週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第205話】ベンチの鏡のネタバレ!降谷の立ち上がりを攻める創聖

2020年3月18日発売、週刊少年マガジン15号のダイヤのA actⅡ【第205話】ベンチの鏡のネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

西東京大会準々決勝、対創聖戦。沢村の好投に刺激を受け、やる気満々の降谷が先発へ。

クリスらが見守る中、名二塁手の奈良とエースの柳楽を擁する創聖高校を迎え撃ちます。

ところが相手の監督には何やら秘策があるようです。

ダイヤのA actⅡ【第205話】ベンチの鏡のネタバレ

1回表、降谷は豪速球で2人目を打ち取り、ツーアウトとなりました。

しかしバッターも降谷の球に振り遅れることはなかったと感じる御幸。

次の打者である3番ファーストの七月が、バッターボックスに入ります。

御幸はストレートだけに絞っているのか、向こうの狙い球を知りたいと考え、縦のスライダーのサインを送りました。

降谷はうなずいて、スライダーを投じます。

すると七月はスライダーを空振りしました。

初球から変化球を振ってきた七月に、少し驚く御幸。

七月は、これは手が出ちゃうよとつぶやいています。

そして2球目は、高めに外れてボールに。

しかし七月はピクリとも反応しませんでした。

そんな打者の反応に、チームとして何を狙っているのか読めないと感じる御幸。

すると降谷は七月にフォアボールを与え、出塁を許してしまいました。

ナイス選球眼!と盛り上がる創聖ベンチ。

客席から見守るクリスたちは、ツーアウトからのフォアボールはもったいないと話します。

それと同時に、懐かしいリズムだと感じる亮介。

そんな中、沢村はベンチから、ザ定番お約束!!悲しいかなこれもまたご挨拶!と声を張り上げました。

 

一方、御幸はツーアウトだから一塁ランナーは気にするなと降谷に声を掛けます。

注意すべきは次の4番セカンドの奈良。

右方向に長打も打てる危険なバッターだと御幸は言います。

奈良は東京代表に選ばれるほどの選手なので、御幸も奈良の怖さはよくわかっているようです。

降谷の立ち上がりに、創聖としてはチャンスを広げたいだろうと記者の峰は話しました。

 

御幸は奈良と一度は同じチームで戦った同士です。

それでもこちらを見ようともしない奈良に、今は敵ということかと察する御幸。

ここで勢いづかせたくないため、慎重に入ると御幸はサインを送りました。

初球はアウトコースへのスライダーでしたが、奈良は見送り外れてボールに。

外のボールに対して深く踏み込んだ奈良を見て、外のボールを狙っていた?と考える御幸。

2球目は奈良がスイングしましたが、ファールとなりました。

御幸は奈良の窮屈なスイングを見て、相当引き付けていると感じます。

それなら徹底してインコースに。

そう考えた御幸ですが、奈良は少し甘く入った降谷の3球目を捉えました。

打球はセカンド小湊の横を抜けて、ライト前に転がります。

ツーアウトながらランナー一・二塁となり、創聖のチャンスが広がりました。

ここで打席に立つのは創聖のエース、5番ピッチャーの柳楽です。

 

御幸はスイングも鋭く、降谷のストレートにもふりまけない創聖の打者たちを見て、相当振り込んできてると感じました。

柳楽もここまで打率4割越えで侮れないバッターです。

まだ創聖の狙い球は読めませんが、かといってくさいコースを狙わせすぎてカウントを悪くするのもなと悩む御幸。

その時、沢村がベンチで高笑いしながら叫びました。

まだ初回だ!慌てることないぞ降谷!

すでにツーアウトよ!ここで止めれば何の問題もねぇ!

分かってるよな!内野近いところで!!

外野抜けたらバックホーム!

慣れない人工芝ですが、バックの皆さんよろしくお願いしやす!!

そんな沢村の言葉に、クリスたちは久しぶりに聞けたと微笑み、これぞ沢村だと話しました。

 

降谷は言われなくてもここで止める、最初からそのつもりだと心の中で沢村に返します。

そして御幸のサインに頷く降谷。

それはストレートのサインでした。

このストレートこそ降谷の武器、調子のバロメーター、降谷そのものだと御幸は考えていました。

降谷の投じた豪速球に柳楽は手も足も出せないのでした。

ダイヤのA actⅡ【第205話】ベンチの鏡の感想

降谷も立ち上がりで不安定な状態とはいえ、創聖の打者も一筋縄ではいかない実力がありそうですね。

いきなりピンチとなりましたが、どんな試合展開になるのか楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第206話】が掲載される週刊少年マガジン16号は3月24日に発売されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む