漫画ネタバレ

まどろみバーメイド【第49話】のネタバレ!新たなバーテンダーが登場!

2020年4月24日発売、週刊漫画TIMES5/8・15合併号のまどろみバーメイド【第49話】のネタバレや感想をまとめました。

まどろみバーメイド最新話を無料で読む方法は?

まどろみバーメイド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、まどろみバーメイド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
まどろみバーメイド最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

まどろみバーメイド【第49話】のネタバレ

騎帆と同じエリシオンバーで働く案内係の若尾みちるは、自分のことをとても「普通」だと思っていました。

危険な冒険もせず、公務員の父と専業主婦の母の安定的な家庭で小中高と公立学校に通いました。

ちなみにみちるという名前は「笑顔が満ちるように」とつけられたそうですが、写真はたいてい笑っていません。

成績も中の中で友達はいたものの、目立たないグループでした。

一人暮らしは人並みに節約をし衣食住くらいはだらしなくないように。

目立たない特技もないのでせめて好きな服を着て、せめてコツコツと。

とはいえ何かが起こることはない平凡な日常でした。

もしこの世界が映画なら自分はきっと役名のないモブだと感じる若尾。

しかしエリシオンでバーテンダーを目指してるのが一番の冒険かなと考えていました。

 

そんなある日、若尾は男性客にソーセージに合う赤以外のワインはないかと聞かれました。

若尾は少々お待ちくださいと少し戸惑いながらいうと、スタスタと歩き始めます。

肉には赤ワインを合わせるのがセオリーで、お肉のコクや香りに負けない「重さ」が必要です。

特にエリシオンのソーセージは肉肉しさが売りなので、あっさりした白やロゼでは肉に負けてしまうのです。

そして若尾はエリオンバーのチーフである余呉の元に向かいました。

先ほどの客の注文内容を話す若尾。

難しいためお断りするといいかけますが、エリシオンのポリシーは”NOといわないこと”であることを思い出し、違うカクテルなどを探してみると言って奥の部屋に向かおうとします。

すると余呉が海神に「第4」のことを聞いてみたらいいんじゃないかとアドバイスしました。

 

いわれた通り、海神を探し始める若尾。

酒が保管されている薄暗い部屋であたりを見回しながら、あの人いつもユーレイみたいに消えちゃうからなとつぶやきます。

その時、背後から海神が突然姿を現し、若尾は悲鳴を上げました。

お探しのユーレイですがとニヤリと笑う海神。

 

その後、若尾は先ほどの男性客にオレンジワインを勧めました。

オレンジと聞いてリンゴ酒を思い浮かべる男性客ですが、れっきとしたぶどうのワインだという若尾。

するとワインは赤白ロゼの3つじゃないのかと男性客は疑問を浮かべ、若尾は詳しく説明を始めました。

まず赤ワインの材料は「黒」ぶどうで、その種や皮を「残したまま」つぶして、ジュースにし、発酵・熟成させて赤ワインとなるという若尾。

白ワインは材料「白」ぶどうをジュースにする際、種や皮を「取り除いて」発酵させます。

ロゼは製法がいくつかありますが、「黒」ぶどうから種や皮を「取り除き」白ワインと同じプロセスで作ります。

そして「白」ぶどうを赤ワインのプロセスで作ると、赤白ロゼに続く「第4のワイン」、オレンジワインとなるのです。

ジョージアでは「琥珀ワイン」という名前で古くから作られていたようですが、旧ソ連下にあったため国際市場には出回らなかったのだとか。

イタリアのワイン生産者が倣って作ったのが一つの再出発で、それを2004年にイギリスのワイン商が「オレンジワイン」と名付けたようです。

日本にも自然派ワインの人気が近年、少しずつ入ってきているようです。

ここでテーブルにソーセージが運ばれてきました。

男性客はソーセージを食べ、オレンジワインを一口飲みます。

そのコク深くジューシーな肉の隙間をワインが埋めていくような、主張しすぎず染み込んで溶け合っていく心地よさに感動する男性客。

実はオレンジワインには「フードフレンドリー」という一つの大きな特徴がありました。

優しい風味ながら独特の厚みもあり、肉料理にもよく合うのです。

オレンジワインを古きルーツを持ちつつ新しくもあるワインと評した男性客は、ありがとう!大満足です!と若尾に感謝しました。

 

そして若尾は先ほど海神と話したことを思い出しました。

海神はオレンジワインは国の方針でずっと外に出れなかったけど、芽が出るのを待っていたと話します。

主張の強い味でもなく見ようによっては普通のワインですが、こうして日の目を見たのだという海神。

あんたもなかなかカクテルを作らせてもらえないけど、腐んなよという海神の言葉に若尾は感動しました。

 

一方海神はひそかに若尾の様子を覗いていましたが、自分の説明を一回聞いただけでよどみなく喋っていた若尾に感心していました。

その時、常連客の佐藤が来店し余呉に挨拶しながらカウンター席に座りました。

佐藤は余呉の作るエリシオンのマティーニが飲みたくなったと話し、セカンドチーフの騎帆にもインタビュー記事を読んだと声をかけます。

そんな中、カクテルを作る余呉と騎帆の様子を憧れの眼差しで見つめる若尾。

そして自分もエリシオンバーの一員なんだから頑張らなきゃと気を引き締めました。

するとパーカーを着た若い男が若尾に「会計で」と声をかけます。

その後、会計を終えて立ち去る男を見つめながら、バーは敷居が高いといわれるため、若い方にカジュアルな感じでお越しいただけるのは嬉しいと感じながら微笑む若尾。

 

その男の名前は砕明寺でした。

砕明寺は帰宅して早々、ペットのリスザルにエサをやりつつ、冷蔵庫から巨大な氷の塊を取り出し、包丁とトンカチで切り始めます。

その間、スマホに残っていた留守電をスピーカーにして聞き始めました。

その内容は砕明寺の店がまだ開店間もないにもかかわらず、臨時休業を繰り返しており、あまり気まぐれな経営をしていると客を失うのではないかと心配しているようでした。

電話の男は、君も銀座という看板を背負ったんだから信頼を失うような行動は慎んでくれと話します。

そして砕明寺が留守電を切った直後、スマホが鳴りました。

画面にはSNSのアカウントに投稿されたネグローニ・ビアンコのレシピと、そのカクテルをアヴァロンで作ってもらったという写真付きの投稿が表示されています。

それを見た砕明寺は、全員丸氷かとつぶやきます。

上手いカクテルの鉄則の一つは水っぽくないこと。

少しでも氷を溶けにくくし美味い時間を保つ工夫が必要になります。

最も溶けにくいといわれる丸氷ですが、手作業だとどうしても凸凹して表面積が増え、そこから溶け出してしまいます。

だから「削る」のではなく「斬る」。

砕明寺はザクザクと氷を斬り始めました。

最も溶けにくく美しさも備えた氷はなめらかな18面体氷。

その氷が酒に触れる面積を減らすため、グラス内径とジャストサイズに斬り、コップの上に乗せます。

しばらくすると氷が解けて、スッとコップの中に入りました。

そして手際よくカクテルを作り始める砕明寺。

完成したのはグラスの向こう側が見えるほどの透明度を持ったインビジブルカクテル、ネグローニ・ビアンコでした。

それを片手にスマホで騎帆のインタビューを見つめながら、新宿筆頭のエリシオンはつまらんバーだという砕明寺。

そしてエサは撒けた、古い葉は落ち、新しいバーテンダーの時代が始まるぞとつぶやくのでした。

まどろみバーメイド【第49話】の感想

今回最後に登場した砕明寺は、前回アヴァロンで作っていたカクテルのレシピの考案者のようですね。

アシュレイはそのレシピの考案者は氷の種類を書いていなかったため、性格が悪いんじゃないかと言っていましたが、その片鱗が少し見えた気がします。

砕明寺がどんな行動を起こすのか、これから楽しみですね!

次回のまどろみバーメイド【第50話】は週刊漫画TIMES7月3日号に掲載されます。

まどろみバーメイド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、まどろみバーメイド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
まどろみバーメイド最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...
漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍