週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第211話】常態のネタバレ!青道がピンチに!

2020年5月13日発売、週刊少年マガジン24号のダイヤのA actⅡ【第211話】常態のネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

西東京大会準々決勝、対創聖戦は思わぬ投手戦となりました。

青道が1点をリードして迎えた6回。創聖は長打でチャンスを作り、4番の奈良を迎えます。

奈良は御幸のリードと降谷の投球に翻弄されゴロを打ちますが、サードの金丸がそれを弾いてしまい、ショート倉持のフォローも間に合わずセーフになり、ノーアウトランナー一・三塁に。

創聖のチャンスで5番の柳楽を迎えるのでした。

ダイヤのA actⅡ【第211話】常態のネタバレ

ノーアウトランナー、一・三塁の場面で登場した柳楽。

思わぬ投手戦となる中、青道のリードはわずか1点です。

御幸はベンチの片岡監督を見つめ指示を待ちます。

すると片岡監督は内野に指示を送り、セカンドとショートを下げて中間守備に、サードとファーストはそのままでスクイズを警戒させました。

客席で見守るクリスは、まだ6回で慌てる場面ではないと言います。

沢村は、さあ一つずつ!それぞれの持ち場でそれぞれのプレーを!とベンチから選手たちに声をかけます。

さらに降谷に向かって、ボールはまだ極悪そのもの!お前はお前のままで行け!!と鼓舞しました。

ボールが極悪と言われた降谷は、マウンドで怒りの闘志を燃やします。

 

そんな中バッターボックスでバットを構える柳楽。

ここまで柳楽の2打席はショートフライとレフトフライで、いずれも高めのストレートに手を出してきたものでした。

客席から見つめる亮介は、この選手がこのチームのキーマンだろうと言います。

まずは同点にするために、スクイズをしてくる可能性もありました。

創聖ベンチからは、柳楽に向けて声援が飛びます。

小泉監督は柳楽が打てばチームが勢いづき、自分たちはやれるという自信も持てるため、期待を込めて柳楽を見守っていました。

ファーストランナーの奈良は(打て、宗一)と、一塁から柳楽を信じて見つめます。

(お前のバットで、この球場全部黙らせてやれ)

 

御幸は柳楽には得体の知れない迫力があるため、細心の注意を払おうと考えながら、降谷にサインを送ります。

そして降谷は柳楽への一球目にスプリットを投じました。

柳楽はバットを振る様子はなく、ボールは外れます。

さらに二球目。

降谷は続けてスプリットを投じました。

柳楽はこれも見逃しますが、ボールはストライクに。

2球スプリットを続けて投げたことについて話す由井に、沢村はそれだけ警戒すべきバッターなんだろうと言います。

そして降谷は三球目もスプリットを投げました。

これは大きく外れ、柳楽も見逃してボールに。

カウントはツーボールワンストライクとなりました。

3球続けてスプリットを投げたことに観客たちも珍しいと驚き、ストレートで仕留める布石なのかと考えますが、慎重すぎるんじゃないかと話します。

 

そんな中、沢村はベンチから御幸をじっと見つめていました。

キャッチャーはいつだってピッチャーと一緒に戦ってくれていると考える沢村。

そのリードに投手はどう応えるか――

 

一方御幸はサインを送り、降谷はうなずきました。

青道バッテリーがストレートで押してくるこれまでのリードとは変えてきたことについて、奈良はそれだけ自分たちを警戒しているということだと考えていました。

サードランナーは、どんな当たりでも突っ込んでいくと意気込んでいます。

そして降谷は足を上げて投球モーションに入りました。

御幸は(さぁ来い。バックとチームを信じろ――)とミットを構えます。

柳楽は二遊間を下げてゴロを打たせたいなら、ストレートは来ないと読んでいました。

そんな柳楽の推測通り、降谷は4球続けてスプリットを投じます。

そしてストライクゾーンに来た降谷のスプリットをはじき返す柳楽。

打球はセンター方向に転がっていくのでした。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第211話】常態の感想

今回も前回に引き続き緊迫した展開となりました。

正直この展開は奇跡でも起こらない限り、同点は覚悟しなければならないでしょうし、片岡監督もそういう考えだとは思います。

最後柳楽の狙い通りのボールがきてしまいましたが、思ったより当たりはよくないようにも見えました。

果たしてタイムリーヒットとなってしまうのでしょうか。

せめて逆転されないように祈りたいと思います!

次回のダイヤのAactⅡ【第211話】が掲載される週刊少年マガジン25号は5月20日に発売されます。