漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ【第208話】黙らせたいのネタバレ!結城が均衡を破る!

2020年4月8日発売、週刊少年マガジン19号のダイヤのA actⅡ【第208話】黙らせたいのネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

西東京大会準々決勝、対創聖戦。先発・降谷は全力投球を見せるも、御幸は創聖打線に対して言い知れぬ違和感を覚えます。

一方の青道打線は、創聖バッテリーの配球と守備陣の連携に苦戦していましたが、結城の一振りが柳楽のストレートを捉えました。

ダイヤのA actⅡ【第208話】黙らせたいのネタバレ

大きく飛んだ結城の打球を目で追いながら唖然とする創聖の面々。

自分の頭上を越えていく打球を見て「おい・・マジか」と外野手はつぶやきました。

そして打球はフェンスを越え、ライトスタンドに吸い込まれていきました。

盛り上がる青道の選手たち。

結城が悠々とベースを回る中、マウンドでは下を向く柳楽の姿がありました。

青道の選手は振り遅れていたけど、放り込んだもん勝ちだと話します。

関はあれだけツーシーム対策をしてきたのに、ストレートを打った結城に少し不満そうです。

そして先制のホームインをした結城はチームメイトと喜びを分かち合いました。

創聖の小泉監督はライト側に放り込んだ1年生の結城に対し、規格外だなとつぶやきます。

そんな中、創聖のキャッチャーがタイムをかけて、柳楽に声をかけに行こうとします。

しかし柳楽は手を前に出して、(大丈夫、来なくていい)というゼスチャーをしました。

 

その後、9番サードの金丸がバッターボックスに入りました。

直球キラーの金丸は自分も続くと張り切っています。

しかし全球ツーシームで勝負され、金丸はボテボテのゴロを打ってアウトとなりました。

そんな中、柳楽に対し創聖の選手たちが盛り上げるように、ナイスボール!1アウト!と声をかけます。

さらに1番に打順が戻り、倉持と小湊が打席に入りましたが、バックの好守にも阻まれ、柳楽を打ち崩すことはできずスリーアウトとなりました。

観客席から見守る亮介とクリスは、一気に崩したかったなと話します。

一方柳楽は固い表情のまま、じっと前を見据えながら一つ息を吐きました。

 

4回は互いに無得点に終わり、5回表。

創聖高校はこの日3本目のヒットでチャンスを作りました。

ヒットを打った打者は2ストライクまで手を出す気配がなかったため、御幸は相変わらず何を狙っているのか分からないと感じていました。

もしかして交互に狙い球を変えてる?左打者だけ?と考える御幸。

初回から敵の狙い球を探り続けてきた御幸でしたが、実は敵の方針は思いのほか単純で、各々得意なコースやボールだけを狙っていこうというのが小泉監督の作戦でした。

 

次の打者は降谷の球はインコースを打つのが難しいと考え、外寄りの球だけを狙っています。

そんな中、降谷が投じたのはアウトコースのストレートでした。

打者はそれをはじき返し、センター方向に打球が転がっていきます。

しかし小湊はそれを何とかキャッチし、二塁に送ってスリーアウトに。

両チームともに堅守が光る好ゲームとなりました。

客席から見つめる亮介は、今のは止めなきゃピッチャーが可哀想だと話します。

一方御幸は創聖の選手たちを見つめながら、この迷いのなさはなんだ?と疑問を浮かべていました。

 

その頃、観客たちはこんなに投手戦になるとは思わなかったと話していました。

創聖については元々守備が良いのは知られていたようですが、ここまで振れるチームだとは思われていなかったようです。

そんな創聖の選手たちに向けて「健闘してる」「立派立派!!」と客席から声が上がりました。

 

一方柳楽はマウンドに向かいながら、緊張感のかけらもなく、ぬるく緩み切った球場の雰囲気を感じ取っていました。

どうせ誰も俺たちが勝つなんて思ってないんだろ?

黙らせてやりたい・・・ここにいる観客全員・・・。

柳楽はそんなことを考えながら、内なる闘志を燃やすのでした。

ダイヤのA actⅡ【第208話】黙らせたいの感想

創聖も準々決勝まで昇り詰めてきたチームなので、客席からなめられている空気を感じたら悔しいと思います。

1点をとられてしまった柳楽ですが、その後も動じることなく淡々と抑えていったところはさすがでした。

ただこれだけ互いに譲らない投手戦となると、結城の1点は重み増していきそうですね。

まだ半分も終わってないので、これから試合が動く可能性は十分ありますが、どんな展開になるのか楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第209話】は週刊少年マガジン21号に掲載されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国