週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第204話】お目覚めの のネタバレ!青道VS創聖、試合開始!

2020年3月4日発売、週刊少年マガジン14号のダイヤのA actⅡ【第204話】お目覚めの のネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

西東京大会準々決勝、創聖戦を前に青道ナインは気合十分。

クリスら先輩たちも観戦に来ると知り、練習もよりヒートアップしました。

一方の創聖は虎視眈々と青道戦の準備を進めていました。

いよいよ一筋縄ではいかない一戦が幕を開けます。

ダイヤのA actⅡ【第204話】お目覚めの のネタバレ

試合前、選手たちが準備をする中、観客席には青道野球部OBの小湊亮介、増子透、門田将明、楠木文哉、滝川・クリス・優の5人の姿がありました。

互いの近況を報告し合う中、亮介はひときわ大きな声でチームメイトに声をかける沢村を見つけました。

沢村が背番号一番をつけていることを確認し、聞いてた?と尋ねる亮介に、この目で見るのは初めてだというクリス。

練習試合は負けなしで防御率1点台の沢村に、春からどれだけ伸びたんだとOBたちは感心します。

亮介は沢村がどんなピッチングをするのか見てみたかったようですが、チームとしては沢村の出番がない方が助かるだろうと話すのでした。

 

一方創聖の小泉監督は、試合前にソワソワしていました。

そんな監督の姿を見て、無精ひげをそってキメてきたなと噂する選手たち。

普通はゲンを担いで剃らないんじゃないかと話し、剃っちゃダメじゃんと口々に言います。

そんな選手たちに、これまでのことなんてきれいさっぱり忘れてしまえばいいという先発の柳楽。

あるのは目の前の敵に挑むことだという柳楽の言葉に、奈良は微笑むのでした。

 

一方、御幸は降谷にボールの状態を見るうえでも初回は真っすぐで押していくから、しっかり腕を振ってこいと声をかけます。

以前降谷に「ピッチャーはそれくらい我が強くていい」と言っていた御幸ですが、どちらに転ぶか正直分からないと感じていました。

そして審判から整列の指示があり、青道の選手たちは一斉に「いくぞぉ!」と走り出しました。

 

西東京大会準々決勝、青道対創聖の試合がいよいよ始まります。

青道のスタメンは1番倉持、2番小湊、3番白洲、4番御幸、5番前園、6番降谷、7番東条、8番結城、9番金丸というラインナップです。

一方創聖のスタメンは1番菊永、2番五島、3番七月、4番奈良、5番柳楽、6番中沢、7番神田、8番後藤、9番星というラインナップでした。

客席にはスカウトも見に来ています。

ここまで青道は沢村と降谷が交互に先発し、3年の川上がブルペンに待機する鉄壁の布陣です。

長く過酷なトーナメントを戦う上でも、これだけの投手力が充実したチームはそうそうないと記者の大和田は言います。

おまけに打撃は去年に迫る爆発力を備えており、常に全国制覇を掲げる片岡監督が作り上げた理想的なチームといっていいという峰。

大和田は次の市大三高の決勝に向けて、青道はいい勝ち方をしたいでしょうねと話すのでした。

 

一回表、創聖高校の攻撃は一番サードの菊永がバッターボックスに入りました。

お願いします!と挨拶し、準備する菊永を観察する御幸。

打席の一番後ろに立ってバットを構える菊永を見た御幸は、変化球の見極めのために、じっと見てくる作戦かと推測します。

そして御幸はまず降谷の様子見として、アウトコースにストレートを要求しました。

どんなボールが飛んでくるかと心配そうに降谷を見つめる御幸。

選手たちは、打たせて来いよ!!と降谷に声をかけます。

沢村はベンチから、まずは初球!寡黙なお前からの強烈な一投!ぶっ放せ目覚めのバズーカ!!と叫びました。

そんな沢村の言葉に、煽るな煽るなと心の中で突っ込む御幸。

そして(さぁこい)とミットを構えます。

降谷はバズーカを意識しつつ、一球目を投じました。

すると菊永は初球のストレートをはじき返してきました。

いきなり初球から良い当たりの打球が飛び、思わず驚く青道の選手たち。

しかしボールはセンターの東条がつかみ、センターフライとなりました。

御幸は初球から振ってきた創聖の打者を見て、降谷のストレート狙い?と考えます。

ベンチの創聖の選手たちは、もう少し詰まっていたらヒットになっていた、飛び過ぎたと話しています。

そんな中、小泉監督は「さぁーまずは塁に出ないとねー」とつぶやくのでした。

ダイヤのA actⅡ【第204話】お目覚めの の感想

やはり創聖も準々決勝まで勝ち進んできたチームなので、一筋縄ではいかない強さがありそうですね。

まだ始まったばかりなので何とも言えませんが、いい試合なりそうでとても楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第205話】は週刊少年マガジン16号に掲載されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む