漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ【第195話】それが投手の のネタバレ!意地と意地のぶつかり合い!

2019年12月25日発売、週刊少年マガジン4・5号のダイヤのA actⅡ【第195話】それが投手の のネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA act2は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://honya-go.com/daiyanoa2-free/

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

対法兼戦で青道は初回6得点を挙げるなど、大量8点のリード。投げては沢村が3回無失点と好投します。

しかし迎えた4回裏、2巡目の法兼に待望の初ヒットが。勢いづく相手に対し、沢村は1点も取られたくないと御幸に宣言するのでした。

ダイヤのA actⅡ【第195話】それが投手の のネタバレ

試合を見守る創聖高校の選手は、法兼がどこまで青道に喰らいつくか楽しみにしてたけど一方的になったと言います。

「やっぱ青道やべぇ・・・」

 

そんな中、法兼打線と対峙する沢村。

法兼のバッターはしっかり振るため、ファールボールも鋭い打球が飛びます。

まだ4回だから試合を諦めるには早すぎるという記者の峰。

現在バッターボックスに立つ法兼の日向に法兼の選手たちが声援を送ります。

日向はシニアではずっとベンチだったので、自分がホームランを打てる選手になれるなんて、この学校に来るまで考えもしていませんでした。

強くバットを振ること、それを可能にする筋肉を作ること、食事とサプリメント、打球が飛ぶ角度、メカニズムを知ること。

様々なことを法兼学園で学んだ日向は、紅白戦で初めてフェンスを越えた日のことは忘れられませんでした。

 

あの日の感覚を毎日追い求めている。

今も―――

 

しかし沢村のストレートに空振り三振を喫する日向。

日向は歯を食いしばって悔しさを露わにし、青道の選手たちはナイスボールと沢村に声を掛けます。

2アウトとなりましたが、沢村は三振をとったのに打ち取った気がしないと感じていました。

1打席目よりもタイミングがあってきてる?と感じる沢村。

一方法兼の選手たちに頼むと声援を送られ、分かってると心の中で返事をする法兼の打者。

 

下のやつらが俺らのプレーを見てるんだ・・・

監督さんに教わった野球を出し切れないまま終われるかよ・・・

 

法兼の打者はそんなことを考えながら、気合を入れてバットを構えます。

すると沢村はもっと厳しくいこうと考えて力が入ってしまい、初球のスプリットがワンバウンドしてしまいました。

危ない、こぼしても走られていたと話す観客。

2球目はインハイのストレートで、外れてボールに。

高低を使った御幸のリードですが、さすがに外れ過ぎだと大和田は言います。

ボールが先行し、法兼にとって絶好のバッティングカウントとなりました。

 

そして3球目。

ストライクの球を法兼の打者が捉えましたが、大きく飛んだ打球はファールに。

メラメラと闘志を燃やす法兼の打者。

御幸は今のコースに投げていたら大丈夫だと考えます。

しかし長打を防ぐために低めにボールを集めるのは言わば現代野球のセオリーなので、その決めに行った球を強振してくるのは沢村にとって嫌な感じはするだろうと考えていました。

そして法兼の監督を見つめながら、シンプルであることの強み、あらゆるデータを元にたどり着いた一つの答えかと感じる御幸。

沢村も最後の夏にかける想いや意地、積み上げてきたものを考えると楽に勝てる相手なんていないということは分かっていました。

そして御幸は高低だけじゃなく左右にも広く、いかにナンバーズに手を出させるかを考えます。

一方法兼の打者は、迷わず振りぬくことだけを考えていました。

 

そんな中、4球目を投じる沢村。

打者のバットは空を切り、ストライクを取ります。

先ほどと同じ軌道からのカットボール改でした。

「追い込んだ!!」「決めるぞ!」「打たしていーからね!」「慌てなくていーぞ!」と次々と沢村に声をかける青道の選手たち。

沢村は青道の選手たちの声援を聞きながら、御幸から踏ん張れと言われたことや、片岡監督から明日の試合は沢村一人に投げぬいてもらいたいと言われたことを思い返します。

 

一点も取られたくない。

これって投手のエゴ・・・?

ただのわがまま・・・?

いや違う。背負わされているわけじゃない。

自分で背負ってんだろ。

俺の役目だ。

 

沢村は闘志を胸に、覚悟を決めて前を見据えるのでした。

ダイヤのA actⅡ【第195話】それが投手の の感想

法兼の選手も様々な思いを抱えて試合に臨んでいますが、沢村も青道の選手たちの想いを背負ってマウンドに立っていて、エースとして覚悟を決める姿が頼もしく見えました。

無失点でビシッと抑えて勝ってほしいですね!

次回のダイヤのAactⅡ【第196話】が掲載される週刊少年マガジン6号は1月8日に発売されます。

ダイヤのA act2は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://honya-go.com/daiyanoa2-free/

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍