週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第206話】何か凄いことのネタバレ!創聖に翻弄される青道打線

2020年3月25日発売、週刊少年マガジン17号のダイヤのA actⅡ【第206話】何か凄いことのネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

西東京大会準々決勝。引退したクリスら先輩たちが見守る中、降谷がマウンドへ上がりました。

豪速球にもくらいついてくる創聖打線を前に四球&単打でピンチを迎える降谷を、ベンチの沢村は大声援で後押ししました。

ダイヤのA actⅡ【第206話】何か凄いことのネタバレ

ピンチを迎えた1回表。

5番の柳楽に降谷が投じた1球目は得意のストレートでした。

そして2球目も155キロの豪速球を投げ、柳楽はそれを打ち上げてショートフライに。

結果創聖高校は二者残塁でこの回を終え、降谷は自慢のストレートでピンチを乗り切りました。

そんな降谷を満足そうな笑顔で見つめる御幸。

客席から見つめる亮介は今のボールはセンバツの時くらい走ってると褒め、この後も期待できそうだと話すのでした。

 

一方沢村はベンチに戻ってきた降谷に、ナイスバズーカ!!力で押し切ったな!!と声をかけます。

お前はそれでいいんだよ!!という沢村に、えらそうだと声をそろえていう御幸と降谷。

そんな沢村を見つめながら、クリスは前日にやり取りしたLINEの内容を振り返ります。

沢村は自分の登板はないかもしれないと話していましたが、「でも何も心配いりません。我がチームならきっと快勝してくれることでしょう!!」とクリスにメッセージを送っていました。

クリスはそのことを思い出しながら「この先も楽しみだ」とつぶやくのでした。

 

そして一回裏、青道高校の攻撃が始まりました。

1番ショートの倉持がバッターボックスに立ちます。

創聖ツーシームがどんな軌道をしてるのかと考える倉持。

柳楽の投球割合はストレートとツーシームはほぼ同じ、2分の1の確率です。

カウント取りにも決め球を使うため、ツーシームを青道打線がどう打ち崩すかがポイントになります。

記者の峰と大和田は、攻撃の起点である倉持が塁に出れば得点率も跳ね上がるため、創聖バッテリーも警戒しているバッターだろうと話しました。

小湊はバッテリーが外から入ってくることが多いと知っていました。

そんな中、亮介は倉持に対し、いい格好しなくていいからしっかり打つところ見せてほしいと願っていました。

一方創聖の小泉監督はピッチャーの柳楽が昨日から妙に落ち着きがあるため、何か凄いことをやってくれるんじゃないかと期待しながら見つめていました。

 

そして柳楽が一球目のストレートを投じます。

その球を逆方向に流し打ちしてファールにする倉持。

そんな倉持の姿に亮介は初球から良く触れていて、打席で落ち着きが出てきたと感じます。

さらに倉持は二球目もファールにしました。

外中心のストレートで球速は139キロですが、球速以上に伸びてきていると感じる倉持。

あっさり追い込ませてしまったことを後悔しながら、三球目はツーシームを予測し身構えます。

そして倉持は三球目を捉え、センター前に打球が転がっていきます。

青道の選手たちは喜びますが、打球の方向を予測していたセカンドの奈良が良いポジションにいたため、難なく処理してアウトになりました。

観客はどよめき、創聖の応援団は盛り上がります。

そんな中、小泉監督は倉持が追い込まれてからすり足に変えていたことに気づき、抜け目がないと褒めています。

客席のクリスはあれだけ大胆なポジショニングは、キャッチャーとも連携をとってそうだとつぶやきました。

 

そして2番セカンドの小湊がバッターボックスに入りました。

柳楽の1球目はアウトローいっぱいに141キロのストレート。

小湊は無理に手を出すことはできませんでした。

さらに2球目は高めの速球をファールに。

その球を球速以上に速く感じる小湊。

そして3球目はツーシームかと思いきや、続けてストレートを投げてきました。

小湊は驚きつつその球を捉えましたが、打球はまたもセカンドの正面に飛んでいきアウトになってしまいました。

ダイヤのA actⅡ【第206話】何か凄いことの感想

降谷が無事に1回を抑えることが出来てほっとしましたが、青道打線は創聖のエースと名手に翻弄されているようですね。

倉持と小湊のコンビがあっさり打ち取られてしまうとは思いませんでした。

やはり創聖も準々決勝の相手なので手強い印象です。

とはいえまだまだこれからなので、青道打線が柳楽をどう打ち崩していくのかとても楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第207話】が掲載される週刊少年マガジン18号は4月1日に発売されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む