漫画ネタバレ

もういっぽん!【第72話】重装備のネタバレ!大将戦がスタート!

2020年4月9日発売、週刊少年チャンピオン19号のもういっぽん!【第72話】重装備のネタバレや感想をまとめました。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

【前回のあらすじ】

県新人戦の1回戦。前年優勝校である聖条学園との対決で、先鋒の安奈が奇跡的に勝ち星を上げました。

そして続く中堅戦では実力ではかなわないと悟った早苗が、チームの勝利のために自分の勝利を犠牲にして引き分けに持ち込みました。

もういっぽん!【第72話】重装備のネタバレ

観客席から青葉西の試合を見守る霞ヶ丘高校の面々。

多聞は優勝候補の聖条相手に1勝1分けに持ち込んだ青西を見て、本当にこのまま勝ってしまうんじゃないかと話します。

すると緑子がエースを出しておけば勝てたかもしれないけど、大将があいつじゃあねと言います。

恵梨香も確かにと同意しますが、園田未知の試合は全く予想がつかないと話すのでした。

 

一方試合を終えて戻ってきた聖条の志穂は、ごめんなさ~いと選手たちに謝ります。

自分が絶対取り返さなきゃいけなかったのにと謝る志穂。

すると真理愛は、あなたの役割は謝ることじゃないでしょうと声をかけました。

コーチもこういう時こそ、自分たちの一番の強みを忘れるなと志穂の肩を叩きます。

それを聞いた志穂は、ポジティブな気持ちの強さと明るさは聖条を10年見てきた中でも随一だというコーチの言葉を思い出しました。

そして真理愛たちが円陣を組んで手を重ね、志穂の方を見つめます。

志穂はその輪の中に入り、元気よく掛け声をかけて気合いを入れ直しました。

相手の中堅が時間稼ぎ酷かったと愚痴る志穂に、それも団体戦の戦術だから良い打開策をアドバイスできなかった自分の責任だというコーチ。

そんな2人のやり取りをじっと見つめる真理愛に、凛が心配して声をかけます。

すると真理愛は、ご心配なくと落ち着いた様子で言いました。

チームが勝つためには真理愛が一本勝ちで同点にして、さらに追加の代表戦も勝たなければなりません。

真理愛は黄金世代の先輩たちがそういうぎりぎりの勝負を制してきた姿を、何度も見てきました。

聖条の主将として私も!!と意気込む真理愛。

 

一方未知もやる気満々の様子でストレッチを行っていました。

安奈は早苗におつかれ!と声をかけ、相手の足技を凌ぎ続けたのがすごかったといいます。

そんな安奈に、私が勝って決めたかったんだけどごめんねと謝る早苗。

しかし夏目は1勝1分けは、ここまで考えうる最高の結果だと満足していました。

大将戦は勝ちか引き分けか、一本負けさえしなければ最悪優勢負けでも良いと考える夏目。

そんな中、未知に早苗があれこれ考えなくてもいいからねと声をかけました。

続けて安奈も、あんたが一番出せる戦い方すればいいと言い、永遠も「うん。私と天音さんのこととか別に・・・」と付け加えます。

そんな早苗たちの言葉に、サンキュと返す未知。

すると未知は「サンキューついでに」と言いながら、自分の帯をとると、永遠の帯をとって自分の腰に巻きつけました。

エースの力も~らい!と嬉しそうに笑う未知に、永遠は顔を赤らめます。

 

そして青葉西大将、園田未知VS聖条学園大将、九条真理愛の対決がスタートしました。

互いのチームから声援が飛び、盛り上がりますが、背の低い未知は早速真理愛に奥襟をとられてしまいました。

安奈は緑子から教わった背負い投げをしろと言いますが、夏目は緑子とは右組同士だったけど真理愛は左組のため同じようにはいかないと話します。

すると未知は膝を折り曲げながら、背負い投げを仕掛けていきました。

しかし真理愛にはギリギリ交わされてしまいます。

思わず、惜っし!!という安奈。

早苗は未知が金鷲旗で緑子の背負い投げをきめられたのが嬉しくて、あれ以来色んな入り方を研究するようになっていたと言います。

試合で考えるのは苦手なため、部活の時以外でも出来るだけ体に覚えさせておきたいと練習していました。

そんな未知の話を聞き、すごいじゃんと安奈が褒めたとき、真理愛が未知に背負い投げを仕掛けてきました。

しかしそこは場外だったため審判から、待て!の声がかかり、背負い投げは不発に終わります。

それでも真理愛は、さあ早く!と急かすように試合へと戻っていきます。

そんな真理愛の気迫に、相手はあくまで優勝候補の聖条学園だから一筋縄じゃいかないと安奈たちは感じるのでした。

もういっぽん!【第72話】重装備の感想

大将戦が始まりましたが、やはり真理愛は崖っぷちなので焦っているようですね。

逆に青西は一本負けさえしなければ良いようですが、未知には何とか一本勝ちして気持ちよく勝ってほしいと思います。

どんな試合展開になるのか楽しみです!

次回のもういっぽん!【第73話】が掲載される週刊少年チャンピオン20号は4月16日に発売されます。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍