Kiss

おとなになっても第12話ネタバレと感想!

kiss4月号「おとなになっても」第12話を読みましたので、ネタバレと感想を書きました。

おとなになっても最新話を無料で読む方法は?

おとなになっても最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おとなになっても最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
おとなになっても最新話を読む

おとなになっても 第12話 ネタバレ!

朱里は美容師の仕事に戻ったことで、心機一転引っ越しをしました。

しかしそこはあろうことか、そのアパートは綾乃が夫や義母と住む家でした。

ご近所さんとして顔を合わせることになった綾乃と朱里でしたが、和やかに会話をしながら

最寄りの駅まで一緒に向かい、駅前でさよならする。

それだけの関係でしたが、むしろその関係が心地よいと感じる朱里と綾乃でした。

朱里は復帰した美容師の仕事も充実していました。

仕事を終えたある晩は雨でした。

朱里は駅のスーパーによって買い物をして、外に出ました。

勢いよく傘を広げたところ、隣の男性に水しぶきをかけてしまいます。

慌てて詫びますが、その顔を見て、どこかで会ったことがあることを思い出します。

その男性は朱里が恋する綾乃の夫、渉だったのです。

渉もまた朱里が綾乃の恋人関係にあった女性だと気付きました。

まさかね、そんなはずない……と思ったふたりは、会釈をしてそのまま別れます。

けれど帰る方向は同じでした。

どこまでも進行方向が同じであることに、朱里も渉も気付いていました。

やっぱり思い過ごしではなく、一度会ったことがある人だと思い知らされます。

「平山さんですよね、前に一度お会いした……」

「その節は失礼しました。偶然お向かいのアパートに引っ越してきてしまいました。

決して綾乃さんにストーカーしているわけではありません!」

慌てる朱里に、落ち着いてくださいと渉は言います。

「平山さんは妻の綾乃が、既婚者だと知らなかったのですよね?」

「は、はい!そうです!」

「それは御迷惑おかけしました……」

「既婚者であることを言わなかった彼女(綾乃)が悪かったと私も思いますけど、

これまでも、これからも何かが起こることはありませんから、ご安心ください……」

朱里は綾乃とは今後何かを期待しているわけではないと、なんとか渉に伝えるのでした。

「それではご近所として今後よろしくお願いします」

渉は朱里と別れ、「ただいま」と自宅に帰っていくのでした。

綾乃はキッチンで洗い物をしていました。

渉は綾乃に今日のことを話そうとしますが、なぜか話せません。

代わりに綾乃が思い出したように、平山朱里さんが向かいのアパートに越してきた

と話すのでした。

「それってわざとなの?」

渉が聞かれ、少し驚く綾乃です。

向こうは私がどこに住んでるかもしらないし、知らせてないから本当に偶然よ

と説明する綾乃でした。

「ごめんね」

渉も綾乃をつい疑ってしまったことを恥じているようです。

「ごめんね、言わなくていいことだったかも」

「いや、知らないで通してたら黙っていたことになるし。けどさ、なんでも正直に話すって

どうなんだろ、自分が楽になるだけじゃない?」

渉は呟くように、綾乃に言うのでした。

一方、朱里はアパートに到着してから、嘘をついてしまったことを後悔していました。

「ダンナさん、ごめんなさい。既婚者とわかってからもキスしていました……」

渉に秘かに詫びながら、これからは何もないので、それで許してください

と秘かに願う朱里でした。

翌日の通勤帰りも、朱里と渉は駅でばったり会ってしまいました。

ふたりは何気なく会話を始めます。

「雨が続きますね」

「本当に」

「ずっとこちらにお住まいですか?」

「生まれも育ちもここでした、祖父の代からです」

「じゃあアートフェスタご存知ですか?」

「あ~このところ活発にやってるみたいですね、うちの母も熱心に参加してます」

「実はアートフェスタの店対抗マラソンに出てほしいって言われてて」

「ハハハ、それは大変だ」

二人の会話は驚くほど穏やかでした。

ひとりになった朱里が後で驚くほど、渉がフレンドリーなのです。

その真意を考えながら、ひょっとしてけん制されてるのかも、だったら適度に愛想よく

しておこうと思う朱里でした。

ある晩の帰り道、朱里と渉はまたも同じになりました。

「平山さんは昔から好きになるのは女性ですか?」

渉のストレートな問いに戸惑いながらも、初恋が女性の先生だったと話す朱里でした。

これ以上渉にあれこれ聞かれることに抵抗を感じた朱里は、帰る時間をずらそうとします。

そう思った矢先の朝の通勤前、同じく通勤前の渉とばったり会ってしまいます。

避けていても偶然が発生して渉と会ってしまうことに、強く戸惑う朱里です。

「このダンナさんさ、あたしに普通になついてきてない?

勘違いだったらいいけど前にもこういうのがあったし……」

その思いを見透かすように渉が言い出します。

「あの妙なお誘いと思われるかもしれませんが、驚かないでください。

今度いっしょにごはんでも食べませんか?」

渉の誘いが男としての誘いであると思った朱里は、困ってしまいます。

しかし渉は最後に朱里も思わぬことを言うのです。

「家で……いっしょにごはんを食べませんか?」

「ん……?」

それが何を表すのか、すぐに理解できない朱里でした。

おとなになっても 第12話 感想!

何かに導かれるようにご近所となってしまった綾乃と朱里。

そこに綾乃の夫である渉が加わり、なんとも奇妙な三角関係が出来上がって

しまったようですね。

相変わらず何を考えているのかわからない渉ですが、朱里のことをどう思っている

のでしょう?

さらに綾乃がいる自宅に食事に誘ったりと、ますます真意が理解できない男のようです。

次回「おとなになっても」第13話は、3月25日(kiss5月号)発売です!

おとなになっても最新話を無料で読む方法は?

おとなになっても最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おとなになっても最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
おとなになっても最新話を読む