微笑みながら見ていました。

空港の近くに来て、走りすぎてせき込んでいた春田は道向こうに牧の姿を見つけます。

牧ーと叫びながら、靴を片手に手を振りながら呼び続け、気付いた牧に向かって牧が好きだぁーと叫びました。

そして牧の方へ走っていき、走りすぎて吐きそうになっている春田に向かって俺と居たら春田さんは幸せになれませんよと言い返しました。

息切れしながら、そうやって勝手に決めるなと言い、俺はずっとお前と一緒にいたいと泣きながら春田は牧に言いました。

そして、おれと結婚してくださぁぁーい!と叫びながら牧に向かって抱き付き、牧も泣きながら春田を受け止めました。

二人はただいま…おかえり…とお互いの存在を確認するように抱きしめあいました。

そして1ヵ月後春田は上海に発つことになり、会社で挨拶をしている春田を見つめる牧の肩を優しく部長が叩きました。

そして部長にお世話になりました、と挨拶をする春田に向こうで活躍を期待しているぞと部長も返しました。

頑張れよ!と春田の腕を叩いた拍子に資料が落ちて、一緒に拾いながら部長は春田の手を避けるように資料を取って春田に渡しました。

そして屋上で武川さんが部長に吹っ切れたんですかと尋ねますが、いい思い出になるにはもう少し時間がかかると言いました。

不思議と楽しかったことしか思い出さないという部長に、いい恋だったんですねと武川さんは言いました。

部長にとって最後から何番目の恋ですかと尋ねられ、5番目くらいだなと言う部長に二人で笑いながら、部長は武川さんの手を握りますが二人で思わず笑ってしまいました。

家で荷造りをしながら、牧がパスポートの場所を伝えていると春田がスーツケースに乗ってむりやり蓋を閉めていました。

雑な入れ方するからだと言う牧に、靴下を春田が投げると取っ組みあいをして、春田を押し倒したような格好になった牧がもう我慢しないって決めたんでと言って春田にキスをしました。

春田が突き飛ばして、やめろと言うと牧は笑い出し、牧が油断したスキに今度は春田が牧を押し倒してキスをするのでした…

おっさんずラブ最終話春田の本当に好きな人は…の感想

部長が披露宴をキャンセルしていたと春田に嘘をついていたことが、かっこいいですね…

春田に心配させずに牧の所へ向かわせるという、まさに無償の愛ですね!!

部長がいい男すぎます!!

そして間に合った春田と牧が、本当に幸せそうで良かったです!!

やっぱり、ハッピーエンドになってよかったです!!

おっさんずラブ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おっさんずラブ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
おっさんずラブ最新話を読む