漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ【第193話】本日のナンバーズのネタバレ!沢村の完ぺきな投球

2019年12月4日発売、週刊少年マガジン2020年1号のダイヤのA actⅡ【第193話】本日のナンバーズのネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

法兼の先発は今夏初登板の卜部。データにない本格派投手に青道の1,2番コンビはあの手この手で動揺を誘い、ノーアウト一・二塁の好機を演出します。

その後3番白洲のスリーランで火が付いた青道打線は一挙6点を獲得し、沢村を援護しました。

ダイヤのA actⅡ【第193話】本日のナンバーズのネタバレ

二回表。

沢村は先頭打者に内角高めでストライクを取ります。

2球目はファールで2ストライクに。

捕まえきれないと悔しがる打者を見て、大振りだけどスイングは鋭いと感じる御幸。

しかも徹底して低めを狙ってきていました。

御幸はコースは甘くてもいいから、まずは今日のナンバーズの状態を知りたいと考えます。

一方ベンチで見守る奥村と由井は、遊び球はいらないと思うけど、その日によって変わるのがナンバーズだと考えていました。

 

ここで3球目を投じた沢村。

打者はストレートだと考えてバットを振りますが、それはナンバー7のカットボール改でした。

結果、空振り三振を奪うことに成功し、青道の応援団は盛り上がります。

打者はベンチに帰りながら次の打者に向けて、ボールが消えたぞと忠告します。

次の打者は5番ピッチャーの卜部。

卜部は法兼の選手たちの声援を浴びながら、このままじゃ終われないと並々ならぬ思いでバッターボックスに立っていました。

 

シニアコーチに勧められるまま名門・帝東へと進学したものの、周りとの熱量の違いにただただ圧倒された卜部。

ここで3年頑張っても、この人たちには届かない。

そう考えた卜部は入部3日目に休んでしまい、顔を出しづらくなってわずか2週間で退部しました。

誰かと仲良くなる前だったので後ろめたさもなく、簡単に辞めることが出来ました。

しかし小・中と6年間それなりに一生懸命やってきた野球の代わりを見つけるのは簡単ではありませんでした。

転校するきっかけはネット。

アメリカ流の練習をする高校があるという何かの記事を読んだのです。

裏切ってしまったシニアのコーチや両親も、卜部が転校して野球がしたいと言ったら喜んでくれました。

今日も仕事を休んで応援に駆けつけてくれているのです。

 

そして沢村の球をファールにする卜部。

そんな卜部に「見えてるよ!卜部っち、ぶっ飛ばせ!!」と法兼の選手たちが声援を送ります。

 

この学校でやってきたことを全部、親やコーチ、チームメイト、監督、お世話になった人全員に見てもらいたいと考える卜部。

沢村は自分の失点をバットで取り戻そうとしている卜部の気持ちが、とてもよく理解できました。

そのため感情移入して鼻息荒くサインに頷く沢村を見て、卜部の力みまで伝染させるなと不安を感じる御幸。

しかし沢村はこの夏だけは譲れないんだと、心の中で謝りながら卜部に2球目を投じました。

卜部はその球を打ち、打球はファーストの正面へ。

前園がキャッチして自らベースを踏み、2アウトとなります。

青道の選手たちは、ナイスボール!と沢村に声を掛けます。

 

一方ベンチに戻ってきた卜部に、抜けてたら長打コースだ、惜しかったと声をかけるチームメイト。

高めを捨てて低めにだけ狙いを絞るという法兼の作戦は極端な指示ですが、これは明らかに実力が上の相手にしか出せない策でした。

考えすぎてプレーを小さくするくらいなら、開き直って全力でプレーをしてほしいという法兼の監督の狙いがあったのです。

 

一振りで流れを変えられるのが野球だ。

リスクを恐れず振り切れ―――

 

そして次の打者相手に沢村はナンバー11のスプリットで空振りを奪いました。

珍しく一発でいいところに決まったと満足気な沢村。

御幸はボールの状態を確認したかっただけでしたが、まぐれが一回目に来たと笑顔を見せます。

しかしこれは効果絶大で向こうのベンチも動揺するだろうと考えながら、法兼の監督を見つめる御幸。

法兼の監督は呆然とした様子でマウンドを見つめていました。

手を出してこない高めにはストレートを集め、狙い球の低めにはスプリットを。

そんな御幸のリードは低め狙いのバッターには悪魔のようなリードだと感じる奥村。

そして沢村は高めのストレートで空振り三振を奪うのでした。

ダイヤのA actⅡ【第193話】本日のナンバーズの感想

沢村は調子が良さそうですね。

次の回もこのまま青道のペースなのか、はたまた卜部か別の投手が流れを変えるのか、とても気になりますね!

次回のダイヤのAactⅡ【第194話】が掲載される週刊少年マガジン2・3合併号は12月11日に発売されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む