これは愛で、恋じゃない

これは愛で、恋じゃない【第20話】ネタバレ!バスケット部で

2020年5月20日発売、Sho-Comi12号「これは愛で、恋じゃない」【第20話】ネタバレや感想をまとめました。

これは愛で、恋じゃない最新話を無料で読む方法は?

これは愛で、恋じゃない最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、これは愛で、恋じゃない最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
これは愛で、恋じゃない最新話を読む

前回のあらすじ

恋は愛と入れ替わっていたことを恒に打ち明けます。

言われてみればと、恒は納得します。

恋と憂成の交際は順調・・・でも、愛はまだ諦めていない感じです。

それを恒も恋と兄である憂成が仲良くしている姿を遠くからじっと見ている愛の様子でわかることに・・・。

これは愛で、恋じゃない【第20話】ネタバレ

1on1

憂成と恒は体育館でバスケをしています。

1on1での勝負です。

恋は憂成のプレイを見てカッコ良過ぎと興奮しています。

高等部のバスケットの部員が怪我をして、中等部の恒が助っ人を探していました。

憂成が上手と噂で聞きつけ、放課後、部長に技量を見せたいので、俺と勝負して下さいと恒が憂成を誘ったのでした。

高等部の部長にも認められた憂成でしたが、愛を家に一人にしておくのが不安だと言って、入部は断ったそうです。

恋は愛もバスケのマネージャーになるのはどう?と憂成に提案します。

憂成は愛は体が弱いのに、マネージャーはさせられないと言います。

そして、部活したらデートもできなくなるかもなと憂成が恋に言います。

恋はハッとしますが、憂成のバスケをしているカッコいい姿が見たいと言います。

憂成はお前もマネージャーになったら、愛のことも頼めるし・・・それならバスケ部に入部してもいいと言います。

バスケット部

憂成、恋、愛の3人がバスケット部に入部することになります。

以前からいる先輩マネージャーは、愛が入部するのは、家庭の事情でわかるけれど、恋が入部するのがわからないと言います。

浮ついた気持ちだと、困るとも言われる恋です。

恋は、堂々と私は半端な気持ちで入部したわけではないので、仕事をどんどんこちらに回して下さいと先輩マネージャーにお願いしました。

恋は愛には、無理な仕事は私がするからと声をかけます。

何だか気まずさが残りますが、恋は愛に私のブレスレットは知らないかとこれを機会に尋ねてみます。

愛は知らないですと答えます。

恒のマネージャーが探していますよと恋を呼ぶ声がするので、恋は慌てて行くことにします。

恒は恋に何かなくしたのですかと尋ねます。

少し聞こえてしまってと恒が言うと、入れ替わっている時にしていたブレスレットをなくしたことを恒に打ち明けます。

恋はバスケットのマネージャーとしてよく働きます。

それを憂成は優しく見つめています。

愛は余り働けないので、体育館の前で座っていると、何しているのと声を掛けられます。

今日はルーズじゃないんだと、恋が愛になっている時の様子を知っている感じがしたので、愛は人違いですと避けようとしたら、フラッと眩暈がおこります。

それをいいことに、休めるところに連れて行ってあげようと強引に連れて行こうとするのを恒がうちのマネージャーに手を出すのやめてもらえますと追っ払ってくれました。

愛がへたっとしているところにブレスレットが落ちているのを恒が発見します。

愛は慌てて、ブレスレットを拾い上げ、去って行きます。

恒はあれは恋が愛だったころにつけていたブレスレットで・・・恋が探している分ではと思います。

恋の仕事も終わり、先輩マネージャーから帰っていいと言われ、体育館に行くと部活はもう終わっていました。

マネージャーの仕事を一生懸命し過ぎて、カッコいい憂成の姿を見られなかったと落ち込む恋に憂成がボール、残っていたぞと近づいてきます。

そして、恋に今日は頑張っていたみたいだね、マネージャーが褒めていたと言ってあげました。

恋は嬉しそうにルールとか勉強していて良かったと喜びます。

シュートが決まったら

恋は憂成に、私のシュートが決まったら、憂成が私に愛の告白をするっていうのはどう?と言って、恋はシュートをします。

憂成は慌てて、絶対決まるなと言い・・・恋は絶対決めると言い・・・結局、リングには届きませんでした。

残念そうにする恋にヘタクソと言って、憂成がシュートをします。

「シュ」という音がする綺麗なシュートが決まり、憂成は、では、お前が告白してくれるの?と恋に尋ねます。

そんなの聞いていないと恋は言いながら、少し、照れて、「好きです」と言います。

憂成は聞こえないと言うので、恋はわかったと言って、舞台に駆け上がります。

そして「憂成が好き!」と大声で叫ぶ恋です。

憂成は声、デカ過ぎと言いながら、嬉しそうに笑って・・・

「俺も好き」と言ってくれました。

それを聞いた恋は真っ赤になってキャーとその場に倒れます。

初めて、ちゃんと好きと言ってもらえたと恋が言うと憂成はこれは今日のご褒美だと言って、倒れている恋にキスをしました。

それを見ていたのは、恒でした。

そこへ兄は中にいないのと恒に尋ねる愛をみて、俺、行きたいところあるから、愛ちゃん付き合ってと、愛の腕をとって、体育館から離れようとします。

これは愛で、恋じゃない最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、これは愛で、恋じゃない最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
これは愛で、恋じゃない最新話を読む

これは愛で、恋じゃない【第20話】感想

バスケットのマネージャーは普段は忙しくて、部員の練習は観ることができませんね。

でも、終わってからが楽しいのでしょうか?

恒君に入れ替わっていたことを打ち明けたので、恒君がそれぞれ気配りしてくれるので嬉しいですね!

次回は、6月5日(金)発売です!