週刊少年チャンピオン

もういっぽん!【第62話】聖者と亡者のネタバレ!埼玉県1位の聖条学園柔道部登場!

2020年1月30日発売、週刊少年チャンピオン9号のもういっぽん!【第62話】聖者と亡者のネタバレや感想をまとめました。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

【前回のあらすじ】

全国大会「金鷲旗」で未知たちは強豪校と戦う経験をしました。そして3年生が引退し、新チームとなった2学期。

次に目指す大会は埼玉県の新人戦・団体戦で、レギュラー3人は未知と早苗と安奈に決まりました。

エースの永遠が出る必要がないくらいの活躍をすると未知たちは意気込むのでした。

もういっぽん!【第62話】聖者と亡者のネタバレ

暗闇の中、未知を探す永遠。

しかし目の前に顔がぐちゃぐちゃで血だらけのお化けが突然現れ、驚いた永遠はぎゃああああと叫びながら、思わずお化けを巴投げしてしまいました。

派手に投げ飛ばされたお化けの正体は未知でした。

未知は痛そうに腰を抑えながら、永遠ちゃんナイスリアクションと言います。

あれ未知さん!?と驚く永遠。

そんな2人を見て早苗が、も~何やってるのと呆れます。

文化祭の出し物でお化け屋敷をやっている未知は、せっかくやるなら心底驚いてほしいと超本格的なメイクをしていますが、客が驚きすぎて3回もセットが壊れてしまったのだとか。

そのため未知はクラスメイトにお化けをクビにされ、代役として早苗が選ばれました。

未知はあとは任せた!と早苗に告げると、別のクラスでたこ焼きを売り終わった永遠に一緒に回ろうと誘いました。

 

一方クラスの出し物でメイドカフェをしている安奈。

メイド服をきて、いらっしゃいませ!!ご主人様!!といいつつ竹刀を突きつけ、客をビビらせています。

そんな安奈に、言動と態度が合ってないよと注意する佐野。

神童たるもの常に全力だからと安奈は言います。

とりあえず竹刀をしまいなという佐野に、この衣装だけじゃ落ち着かないんだも~んという安奈。

そこへ新たな客が訪れ、佐野がいらっしゃいませ~お嬢様と笑顔で言います。

ごきげんようと言いながら入ってきたのは、別の学校の制服を着た女子2人でした。

2人を席へと案内し、注文を尋ねる佐野。

するとロングヘアの女が、ダージリン、セカンドフラッシュストレートで、と注文しました。

佐野が普通のしかないと謝ると、接客が雑で所詮お遊びですねとロングヘアの女が言います。

うちとは大違いで残念というロングヘアの女に、ないもんはないでございます!!と怒ったような表情でいう安奈。

ロングヘアの女はずいぶん威圧的なメイドさんだと言いますが、安奈は神童たるものお遊びだろうと全力でございますから、と言い返します。

するとロングヘアの女は、神童なら礼節を重んじ、謙虚に慈愛に満ちた振る舞いをするものではないかしら?と言いました。

これには佐野も確かにと納得し、安奈はぐうの音も出ません。

苦し紛れに、あなたも謙虚には見えないですけど、という安奈に「私じゃなくてこの子のように・・・」とロングヘアの女は、目の前に座っているショートヘアの女を指しました。

黙って座っているショートヘアの女に、安奈は何者か存じ上げませんが、私は常に通知表オール5で生徒会役員も歴任し、水泳、スピーチ、カラオケと数々の大会で活躍して、剣道では小学生で全国大会にも出場したと華々しい経歴を披露します。

しかし無反応のショートヘアの女。

するとロングヘアの女が代わりに、この子は小中連続で柔道の全国大会に出ていると紹介します。

そのショートヘアの女の名前は、聖条学園女子柔道部の次代を担う1年生エース、雨宮凛。

聖条学園は日本でも有数のお嬢様学校で、柔道では埼玉県1位の実績があります。

ここの柔道部にも強い選手がいるみたいですが、凛さんがいる限り聖条の1位が揺らぐことはないでしょうというロングヘアの女。

凛は「やめてください真理愛さん、私そんなたいした者じゃ・・・」と謙遜し、真理愛はこの奥ゆかしさ、あなたも見習ってみたら?と安奈を指さします。

すると佐野が、お言葉ですがその子に奥ゆかしさは似合いませんと安奈をかばいました。

聖条の1位が揺るがない?

油断は禁物かと。

なぜなら埼玉には・・・この青葉西高校には・・・神童南雲安奈がいますから。

佐野はそう言って、安奈の鞄から柔道着を取り出し、安奈に着せました。

金鷲旗では見かけなかったという真理愛に、温存されてましたからという安奈。

安奈と真理愛は睨み合いになります。

そこへ突然お化けメイクをした未知が、ブリッジをしながら教室に入ってきました。

2人は思わずぎゃあああと叫び、真理愛は未知を竹刀で思いっきり叩きます。

腰を抑えて痛がりながら、ナイスリアクションという未知。

真理愛は大丈夫!?みなさん!!と安奈たちを心配し、安奈は感謝します。

しかしお化けの正体がメイクをした未知だと分かると、安奈はうちのポイントゲッターに何すんの!?と再び真理愛に詰め寄りました。

真理愛は立学相手に食い下がったチームだから遊びに来たついでに、視察するつもりだったようですが、とんだ色モノぞろいだったと吐き捨て、教室を出ていきました。

 

一方真理愛たちと合流するはずだった聖条学園柔道部の志穂は、スマホを落として連絡が取れずに迷子になっていました。

メイド喫茶ってどこですかね?と尋ねる志穂に、お化け屋敷通り抜けたらすぐですよと早苗が伝えるのでした。

もういっぽん!【第62話】聖者と亡者の感想

今回聖条学園の3人が初めて登場しましたが、かなり個性が強いですね。

すでに一触即発な安奈と真理愛の試合が見てみたくなりました。

次回はどんな展開になるのか楽しみです!

次回のもういっぽん!【第63話】が掲載される週刊少年チャンピオン10号は2月6日に発売されます。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む