漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ【第210話】同じだよのネタバレ!降谷VS奈良!

2020年4月28日発売、週刊少年マガジン22・23号のダイヤのA actⅡ【第210話】同じだよのネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

【前回のあらすじ】

西東京大会、準々決勝。創聖戦は青道が1点をリードするも、互いに譲らず5回まで投手戦となっていました。

そんな中、ついに6回表に創聖が長打でチャンスを作り、4番の奈良を迎えるのでした。

ダイヤのA actⅡ【第210話】同じだよのネタバレ

チャンスの場面で登場した4番奈良。

奈良はバットを構えながら、今どれだけの観客が創聖が勝つことを望んでいるのか考えていました。

 

2年前の西東京大会。

創聖は稲実に負け、悔し涙を流しました。

そして1年生だった柳楽と奈良はその試合の様子を観客席から応援団として観戦していました。

試合終了後、奈良は先輩たちがこんなに強かったなんて驚いたと話し、柳楽も同意します。

そんな柳楽たちにある観客が結構粘ったと声をかけるも、「でもいつもここまでだ」と馬鹿にしたように言いました。

創聖に勝ち上がられてもチームに華がなさすぎて地味すぎる。

守備だけの創聖では甲子園で勝ち進めない。

負けてくれてよかった。

柳楽と奈良はそんな心無い言葉を浴びせられ、悔しい思いをしていました。

 

そしてチャンスの場面で登場した奈良に、チームメイトから声援が送られます。

次の打者のためバッターズサークルで待つ柳楽は、奈良をじっと見つめながら心の中で応援します。

一方観客席から戦況を見ていた渡辺は、創聖がここまでの試合はセオリー通りの固い攻撃をするチームだったにもかかわらず、この試合にはそれを感じないと評価していました。

そのため御幸も戸惑っているんじゃないかと感じる渡辺。

そんな御幸は降谷にどんな球を投げさせるのか考えていました。

創聖はチームバッティングや小技も仕掛けてこず、降谷の球でもストレートに強いことだけは理解した御幸。

そのことも踏まえて御幸が降谷に初めに投げさせたのはスプリットでした。

奈良はバットをスイングし、大きく空振りします。

今のを振らせたのは大きいと手ごたえを感じる御幸。

ボール先行のリスクはありますが、持っている球をすべて使ってでも奈良を押さえ込むことを考えます。

そして二球目も変化球で勝負し、奈良は見送りました。

三球目はストレートでわずかに外に外れてボールとなりますが、155キロをマークし観客から驚きの声が上がります。

外に2つ続けたため、勝負はインコースかと話す記者の峰と大和田。

御幸は奈良について、右方向に上手く打てるバッターですがインコースにヤマをはって振りぬくタイプでもあるため、最後まで厳しく攻めることを考えます。

ベンチから声援が飛ぶ中、創聖をバカにする心無い言葉を思い出しながら、バットを構える奈良。

 

同じだよ、俺たちも。

他のチームと同じように甲子園を目指してる。

あの舞台に立つことを夢見てる。

何が悪い―――

 

そして降谷は4球目にスプリットを投じました。

インコースに誘われて思わずバットを出してしまう奈良。

ワンバウンドのボールながら、バットに当たり、ボールはサード方向に転がっていきます。

サードの金丸は必死に手を伸ばしますが、ボールを弾いてしまいました。

するとセカンドランナーは走り出し、奈良は一塁まで全力で走ります。

その時、金丸がはじいたボールを、ショートの倉持が素手でつかんで一塁に送球しました。

送球されたボールはバウンドしながら、一塁に向かって真っすぐ転がりますが、奈良の足がわずかに上回りセーフに。

結果ノーアウトランナー一・三塁となり、創聖高校はさらにチャンスを広げました。

次に打席に向かったのは、ここまで好投を続ける創聖のエース柳楽です。

厳しい状況となった試合を、沢村はベンチから固唾をのんで見守るのでした。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第210話】同じだよの感想

毎回敵チームにもドラマがあって感情移入してしまいますね。

柳楽や奈良が悔しい思いをして、のし上がってきたのを見ると思わず応援したくなってしまいます。

ただ青道には負けてほしくないので、降谷には何とか踏ん張ってほしいですね。

どんな試合展開になるのか、楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第210話】が掲載される週刊少年マガジン24号は5月13日に発売されます。

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国