未分類

これは愛で、恋じゃない【第14話】ネタバレ! デートしてみたい!

2020年2月20日発売、Sho-Comi6号「これは愛で、恋じゃない」【第14話】ネタバレや感想をまとめました。

これは愛で、恋じゃない最新話を無料で読む方法は?

これは愛で、恋じゃない最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、これは愛で、恋じゃない最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
これは愛で、恋じゃない最新話を読む

前回のあらすじ

愛のお誕生日が近づき、体育祭の代休は、愛の希望で憂成と二人っきりでお祝いをしたいということで、二人で映画を観に行きました。

夕方近くになると、お天気が悪くなり雷が鳴り始めます。

恋は雷が大の苦手なので、憂成は電話をかけたりLINEを送ったりと気を遣います。

一人で家にいる恋は停電になりスマホの充電も切れて、そこへ雷が鳴り、恐怖がマックスになって・・・。

「八乙女、落ち着け俺だよ。大丈夫か?」と、憂成。

恋は憂成が帰ってきてくれたことに安心して、憂成に抱き着きます。

そして憂成も恋を優しく抱き寄せるのでした。

これは愛で、恋じゃない【第14話】ネタバレ

憂成が帰宅して、安心した恋(体は愛)は、冷静さを取り戻しているようです。

今、この瞬間、憂成に抱きしめられていることに気が付きました。

憂成は「悪かったな、一人にして」とも言ってくれるので、恋はドキドキが止まりません。

そして、恋は熱い気持ちが溢れて「氷鷹が好き!」と告白します。

憂成は驚いて「人としてだろう」と尋ねますが、恋は「この間はごまかしただけ。本当に好きなの。私もデートしたい・・・」と言って、倒れてしまいました。

憂成は恋をベッドに寝かせて、愛おしそうにしばらく付き添いました。

恋の体は妹の愛だけど、憂成には妹でなくちゃんと恋に見えているのでした。

夢?

朝になり、目覚めた恋は、昨夜のことを思い出し、一人赤面しているところに憂成が部屋に入ってきます。

しかも、普通に・・・何事もなかったように・・・。

そして、具合が悪いのをどうして黙っていたのかと怒ります。

恋は「たいしことがないし、愛ちゃんのお誕生日のお祝いを邪魔したら悪いし」と言うと、

憂成は「おまえの体の方が大事だ!」と言ってくれるではありませんか!

恋はまたしても、ドキドキしてしまいますが・・・それを隠すために「愛ちゃんの身体だかね」と言って、着替えるから部屋から出て行ってと憂成に言います。

恋は制服に着替えながら、昨夜、憂成に抱きしめられたのは熱があったから、都合のいい夢を見たんだと思ってしまいました。

愛は無視?

学校の下駄箱で、恋(体は愛)は愛(体は恋)を見かけたので、呼び止めようとしますが、無視したように行ってしまいました。

気付いてもらえなかったと思った恋は、LINEを送りますが、既読スルー・・・その後も声をかけようとしますが、全く恋の方を向いてくれません。

恋はブレスレットを返すって約束したのに・・・と不満です!

恋はもともと自分の教室である2-1まで行き、こっそり様子を伺います。

すると、友達が「恋と氷鷹が付き合っているなら、私の彼氏と一緒に4人で遊ばない?」と憂成と愛(体は恋)を誘っているではありませんか!

楽しそうで羨ましいと思う恋です。

何だか教室の中にも入っていけない雰囲気なので、そのまま帰ろうとしていると、憂成が待っていました。

愛ちゃんが待っているでしょうと帰ろうとすると、憂成が制止し、「おまえを待っていたんだ」というではありませんか。

「ちょっと付き合えよ」と、憂成は恋を街まで連れて行きます。

デート

恋がアイスクリームショップで「アイス食べたい」と言い、憂成に買ってもらって、食べながら街を歩く・・・放課後デートみたいと思う恋はとても嬉しそうです。

そんな恋の可愛い笑顔を見て、憂成も嬉しく思うのでした。

冗談を言いながら、街を二人で歩く・・・永遠に続いて欲しいと恋は思います。

プリクラも撮ろうと言いますが、いざ入ると、自分の姿が愛だとうのに気が付き、ショックを受ける恋です。

やっぱり撮るのやめると、出て行こうとする恋に憂成は引き留めて、一緒に撮ります。

そして憂成はその姿でも恋は恋だろうと言ってくれます。その上、元の姿に戻れば、また撮ればいいとも言ってくれます。

お互い、写真にペイントして楽しみ、恋は元の姿のじゃないけれど、やっぱり嬉しいと思いました。

恋は満面の笑みでありがとうと憂成にお礼を言います。

恋は憂成の用事があったことを思い出し、私と行くところがあったんじゃないのと尋ねます。

すると、憂成は今、行っただろうと・・・おまえがデートしたいって言ったじゃないかと・・・

恋は昨夜のことは夢でなかったんだと思い、真っ赤になってしまいました。

恋はどうして私とデートしてくれたのと憂成に尋ねました。

すると、憂成の顔が次第に赤くなり、言わないと、分からないのかと言って、恋を抱き寄せ、「八乙女が好きだってことだろう!」と。

これは愛で、恋じゃない【第14話】感想

やっとお互いが、両想いだということがわかりましたね。

後は愛ちゃんがそれを認めてくれることですね。

恋ちゃんを無視し続けているし、ブレスレットも返してくれないし・・・。困ったものです。

次回、Sho-Comi7号は3月5日(木)発売です!

これは愛で、恋じゃない最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、これは愛で、恋じゃない最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
これは愛で、恋じゃない最新話を読む