もういっぽん!

もういっぽん!【第51話】氷解のネタバレ!謎の外国人エマ・デュラン登場!

2019年10月31日発売、週刊少年チャンピオン48号のもういっぽん!【第51話】氷解のネタバレや感想をまとめました。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

【前回のあらすじ】

金鷲旗3回戦。強豪・立川学園に挑む青西柔道部は、全員の思いを背負うエース・永遠がここまで全勝の先鋒・小田桐に勝利しました。

次なる相手はこれまでの実績が不明な留学生・エマです。

もういっぽん!【第51話】氷解のネタバレ

ついに連勝を続けていた小田桐に勝利した永遠。

会場内は優勝候補の立川学園の次鋒である謎の外国人・エマに注目していました。

やっぱり目立ってるねという早苗。

未知は、春までのレギュラーを下げてまで投入している以上、相当な実力者と考えるべきだろうとエマについて語っていた夏目の言葉を思い返しながら、無言でエマを見つめます。

そんな中エマはニコニコしながら、おもむろに両手を上に大きく広げ、頭の上でパチンと叩きました。

それを繰り返し始めるエマ。

観客に応援を求めるような動作をするエマに対し、場内はざわつきます。

柔道では珍しい光景で、面白がった観客たちは次第にエマへ声援を送り始めます。

そんなエマを立川学園の選手たちは呆れたような表情で見つめ、監督の犬威はムッとした表情をしています。

柔道関係者も怪訝そうな表情でエマを見つめました。

そして調子に乗ったエマは、今度は嬉しそうに踊り始めました。

すると、どんどん観客の視線はエマへと注がれていきます。

「あれじゃね?ほらラグビー選手が試合前に気合い入れるダンスみたいなの」

「ほらみて、あそこ~」

「エマ・デュラン・・・172センチだって!かっけ~」

さらに「ハナおつカレー」と言いながら小田桐を巻き込んで踊り続けるエマ。

小田桐は「ちょ、ちょいちょい。イヌ先生もさすがに爆発しそうだよ」と犬威の不穏な空気を察し、焦ってエマを止めます。

それでも楽しそうなエマに困り顔の小田桐。

その時小田桐の頭の中に「楽しいと力ワクワクですね」と、嬉しそうに言っていたエマの言葉が浮かびます。

そして小田桐はエマに、いつも私や先輩たちぶん投げてるときみたいに目いっぱい楽しんできな、と笑顔で告げました。

そんな小田桐の言葉に、微笑んで敬礼ポーズをするエマ。

 

一方早苗は、こんな空気の中で戦うなんてお腹が痛くなってきたと弱気になります。

そんな早苗の背中を、しっかりしろよキャプテンと言いながら叩く安奈。

姫野は、戦うのは早苗ちゃんじゃないっしょと呆れ気味に笑います。

すると周りで見ていた他校の選手から「相手の子、やりにくかやろうね~」という声が聞こえてきました。

こんな注目のされ方をして、自分だったら飲み込まれて柔道にならないと言います。

それを聞いた未知は、いつも通りね!と永遠に声を掛けます。

安奈や姫野も声援を送りますが、背中を向けたまま何も反応しない永遠。

早苗は注目されるのがすごく苦手だから、聞こえてないと言います。

なおも声を掛け続ける安奈たち。

未知はキョトンとした顔で永遠の背中を見つめました。

 

永遠は中学の全国大会で優勝候補の選手と戦ったとき、せっかく先生や他の子が寄り添ってくれていたのに、壁を作って閉じこもっていました。

その結果、雑音に惑わされ悔しさも一人で抱え込んで周りを困らせ続けてしまい、そんな自分が嫌いでした。

そんな中、永遠は未知と出会いました。

中学の頃の試合中、未知の顔に勢いよく手が当たってしまい、思わず謝る永遠。

しかし未知はすぐに顔を上げ「気にすんなし」と笑いました。

そんなたくさんの未知の笑顔が永遠の壁を消し去ってくれたのです。

 

届いてるよ。みんなの声。

だから雑音なんか聞こえない。

でもごめんなさい。

今振り返ったら、また頼ってばっかりになっちゃいそうだから。

 

永遠は帯を締めなおすと、声援を送り続ける未知たちに向けて背中を向けたまま無言で拳を握り、ガッツポーズを作りました。

それを見て微笑む未知たち。

そして未知たちも全員で無言でガッツポーズを作ります。

そんな永遠の様子に「大丈夫。今までで一番頼もしい」という夏目。

踊っていたエマは動きを止めて永遠を見つめ、試合場へと入ります。

そして一礼をするエマ。

その瞬間、観客が沸き上がりました。

 

いよいよ青葉西高校副将の氷浦永遠VS立川学園次鋒のエマ・デュランの試合が始まります。

永遠は息を吸い込むと「さあああああ!!」と気合の第一声を上げました。

もういっぽん!【第51話】氷解の感想

試合前でも観客を盛り上げ楽しむ余裕を見せるエマに対し、永遠は全く動じていませんでした。

やはり頼もしいですね。

エマがどんな柔道を見せるのかも気になりますが、永遠には勝ってほしいと思います。

次もどんな試合展開になるのか楽しみです!

次回のもういっぽん!【第52話】が掲載される週刊少年チャンピオン49号は、11月7日に発売されます。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む