漫画ネタバレ

ふつうな僕らの【第13話】ネタバレ!手をつないで

2020年4月13日発売、別冊マーガレット4月号、ふつうな僕らの【第13話】ネタバレや感想をまとめました。

ふつうな僕らの最新話を無料で読む方法は?

ふつうな僕らの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ふつうな僕らの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ふつうな僕らの最新話を読む

前回のあらすじ

以前通っていた手話サークルに一颯は椿を案内します。

手話サークルで手話を習った後、カフェで一颯のお兄さんついて一颯に質問する椿でした。

その帰り、一颯の兄に偶然会い、椿のお陰で、一颯と一颯の兄のわだかまりが少しなくなったようです。

一颯は兄にしゃべるなと言われなくても、しゃべるの辛かったから、そのうち、やめていたと思う。今の自分が普通だから、誰のせいでもないよと兄に言います。

そして、一颯は椿の手をとって歩き始めました。

ふつうな僕らの【第13話】ネタバレ

手をつないだまま

一颯は椿の手をとって歩いています。

椿は顔が赤くなり、これはどういうこと?と思います。

好きなの?でも、間違っていたら恥ずかしいと思う椿です。

会話がないまま、手をつないだ状態で、駅まで歩き、自動改札を通り抜け、電車にも乗っています。

又、椿は一颯は私のこと好きなのでは?と思います。

その時、椿の電話の振動がしますが、椿はそのままにしています。

ちらっと一颯を見ると、とらないのという顔をしています。

躊躇している間に、電話は切れます。

すると一颯が降りる駅になり、一颯は降りようとしないので、椿は慌てます。

一颯は椿の手を放し、スマホで「家まで送る」と伝えます。

椿はどうして送ってくれるのかなと思います。外はまだ明るいし・・・。

どうして手をつないだかも知りたいけれど・・・一颯は何もしゃべってくれません。

椿が降りる駅に着き、椿は近所のおばさんに見られるのが恥ずかしく感じたり、親に知られるのもちょっと・・・・と思います。

すると、男子学生が椿を呼びます。

クラスの男子でした。他愛もない話をします。

そして、手をつないでいるところを見られなくて良かったと思う椿です。

家に着いたので、お礼を言って、また学校でと挨拶する椿ですが、一颯は帰ろうとしません。

そして、スマホで、家に誰かいる?と尋ねます。

椿は誰もいないことを告げると、一颯は家に入れて欲しいと言うではありませんか!

椿の家の中で

一颯を家に入れましたが、椿は慣れていないので、どうしていいかわかりません。

お茶を出したり、お菓子を探したりしていると、一颯が椿の首を少し指で突きます。

椿はびっくりして思わずわーと叫び、何ですかと一颯に尋ねます。

前に椿が返してくれたけれど、受け取れなかった本はどこ?と一颯は尋ねます。

椿はこれですねと一颯に渡します。

ペラペラとめくる本に椿が花火大会の時に一颯にプレゼントしたしおりが見えました。

一颯は慌てて、本を閉じると、椿はもう一度見せて下さいとお願いします。

一颯は椿に椿のこと教えてと言ったのに、何時教えてくれるのと尋ねてきます。

椿は病気だったので、転校したり、入院していたから卒業アルバムも殆ど写っていないし、学校にいないことの方が多かったから思い出もないと言います。

仲良かった人はいないの?と一颯が尋ねると、椿はいなかったので、面白い話もないんですよと言います。

一颯は面白い話がなくていいよ、それを含めて知りたいとスマホで伝えます。

椿がにっこり笑うと、一颯が椿の顔に手を当てました。

椿はこれは付き合おうというサインなのかなと思って、身構えます。

一颯は椿の態度を見て、別になにもしないよとスマホに書いて見せました。

恥ずかしさの余り、椿は手をつないで来たじゃありませんかと真っ赤な顔で大声をあげてしまいます。

一颯は、隣歩いていると、いるかいないかわからない時があるとスマホに書いて、椿に見せます。

いると思っていたのに、振り向くと知らない男の人としゃべっていた。

手をつないでいたら、いるってわかるから、今日は一緒にいて欲しかったと椿に伝えます。

椿はすぐに「います」と応答します。

これからはよくわかるように3歩前を歩こうかなと笑顔で言います。

椿はさっきの人は同じクラスの男子でしたと言って、飲み物を取りに行こうとしますが、一颯はドアのところで椿を遮って、何を話していたの?など質問をしてきます。

椿はやいているんですかとスマホに送ると・・・。

一颯からの返事は「うん」でした!

椿は顔が赤くなり、一颯の手が椿の顔にかかろうとした時に

「前歩かなくても、これからも隣、歩けば。」と声がして、ドーナツ買って来たけどと言って、妹がドアを閉めました。

椿は絶句です・・・。

学校で

椿の友人が、手話サークルでデートいいなあと言っています。

椿はデートねぇ・・・と思いながら、今、一颯に付き合ってと言えば何か違うのかなと思います。

電話が鳴っています。友達が間違って通話を押し、柴崎がどちら様でしょうかと言っても返事はありません。

椿が出ると、椿ちゃん・・・と声がしました。

一颯と奈央

奈央が自動販売機のところでお金を落としてしまいます。

それを見た一颯が拾います。

奈央はお礼を言って、一颯と少し話をします。

ドラマの話を手話を使って話します。

手話サークルに行くと、奈央がたまに顔を出していたと聞いたよと一颯が伝えます。

それはもう随分前の話だよと言って、行ったの?と奈央は尋ねます。

一颯は椿と行ったことを伝えます。

同じところへよく連れていけるよねと奈央はちょっと下を向いて言います。

これからも誰かと付き合うたびに連れて行ったら笑っちゃうと。

一颯は奈央に手話で中学で最初に話したのが奈央でいつも助けてくれて、手話も普通に覚えてくれた。

奈央は特別な友達で大切だから昔みたいに笑って欲しい。

優しいのに皆に誤解されるのも嫌だし、・・・

奈央はやめてと一颯の手話を遮って怒ったように言います。

それはお別れの挨拶?と奈央。

私のことが邪魔になったのでしょう? あの子がいるから・・・

違うよと一颯は必死に手話で話そうとしますが・・・

奈央は昔みたいに・・・何それと言いかけた時・・・

「奈央?」と呼ぶ男性の声がしました。

それは中学の時以来に会う、松本先輩が奈央に声をかけたのでした。

「奈央、一緒に来る?」と松本先輩は言います。

奈央が行こうとしますが、一颯が腕をとります。

それでも奈央は松本先輩と行ってしまいました・・・。

電話の相手は?

一方、椿はスマホを持って呆然としています。

それに気が付いた柴崎がさっきの誰だった?と尋ねます。

椿は笑って、知らない人と言います。

椿が引っ越してきて、2度目の冬が来ようとしていました。

ふつうな僕らの【第13話】感想

椿のスマホにかかった電話は誰だったのでしょうね?

椿と一颯は両想いになったのですよね?

一颯と奈央はこじれた関係のままです。

次回は電話の主がわかるのでしょうか?

次回は5月13日(水)発売です!

ふつうな僕らの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ふつうな僕らの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ふつうな僕らの最新話を読む

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国