漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ【第189話】みたいな場所のネタバレ!青道高校VS法兼学園の試合がスタート!

2019年10月30日発売、週刊少年マガジン48号のダイヤのA actⅡ【第189話】みたいな場所のネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

薬師敗退の報せに改めて夏の「怖さ」を思い知った青道ナインは、法兼学園との5回戦に向け兜の緒を締めなおします。

不安を抱える先発でエースの沢村の2度目の登板に、選手たちは最大限の援護で応えようと誓い合うのでした。

ダイヤのA actⅡ【第189話】みたいな場所のネタバレ

八王子球場に青道の選手たちが到着しました。

そんな中、記者席で昨日の八王子の試合レポートをだしてもらっているという記者の大和田に、市大三高の追加取材も頼むという峰。

峰は昨日で薬師高校が消え、西東京はまさに戦乱の幕開けだと話します。

 

一方グラウンドで素振りなど準備を行う選手たち。

法兼学園の中にはゴルフのスイングのような、変わった素振りをしている選手もいます。

法兼学園は部活が週休3日で有名な学校です。

その分自主練の時間に割いているのだとか。

全体の練習時間が短く、選手個々に合わせたメニューを選任のコーチと作り上げるというアメリカの学校に近い指導方法です。

元々自由な校風もあって新しい環境で野球をやりたがる選手が集まってきているとのこと。

さらに志村監督は中学までアメリカで育っています。

いわば今回の試合は日本野球の改革を掲げる新鋭と、伝統ある名門校との対決となりました。

 

西東京大会5回戦、青道―法兼学園。

いよいよ試合がスタートし、青道の選手が守備位置についていきます。

スタメンは1番ショート倉持、2番セカンド小湊。

3番ライト白洲、5番ファースト前園。

6番センター東条、7番サード金丸、8番レフト麻生。

そして4番キャッチャー御幸、9番ピッチャー沢村です。

マウンドに立った沢村は選手たちに向かって叫びます。

やらかしてしまった過去のことよりも、やらかすであろう未来のことよりも、大事なのは今!

やらかしかねない、この瞬間!!

ガンガン打たせていくんで、バックの皆さんよろしくお願いします!!

そんな沢村に応援団は、おっしゃぁ!今日も元気だ声がでかい!!と声をかけます。

ベンチから見守る由井は、どこか期待している自分がいるとつぶやきます。

一方観客の一人は、先発の沢村について初戦は散々だったと話します。

4回途中で交代して2失点だけど、それ以上に内容が良くなかったと。

そのため大会前のようなスカッとする投球を見せてほしいと話すのでした。

 

そして沢村は緊張の面持ちでマウンドに立ち、息を吐きます。

そんな沢村を見て、まだちょっと表情が固いなと感じる御幸。

 

この日の朝。

沢村と御幸と降谷は河川敷で出会いました。

寝れたか?と聞く御幸に、ぶっちゃけあんまり・・・と答える沢村。

でも寝るのはいつでもできますから!今日の試合終わったら爆睡しますよ!と笑い飛ばす沢村に、御幸は笑ってごまかすなと言います。

すると降谷が僕はなぜかぐっすり眠れたと話し、良かったな!と声を荒げる沢村。

沢村はぐうの音も出ないくらい完璧な状態でバトンを回してやるから、ベンチでちゃんと見てろよ!と言います。

そんな沢村に降谷は「うん、わかった」と答えます。

いつもの調子の沢村を見た御幸は、もっと固くなるかと思っていたけど初戦よりマシだと感じました。

そして沢村に「もうあきらめろ」と声を掛ける御幸。

お前らが立ち続けるマウンドはそういう場所だという御幸に、「みたいっすね」と沢村は笑顔で返しました。

 

プレッシャーもチームの期待も、そこに立った者にしか味わえない特権。

全部背負って投げてこい。

御幸がミットを構えると、沢村は一球目を投じました。

外角低めに決まった球を法兼の打者は空振りします。

ストライクとコールされ、青道の選手たちは「ナイスボール!」「ええで!!沢村ぁ!!」と声を掛けました。

初球アウトコース低めの球をしっかり振ってきた打者に対し、御幸は(ならば次は)とインコース高めの球を要求をしました。

打者は見逃し、判定はボールになります。

しかし少し戸惑う打者を見て、球を見送ったという雰囲気ではないと感じる御幸。

それと同時に高めの球をボール判定されたことで、今日の審判は高めに厳しいと察します。

打者は沢村の球が思っていたより、球威があると感じていました。

そして三球目を投じる沢村。

チェンジアップが決まり、打者の空振りを誘いました。

ツーストライクとなり、応援団は盛り上がります。

ベンチの太田コーチは、いいんじゃないですか?今日の沢村!!と興奮気味に話すのでした。

ダイヤのA actⅡ【第189話】みたいな場所の感想

いよいよ法兼学園との試合がスタートしましたが、早速調子のいい沢村が戻ってきましたね。

まだ始まったばかりなので沢村がどんなピッチングを見せてくれるのか楽しみです。

来週は休みのようなので、再来週を楽しみに待ちたいと思います!

次回のダイヤのAactⅡ【第190話】が掲載される週刊少年マガジン50号は11月13日に発売されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む