週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第200話】その背中のネタバレ!仙線VS市大三高、試合開始!

2020年2月5日発売、週刊少年マガジン10号のダイヤのA actⅡ【第200話】その背中のネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

市大三高や仙線、成孔といった強豪校も順調に駒を進め、西東京大会ベスト8がついに出揃いました。

各校が万全を期し迎えた準々決勝当日。沢村は強力打線・成孔を完全に抑え込む稲実・成宮の姿に衝撃を受けるのでした。

ダイヤのA actⅡ【第200話】その背中のネタバレ

王者の稲実は成孔に猛攻を仕掛け、8回裏に4点を追加。

計10点を奪ったのに対し、成孔は成宮から未だに点を奪えずにいました。

8回裏はツーアウトランナー1・3塁の状況。

成孔にとっては打ち取られれば試合終了という崖っぷちの場面です。

最後のチャンスに登場した4番の長田に、仲間たちはせめて一太刀!!と声援を送ります。

カウントは2-2。

成宮は渾身の一球を投じました。

それは伝家の宝刀のチェンジアップで、長田のバットは空を切りました。

結果10対0で稲城実業が8回コールド勝ち。

ベスト4一番乗りは稲実に決まりました。

成孔の選手たちが涙を流す中、互いのチームが一礼して試合は終了。

その様子を沢村と奥村と渡辺が観客席から厳しい表情で見つめています。

成宮は8回を6安打1四球でおさめ、ランナーを出しても要所で締めて無失点。

特に4番の長田を4打数3三振に仕留めて、圧倒的な投球内容を見せたと渡辺はいいます。

 

そんな中、悔しそうに涙を流す長田をキャプテンの枡が泣きながら、お前が打てなかったなら諦めがつく、と励まします。

すると成宮が長田の名前を呼びました。

長ちゃんとの勝負スリリングで燃えたよ、また戦ろうね!

片手を上げて笑顔でそう告げる成宮。

長田はそんな成宮に言葉を返そうとしますが、ヘルメットを持つ手をグッと握り、無言で微笑み返しました。

そして心の中で(あぁ・・・必ずまた・・・)と返す長田。

そんな中、成孔の投手が泣きながら、枡に悔しいと言います。

もっともっと動画見て学んで、ハイブリッドでイノベイティブなピッチャーになるッスという成孔の投手に、動画見てるだけで野球は上手くならねぇよ!と声を荒げる枡。

え?そうなんですか?と成孔の投手が驚きます。

枡は、てめぇはまず練習に出ろ!!身体動かせ!体重落とせ!といいます。

大体泣くほど練習したのかよ!!という枡に、しましたと答える成孔の投手。

だったら何でエースナンバーもらえてねーんだ!?なんで先発まかせてもらえねーんだ!野球と真剣に向き合わねぇやつを誰が信頼するんだよ!と枡が叱ります。

すると成孔の投手は、枡さんの愛のムチ嬉しいっスと喜び、枡はうるせぇバカ!!と怒るのでした。

 

一方、稲実のキャッチャーである多田野は、今日は新しいカットボールが良かったと振り返ります。

あれだけ大振りしてくれると効果的だという多田野の言葉に、もう少しスピードを上げたいという成宮。

成宮は前半からフルスロットルだったため、今日はさすがに疲れたと話します。

その言葉を聞いた多田野は、チームメイトとハイタッチする成宮の後ろ姿をじっと見つめました。

誰にも弱音を見せることなく常に結果でチームを引っ張り続け、その小さな背中にどれほどの期待と理想を背負っているのかを感じ取る多田野。

俺はどれだけこの人の力になれているだろう。

そんなことを考えながら、多田野は拳を握り涙を流します。

それに気づいた成宮は、何で泣いてるの?と眉をひそめました。

慌てて違うと弁解しようとする多田野に、まだ全然道の途中だよ!なぜ今泣く?と不快感をあらわにする成宮。

引くわーと吐き捨てる成宮に多田野は慌てるのでした。

 

その頃、観客席で見守っていた奥村は、成宮が成孔の打者からゴロの山を築いた縦に変化する小さなスライダーは、天久の球と同じだと言います。

まさか成宮も手に入れていたとは、と危機感を覚える渡辺。

さらにマウンドでの存在感やピンチでの立ち振る舞い、全打者フルスイングの成孔打線に最後まで的を絞らせない配球。

沢村は自分がエースナンバーを背負ってみて、より深く成宮のすごさを理解できるようになっていました。

険しい表情でグラウンドを見つめる沢村の横顔を、奥村は静かに見つめます。

 

そんな中、準々決勝第2試合、仙線対市大三高の試合が始まりました。

仙線のエース真木は145キロの速球で、さっそく市大三高の打者から空振りを奪い、観客を沸かせています。

これだけストレートに威力があると、あのカーブも活きてくるという奥村。

さらに背が高い真木の球には角度もあります。

市大三高打線がどういう対応をしてくるか、と渡辺はつぶやきます。

ここで市大三高の田原監督は、バットを短く持つよう打席に立つ選手たちにサインを送るのでした。

ダイヤのA actⅡ【第200話】その背中の感想

エースの成宮は準々決勝でも強豪校の強力打線を完ぺきに抑えて、圧倒的な力を見せつけました。

やはり手強いですね。

次は仙線対市大三高の試合ですが、こちらはどんな試合展開になるのか、非常に楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第201話】が掲載される週刊少年マガジン11号は2月12日に発売されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む