週刊少年チャンピオン

もういっぽん!【第65話】みっちみちのネタバレ!安奈のデビュー戦の相手が決定!

2020年2月20日発売、週刊少年チャンピオン12号のもういっぽん!【第65話】みっちみちのネタバレや感想をまとめました。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

【前回のあらすじ】

埼玉県の新人戦に挑む、青葉西柔道部。大会デビューとなる安奈を中心に、新チームでの初試合にワクワクしていました。

そんな中、初戦の対戦相手は強豪の聖条学園に決まりました。

もういっぽん!【第65話】みっちみちのネタバレ

試合直前の控え室でアップをする聖条学園のエース・凛とキャプテンの真理愛。

そのあまりの激しさに、他校からの注目を集めています。

それを見つめる東体大栄は、前代と違って軽量級ばかりだけど、やはり手ごわそうだと話しています。

そんな中、聖条学園のコーチは左ばかり続けるなと凛に注意し、逆の背負いを織り交ぜて交互にやるよう指導しました。

力強く「はい!!」と答える凛を見て、リンリンいつも以上に気合入ってる~という志穂。

さらにコーチは腰が高い!!常に試合をイメージしながら!と厳しく指導し、凛は「はい!!」と返事をします。

 

幼いころから、凛は父でもあるコーチの指導を受けながら、鍛えられてきました。

どんなことを言われても「はい!!」と答えながら、忍耐強く鍛錬をしてきた凛。

そして打ち込みが50回終わったところで、コーチは練習を終わらせて、体を冷やさず集中を切らすなと指示します。

絶対優勝しましょうという真理愛に、凛は気合の入った表情で「・・・はい」と返しました。

 

一方未知たちは着替えを済ませて、会場内のベンチで待機中でした。

その間、聖条学園について博南の梅原から送られてきた情報をチェックする未知。

1年生エースの雨宮凛は元全日本強化選手の父に指導され、今はその父親が聖条のコーチだとメールを読み上げる未知に、さすが名門は違うねと早苗は言います。

南雲の熱血剣道パパみたいだなという未知の言葉に、無言の安奈。

すると未知は突然ふふふと笑い出し、何を隠そうこの私!そのエースを豪快にぶん投げたことがあるので~す!!と自慢げに言いました。

早苗は合同合宿の時だったっけ!とその時のことを振り返り、その後すぐけちょんけちょんにやられまくってたね~といいます。

未知は立ち直れないくらい投げられ、締められ、抑え込まれたと言いますが、夜のバーベキューで復活したようです。

彼女に「大将」で出てきてほしい、1対1のおいしい場面でまた豪快な一本でリベンジしたい!という未知に、私たちのどっちかが負ける前提の話やめてくれる?と声をそろえる早苗と安奈。

安奈は先鋒で出てきたら私がぶん投げる!と意気込み、早苗も次鋒で出てきたら私も何とかする!!頑張る!と言います。

そんな中、相手のオーダーが分かったと夏目がやってきました。

まず先鋒は1年の雨宮凛と発表され、安奈はよっしゃあ!!とガッツポーズをし、未知はくっそ~と悔しがります。

続く次鋒は同じく1年の望月志穂。

佐野ちゃんの友達!と言う早苗に、情け無用の鬼になれ!と声をかける未知。

そして大将はキャプテンで2年生の九条真理愛です。

ちなみに九条は聖条学園経営者の家系だそうだという夏目に、柔道エリートだけじゃなく金持ちセレブお嬢様まで!ごきげんすぎ~!という未知。

その後、和やかなムードで楽しそうに話す未知たちを、永遠は微笑みながら見つめます。

夏目も未知たちを見つめながら、相手がいきなり去年の埼玉王者だから、少し気負いがあると思ったけど、大丈夫みたいだねと永遠に言います。

園田はいつも通り元気いっぱいで、滝川はいつもより少し落ち着いて見えるという夏目。

全国大会で日本一の学校と対戦した経験のおかげかもしれないと話します。

さらに永遠も、今日の南雲さんはいつも以上に自信がみなぎっていて新しい可能性に満ちて溢れていると思うと言いました。

 

その後、未知たちは試合会場に入りました。

すると客席から「ファイト青西いいい!」と叫ぶ姫野の姿が。

姫野は亜実と一緒に応援に来ており、霞ヶ丘と決勝だぞ!!我らの代理戦争!!と声援を送ります。

そんな姫野に未知は「ラジャー!!」と敬礼ポーズして返しました。

 

第2試合場女子団体1回戦。

青葉西高校と聖条学園の試合がいよいよ始まります。

一同は互いに整列し、一礼をしました。

未知は頭を下げたまま、安奈にデビュー戦から県チャンピオンが相手だなんてラッキーだなと言います。

それに対し、安奈は「・・・だね。投げたら気持ちよさそ」と返しました。

しかし「ブー。惜しい」という未知。

ああいう強い相手をぶん投げたら、超超気持ちいいぞと未知は言います。

そんな未知の言葉に「じゃ、確かめてくるわ」と安奈は答えるのでした。

もういっぽん!【第65話】みっちみちの感想

いよいよ新人戦がスタートしますね。

安奈のデビュー戦がとても楽しみです。

いきなり強豪校のエースと対戦になりますが、どんな勝負を見せてくれるのか楽しみですし、期待したいと思います!

次回のもういっぽん!【第66話】が掲載される週刊少年チャンピオン13号は2月27日に発売されます。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む