漫画ネタバレ

よふかしのうた【第33話】運が良ければわかるかものネタバレ!盗撮事件の犯人とは?

2020年4月15日発売、週刊少年サンデー20号のよふかしのうた【第33話】運が良ければわかるかものネタバレや感想をまとめました。

よふかしのうた最新話を無料で読む方法は?

よふかしのうた最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、よふかしのうた最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
よふかしのうた最新話を読む

【前回のあらすじ】

吸血鬼メイド・ミドリの働くメイド喫茶で盗撮事件が起こりました。

そこでコウは盗撮写真から盗撮犯のトリックを推理するのでした。

よふかしのうた【第33話】運が良ければわかるかものネタバレ

ミドリはコウが犯人を捕まえられると聞いて、控室に駆け込んできました。

コウが考えた作戦は現行犯でその場で捕まえるというもの。

その方法でほぼ確実に捕まえられるとコウは言いますが、それが今日起きるかどうかが問題なので、犯人にとって一番撮りやすいシチュエーションを作ることが大切だと話します。

その時、廊下から控室に向かって足音が近づいてきました。

コウは慌てながら小声でナズナに、さっき言ったようにお願い!と頼むとミドリと共にロッカーの中に身を隠しました。

控室に入ってきたのは、アリサでした。

ナズナはアリサが最後だと告げると、戸締りをするように言って部屋を出ていきます。

その頃、コウはミドリと共に同じロッカーに入っており、ヒソヒソ話し始めました。

何で隠れるのかと聞くミドリに、犯人はアリサが標的のため、彼女が一人の時が犯人にとっては一番好都合なのだというコウ。

盗撮写真は全部アリサが一人の時にしか撮っていないらしく、店内で接客中の写真にも他の店員や客は写っていなかったと言います。

つまりあの盗撮写真は全て閉店後に撮られているというコウの言葉に驚くミドリ。

コウは盗撮写真を見せようとスマホを出しますが、狭いロッカーの中で体が密着した中、顔を近づけようとするミドリに顔を赤くします。

「私のこと”ナシ”って言ったくせに」とミドリが話していると、ロッカーの外から窓が開く音が聞こえてきました。

するとコウは、正直に言うと何となく最初から分かっていたけど、なんでそんなことをするのか分からないから、本人に聞くしかないと言って、ロッカーを飛び出します。

そこには窓枠に小さな三脚とスマホをセットしているアリサの姿がありました。

驚くアリサの隙をついて、ベランダで待機していたナズナがアリサのセットしたスマホを奪い、タイマーで撮影する設定になっていたことを確認します。

そしてコウはアリサに、どうして盗撮風の自撮りなんてしたのかと聞きました。

すると薄着だったアリサは、一回服着ていいですか?と言って着替えた後、改めて一同に謝罪しました。

何で分かったのか聞くミドリに、写真写りが良すぎるとコウは言います。

盗撮は撮りたい対象さえ写っていれば写真写りなどどうでもいいはずですが、自撮り用アプリを使っているせいか、写真自体が綺麗すぎるというコウ。

さらにコウは決定的だったこととして、肝心なものが写っていないと話します。

つまりいわゆるパンチラのようなものが、ちゃんと見えないように撮られていたため、意図的だと感じたようです。

それを聞いたミドリとナズナは、男の視点がないとこれは気づかなかった、スケベ心が解決へと導いたと言います。

しかし盗撮事件は何のためのものなのか動機が分からないというコウ。

するとミドリは、え?わかんないの?そういうのは鈍いんだねと言いました。

自分がここに入る前は人気ナンバーワンだったアリサが2位になってしまったので、それが悔しかったんじゃないかというミドリ。

架空の盗撮犯を使ってまで自分はまだ人気なんだと、承認欲求を満たすためにアピールしたかったんでしょ?とミドリはいいます。

それは病気っていうんだよというミドリの言葉に、コウはそんな言い方しなくてもと止めに入ります。

しかし「だってそうじゃん、夜守君だって病気だよ」というミドリ。

学校に行けなくなって夜な夜な遊び惚けてる中学生なんて病気そのものだというミドリに、コウは何も言い返せません。

するとアリサが「私・・・辞めます」と口を開きました。

そんなアリサの言葉に対し、ミドリは別に病気でいいんだよと言います。

アリサが特別な病み方をしているわけではなく、多分承認欲求を変な形で発散してる子は自分も含めて結構いるんじゃないかというミドリ。

今回ちょっと間違っただけで、アリサちゃんの歪みは正常だよ。

人間なんて大体病気なんだから、それと上手く付き合うしかないよね。

ミドリはそう言ってアリサを励ましました。

 

その後もナズナは給料がいいことを理由にメイド喫茶でちょこちょこ働きました。

そんな中、コウがメイド喫茶で一人お茶していると、隣良いですか?とアリサがやってきました。

アリサは休みのようですが、趣味はメイド喫茶で推しのメイドさんと話すことだと言います。

そこへミドリがやってきて、「お帰りなさいませお嬢様。元気?」と挨拶し、アリサは嬉しそうにおかげさまでと返しました。

アリサは自撮りをよくしていたようですが、ちょっと異常だと自分でも思っていたようで、上手くとれるまで何度も撮り直し、朝からやって気づいたら夜までという日もあったのだとか。

こんなことを肯定されるとは思ってなかったというアリサ。

ミドリに自撮り写真を送ったら褒めてくれたようです。

そしてアリサはコウを誘い、2人一緒に写真を撮りました。

よふかしのうた【第33話】運が良ければわかるかもの感想

確かに人間は多少どこか歪んでいると思いますし、それとうまく付き合っていくしかないという直球ながらも愛のあるミドリの言葉がよかったですね。

次はどんな展開になるのか、楽しみですね!

次回のよふかしのうた【第34話】が掲載される週刊少年サンデー21号は4月22日に発売されます。

よふかしのうた最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、よふかしのうた最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
よふかしのうた最新話を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍