週刊少年チャンピオン

もういっぽん!【第77話】おカタづけのネタバレ!真理愛がライバルたちに宣戦布告!?

2020年5月21日発売、週刊少年チャンピオン25号のもういっぽん!【第77話】おカタづけのネタバレや感想をまとめました。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

【前回のあらすじ】

埼玉県新人戦3回戦、強豪・東体大栄と懸命に戦った青西のメンバーたち。

先鋒の永遠は何とか勝ったものの、早苗と未知は敗れてしまいました。

もういっぽん!【第77話】おカタづけのネタバレ

女子団体の優勝は東体大栄高校に決まりました。

表彰台で賞状を受け取る彼女たちの後ろ姿を、じっと見つめる未知。

 

その後、聖条高校の志穂は友人の佐野とお喋りしました。

誰かにとっての奇跡は誰かにとっての試練だという志穂。

つまり次は自分たちが勝つと自信満々にいう志穂に、佐野は相変わらず能天気そうで良かったと笑います。

すると志穂は今回は全国につながる大会じゃないため、次こそ約束を果たすと言います。

それは佐野が剣道で全国に行くという目標と、志穂が柔道で全国に行くという目標を達成するという、互いに決めた約束でした。

しかしすでに目標を達成している佐野に、早すぎだという志穂。

すると佐野はインターハイは安奈が活躍しただけで、自分は出てないと否定します。

それを聞いた志穂は、先鋒でうちのリンリンに勝った転部の子?と食いつき、白帯なのにあれは末恐ろしいといいます。

そんな志穂の言葉に、本人に今度伝えておくと返す佐野。

会っていかないの?と志穂が聞くと、佐野は新しいチームで新しい一歩を踏み出した日だから、今日はもうお邪魔かなと答えました。

 

その頃、安奈は未知たちと一緒に後片付けを行っていました。

畳を背負いながら遊び始める未知と安奈を、注意する早苗。

試合後に怪我したらどうするのよと呆れます。

すると永遠は畳を6枚背負って歩き始め、早苗は無茶しないでと注意しました。

しかし大丈夫だと言って、そのまま歩き出す永遠。

そんな永遠を恵梨佳が、腰痛めるよと言って制止しました。

恵梨佳の言うことは素直に聞き入れる永遠に、早苗は少し不満げな様子。

すると早苗は恵梨佳に、永遠ちゃんを決勝に連れて行ってあげられなくてすいませんでしたと謝ります。

しかし恵梨佳は準決勝で中堅と交代したため、もし青西と試合をしていたら、私はあなたと対戦だったと早苗に言います。

そこに緑子もやってきて、氷浦永遠は先鋒の私に倒される運命だったと敵意丸出しで言いました。

すると今度は未知が、決勝の天音さんが超やばかったと興奮気味に入ってきます。

恵梨佳は山梨チャンピオンである栄の中堅に、大逆転の一本勝ちをしていました。

会場中が今日一の盛り上がりだったという未知。

うちのキャプテンは手も足も出なかったのにと悪びれずにいいますが、その後ろで早苗は落ち込みます。

そんな早苗に、私も栄には秒殺されたと声をかける神野。

未知はあの背負いの入り方を教えてほしいと恵梨佳に志願し、緑子はたまにはあんた方が何か教えろ!と言いました。

そのやり取りをボーっと見つめる安奈。

すると背負っていた畳が誰かとぶつかりました。

安奈が謝りながら振り返ると、そこには聖条の凛の姿が。

初戦で対戦した2人は顔を見合わせて固まり、しばし沈黙が流れます。

その間、安奈は試合中に凛の父であるコーチが逐一送っていた指示を、凛が鬱陶しい表情で聞いていたのを思い出しました。

そして安奈は、私のパパも竹刀の持ち方1ミリ単位まで超口うるさいと喋り始めます。

しかしそのおかげで剣道は強くなれたという安奈。

すると凛も父のおかげでここまでこれたと言います。

これからはお父さんを驚かせるくらい、もっともっと強くなってみせると決意を口にする凛に、安奈は微笑みました。

その時「そのとおり」と言いながら、真理愛も姿を現しました。

そして安奈と未知に対して、次はコテンパンにして差し上げますと宣戦布告する真理愛。

すると真理愛はチームメイトに促され、畳の裏に隠れながら、文化祭のときは偉そうにしてごめんなさいと小声で謝ります。

その時、未知が「ごっき~!」と挨拶しながらやってきました。

未知は恵梨佳から真理愛が去年白帯だったことを聞いたらしく、初心者から聖条のキャプテンになるなんてすごいと褒めます。

それを聞いた安奈は、来年はもっとすごそうですねと真理愛に言い、真理愛は髪をかき上げながら、得意げに「ふふっ」と笑いました。

さらに未知は今度は聖条にも遊びに行ってみたいと言い始めますが、真理愛は勘違いしないでくださる?と言いながら、未知を押し退けます。

今日は負けたけど、私たちはあくまで全国制覇を目指す名門聖条学園だという真理愛。

あなたたちも栄も倒すべき相手なので、馴れ合うつもりはないと言い放ちました。

そんな真理愛の姿に、未知は目を輝かせます。

そして真理愛は「ではみなさんごきげんよう」と別れを告げて、聖条の選手たちと共に会場を後にしました。

 

その後、未知たちも会場の外に出ながら、超悔しかったけど超気持ちよかった、超しんどかったと口々に感想を言います。

永遠も何か話そうとしますが、お腹が鳴り始め、恥ずかしそうにお腹が減ったとうつむきました。

すると夏目は青西伝説新章幕開けを祝して焼肉にでも行こうと提案し、未知たちは喜ぶのでした。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

もういっぽん!【第77話】おカタづけの感想

未知たちに対しては高飛車な印象だった真理愛ですが、小声で謝っている姿は可愛かったですね。

新人戦は残念な結果にはなりましたが、安奈のデビュー戦はとても見ごたえがありました。

今後どんな風に成長していくのか、とても楽しみです!

次回のもういっぽん!【第78話】が掲載される週刊少年チャンピオン26号は5月28日に発売されます。