週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第203話】師 クリスのネタバレ!創聖ツーシームの攻略法とは?

2020年2月26日発売、週刊少年マガジン13号のダイヤのA actⅡ【第203話】師 クリスのネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

市大三高VS仙泉の強豪対決は、バットを短く持ち力強い打球を飛ばす三高打線が、次第に仙泉のエース・真木を追い詰め、終わってみれば7対3で市大三高が圧勝。

沢村は三高打線を想定し、意気込みを新たにするのでした。

ダイヤのA actⅡ【第203話】師 クリスのネタバレ

試合を観戦した帰り、沢村と奥村は市大三高打線について対策を練っていました。

宮川と星田は外にも強いバッターだから、三高打線のキーマンなのは間違いないという奥村。

この2人は薬師戦でも2打点でした。

1番バッターの千丸は肘を抜くのが上手いという奥村に、インコースを投げるとき注意だと返す沢村。

あとは序盤と中盤と終盤でどの球をバッターに意識させるかだという奥村に、沢村は「それな!」と同意します。

その様子を後ろで微笑みながら見つめる渡辺。

ここで奥村は前から気になっていたと前置きし、沢村にカーブやスライダーは投げないのかと尋ねました。

すると沢村はニヤッと笑い、受けてみる?と言います。

投げれるんですか?という奥村に、投げれると言えば投げれるかな~という沢村。

それを聞いた渡辺は(それは御幸に止められてるんじゃ・・・)と少し焦りました。

そんな中、沢村のスマホにラインが入りました。

相手は滝川クリスからで、『明日の試合に観に行けそうだ。準備は万全か?』とメッセージが入っていました。

 

その後、沢村たちは練習が行われる青道野球部の寮に戻ってきました。

結城は関が操るバッティングマシンの難しい変化球、通称「関スペシャル」を捉えられるようになっていました。

関は結城に1ステージクリアだと言い、次のステージに進む許可を与えると話します。

闘志を燃やしながら「続けてお願いします」という結城に、順番待ちをしているチームメイトから替われ!とブーイングが起こります。

そんな中、倉持と小湊は2人でバッティング練習を行っていました。

明日の試合に増子先輩が来ると話し、痩せたかなー?という倉持。

小湊が兄の亮介も来るというと、センバツ以来の再会となる倉持は「いいとこ見せて~」と喜びました。

一方御幸は白洲や前園と創聖ツーシームの攻略について話していました。

真っすぐはそこまで速くないため、ツーシーム狙いで対応できるかがポイントとなります。

創聖ツーシームの軌道やキレがどれほどのものか、低めを見極めバットを止められるか、こればかりは打席に立ってみないと分からないと御幸は言いました。

 

一方、東京小平市の創聖高校グラウンドでは、明日先発の柳楽がピッチング練習をしていました。

創聖ツーシームを投げる柳楽に創聖高校監督の小泉は、他の誰とも違う創聖ツーシームだと褒めます。

これが良いコースに決まれば青道のやつらでも打てねぇんじゃねぇか?という小泉監督に、やめてくださいと謙遜する柳楽。

柳楽はこの程度で完成だと思っておらず、まだ監督に教わることがあると話します。

そんな柳楽の言葉に、泣かせるなよーこちとら年食って涙腺ゆるゆるなんだからよぉ、という小泉監督。

一方創聖の打者たちはバッティング練習をしていました。

次に当たるのが強豪チームばかりなことに、俺らくじ運悪すぎじゃね?と嘆く創聖の選手。

センバツの降谷にプロ注目の天久、甲子園準優勝投手の成宮と、西東京のピッチャーえぐすぎだろ!!と言います。

しかしおかげで150キロ超えのマシンの球をそこそこ打てるようになったらしく、俺ら地味にすごくね?という選手たち。

そんな中、奈良は明日の試合で勝てば何が起きてももう驚きはしないと言います。

小泉監督は奈良の言うとおりだと言い、必ずしも本命が生き残るわけじゃないのが高校野球で、自分たちは大穴じゃなく対抗馬くらいの実力はある!!と豪語します。

すると柳楽は甲子園を夢見るチームで終わるか、強豪の野望ごと俺たちが飲み込み次に進むか、明日には答えが出ていると話すのでした。

 

一方沢村は寮で滝川にラインを返信していました。

”残念ながら明日は自分の登板はないかもしれません。

でも何も心配いりません。

我がチームならきっと快勝してくれることでしょう。”

そんな沢村に滝川が恩人だと聞いた奥村は、川で溺れていたところを助けてもらったのかと尋ね、俺は捨てられた子犬か!と突っ込む沢村。

沢村は滝川のことを2個上の先輩で、野球の厳しさも奥深さも全て教えてくれた師匠だと言います。

すると滝川から沢村のスマホに、明日を楽しみにしておくと返信が来ました。

 

7月23日。

いよいよ青道VS創聖の試合の日となりました。

ダイヤのA actⅡ【第203話】師 クリスの感想

青道を卒業した選手たちも試合を見に来るようで、楽しみですね。

創聖ツーシームを青道打線がどう攻略していくのか、とても気になります!

次回のダイヤのAactⅡ【第204話】が掲載される週刊少年マガジン14号は3月4日に発売されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む