ふつうな僕らの

ふつうな僕らの【第14話】ネタバレ!文化祭

2020年5月13日発売、別冊マーガレット5月号、ふつうな僕らの【第14話】ネタバレや感想をまとめました。

ふつうな僕らの最新話を無料で読む方法は?

ふつうな僕らの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ふつうな僕らの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ふつうな僕らの最新話を読む

前回のあらすじ

椿が引っ越ししてきて、2度目の冬が来ようとしていました。

一颯とは手をつないだり、椿の家まで行ったりと、急接近中・・・。

ふつうな僕らの【第14話】ネタバレ

11月

学園祭に向けて、写真部も忙しくなっています。

部活があるので、最近は一颯と柴崎と椿の三人での行動が多くなっています。

三人はいいとして、何時も柴崎が真ん中で、椿は少々不満です。

柴崎と目があったので、真ん中譲ってよと言うと、柴崎が一颯に手話で、一颯の横譲らないと殺すぞと言われたと言います。

椿はそんなこと言っていないでしょうと怒ると、椿のお腹がなりました。

それも柴崎が一颯に説明します。

学園祭の準備をしていると、一颯からLINEが入ります。

一人で玄関まで来てと。

慌てて、椿が玄関まで行くと、先生が一颯に差し入れするお菓子買って来てと言われたので、一緒に行こうというお誘いでした。

椿は笑顔で承諾します。

学園祭は初めてと一颯は椿にLINEで尋ねます。

椿は嬉しそうに、色々誘われているから、全部のクラスまわりたいと説明します。

一颯に写真部にずっといるのですかと椿は尋ねてみます。

すると、一颯は誘われるかなと待っていたけど、誘われなかったと、椿にLINEで送りました。

私のこと?と椿は思いながら、一緒に回りませんか?と誘います。

一颯からは回らないと返事が返ってきました。

そして、友達といっぱい楽しんできなよと次のLINEには書かれていました。

椿は初めての学園祭を友達と楽しみました。

日高奈緒

そろそろ写真部に戻ろうと椿がしたときに奈緒に偶然廊下で会います。

奈緒のモデルの写真も奈緒が撮った分も写真部に飾っていることを報告する椿です。

奈緒はこの間の中学時代の男子の先輩と一緒でした。

彼は椿に馴れ馴れしく肩を抱き、奈緒の中学時代のことをしゃべります。

そこへ一颯が現れて、椿を連れて行きます。

椿はどうかしたんですかと一颯に尋ねます。

すると、一颯はもうあの人としゃべったらダメだと言います。

どうしてですかと椿が尋ねると、余りいい人じゃないからとLINEで返事が来ました。

奈緒と付き合っているのではと尋ねると、以前は付き合っていたみたいだけどと。

椿は、そんな人と奈緒と一緒にいていいのですかと突っ込んだ質問をします。

一颯はそれを見て、椿の頭をポンポンと叩いて、それは僕たちには関係ないこととLINEで返ってきました。

初雪が観測された日

椿は学校の玄関口でスマホを眺めています。

一颯はそれを見て、傘がないのとLINEで送って、椿の後ろに立っています。

椿は一颯に気が付いて凄く驚きました。

椿は傘を忘れたと咄嗟に言います。

すると一颯が椿を傘に入れて帰ることになりました。

少し歩くと柴崎が傘をささずに歩いていました。

柴崎は傘を忘れたと言って歩いて行ってしまうので、椿は一颯に少し待ってもらって、柴崎を追いかけます。

椿は、実は傘を持っていたんだと、柴崎に傘を渡します。

遠慮する柴崎に無理やり持たそうとして、傘の水が柴崎にかかってしまいます。

それを拭こうと椿は自分の袖で柴崎の頭を拭きます。

一緒に帰ろうよと椿が言っていますが、柴崎が見つめる先に一颯が見えました。

柴崎は傘を受け取り、バイト先に用事があるからと一人で帰って行きます。

椿は鞄の底に傘があったのを忘れててと一颯に説明しました。

小嶋詩織とは・・・

二人で電車に乗り、一颯は椿を家まで送ると言います。

一颯は椿に話したいことがあるそうです。

駅を降りて、二人で歩いていると、「椿ちゃん」と呼ぶ女性の声が・・・。

その女性は椿が振り向くと、会いたかったと抱きつきました。

椿はその女性を詩織ちゃんと呼び、私も会いたかった、驚いた、どうしたの?と尋ねます。

詩織は電話で話したら、会いたくなったと言います。

傍にいた一颯に、その女性は「初めまして、小嶋詩織です」とあいさつしました。

詩織は椿の家に入って、家が広くていいねと言い、電話に出てくれないからもう忘れられたのかと思ってたと言います。

椿はにこやかに携帯が壊れて、アドレスとか全部消えたから、電話番号を見てもわからなかったのと言い訳をします。

詩織は椿の説明を聞いて、良かったと言って、昔、お姉ちゃんが椿の家に行きたいと言っていたから私も行きたかったんだと言います。

そして、椿にさっきの彼氏? そのまま帰して良かったの?と詩織は尋ねます。

椿は彼氏じゃないよと詩織に言います。

その頃、一颯は一人電車に乗って、椿が初めて嘘をつくのを見た気がしたと思うのでした。

ふつうな僕らの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ふつうな僕らの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ふつうな僕らの最新話を読む

ふつうな僕らの【第14話】感想

詩織っていう人は誰なのでしょうか?

前回、椿の携帯に電話がかかったのは、男性だと思っていましたが、彼女だったのですね。

詩織にはお姉さんもいるようですね。

どういう関係なのでしょうか?

次回は、6月12日(金)発売です!