週刊少年サンデー

ゼロの日常【第41話】思い出の料理のネタバレ!鶴山さんの懐かしい味とは?

2020年3月25日発売、週刊少年サンデー17号のゼロの日常【第41話】思い出の料理のネタバレや感想をまとめました。

ゼロの日常の最新話を全部無料で読む方法は?

ゼロの日常の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゼロの日常の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ゼロの日常の最新話を読む

ゼロの日常【第41話】思い出の料理のネタバレ

梓はポアロの新メニューとして赤いケーキを作ろうと安室に提案しました。

それは鶴山さんの思い出の味で、何十年も前に社交ダンスを始めた頃、外国人向けのダンスホールの近くの喫茶店で真っ赤なケーキが売り出されていたようです。

クリームの白とコントラストがとてもきれいで酸味のあるチョコ風味が今でも忘れられないと言う鶴山さん。

梓がその赤いケーキをスマホで調べてみたところ、アメリカの伝統的なおふくろの味「レッドベルベットケーキ」であることが判明しました。

しかし乗り気じゃなさそうな安室に、赤嫌いなんですか?と尋ねる梓。

安室はそういうわけじゃないと苦笑いしつつも、ではやってみましょうか!と腕まくりをしました。

 

ということで安室と梓によるケーキ作りがスタートしました。

まずバターに砂糖、卵、サラダ油、ホワイトビネガー、バニラエッセンス、常温のバターミルクを加えてかき混ぜ、薄力粉、塩、ベーキングパウダーを混ぜておいたものを振りかけます。

そして味の決め手はココアパウダー。

チョコレートの香りが立つスポンジを作ります。

材料をよく混ぜたら水溶きした食紅を入れて、生地を型に流しいれオーブンで30分。

焼きあがったスポンジを冷まし、クリームチーズやフロスティングを塗って、さらにスポンジをほぐしたものをデコレーションすれば、真紅のレッドベルベットケーキの完成です。

 

出来上がったケーキを鶴山さんは、すごくおいしい!と絶賛します。

安室も色が気になりつつも、クリームチーズのフロスティングとチョコ風味のスポンジがよく合うと褒めました。

しかし鶴山さんはどこか寂しそうな顔を見せます。

そんな鶴山さんに、やっぱりお口に合いませんでした?と不安そうに尋ねる梓。

鶴山さんはそれを否定し、すごく食べやすくて甘さが控えめだと言います。

ただあの時鶴山さんが食べたのはチョコケーキなのに苦みや酸味が合ったらしく、2人が作ったケーキはとても上品な味だと話しました。

 

ポアロ閉店後、梓は鶴山さんの思い出の味とは違っていたことを少し残念そうに話します。

昔と今では素材の品種や精製方法の改良が行われていたりするため、一概に当時の味を再現するのは難しいかもしれないという安室。

しかし昔と今の違いを考えた安室は何かを思いつき、もしかしたら鶴山さんにちょっとした時間旅行をプレゼントできるかもしれないと話しました。

 

後日、梓はポアロを訪れた鶴山さんに、コーヒーと一緒にレッドベルベットケーキを出しました。

鶴山さんは本当にうっとりするほど綺麗とつぶやきながら、ケーキを口に運びます。

その瞬間、あの頃の思い出が蘇り驚く鶴山さん。

そんな鶴山さんに梓は作り方を変えて、食紅を使わずケーキを赤くしてみたと話します。

その仕組みは小学校で習うリトマス試験紙の理科実験のように酸性は赤に、アルカリ性は青になるという原理と同じことでした。

ここで安室はパッと見、違いが分からない二種類のココアパウダーを用意します。

そして安室がそれぞれのココアパウダーにビネガーを混ぜ込み始めると、一種類のココアパウダーが赤くなりました。

カカオの色素がビネガーの酸に反応したらしく、鶴山さんが先ほど食べたケーキに使用したと梓は言います。

これは梅干しのシソが赤くなるのと同じことなのだとか。

安室が前回のケーキで使用したココアパウダーは、アルカリ性だったため赤くならなかったようです。

現在のココアパウダーは口当たりを良くするために、アルカリ剤が添加されているのだとか。

確かに先日食べたケーキより癖を感じるけど、すごく懐かしいという鶴山さん。

若かったあの頃に戻った気がしたと嬉しそうに安室に感謝しました。

何でも便利に美味しく食べやすく加工される世の中ですが、昔ながらの手を加えられていない素材での素朴な味もいいものだという安室。

思い出に勝る調味料はありませんからという安室の言葉に、本当にそうですね!と梓は同意します。

自分も兄と取り合った母特製のから揚げが久しぶりに食べたくなったと言いつつ、安室にもそんな思い出の料理があるのか尋ねる梓。

すると安室はたくさんあると答え、「このビターなチョコレートのようにちょっとほろ苦いですが・・・」と警察学校の仲間たちのことを思い浮かべるのでした。

ゼロの日常【第41話】思い出の料理の感想

思い出の味を少しのヒントで再現してしまう安室はさすがでしたね。

そして安室にとっての思い出の料理は警察学校の4人との思い出だということで、絆の強さを改めて感じました。

次回のゼロの日常【第42話】が掲載される週刊少年サンデー18号は4月1日に発売されます。

ゼロの日常の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゼロの日常の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ゼロの日常の最新話を読む