週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第212話】勝つ準備のネタバレ!小湊が超ファインプレーで降谷を救う!

2020年5月20日発売、週刊少年マガジン25号のダイヤのA actⅡ【第212話】勝つ準備のネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

西東京大会準々決勝の創聖戦で、思わぬ投手戦となった青道。

青道が1点をリードして迎えた6回、創聖がチャンスを作り、無死一・三塁に。

迎えた5番の柳楽を警戒してスプリットのみで攻めた青道バッテリーですが、球種を読んでいた柳楽はバットを振り抜くのでした。

ダイヤのA actⅡ【第212話】勝つ準備のネタバレ

ノーアウト一・三塁でバットを振り抜き、降谷のスプリットを捉える柳楽。

打球はセンター方向に転がり、降谷は手を伸ばしますが、その横を抜けていきました。

それを見た創聖の選手たちは喜び、三塁ランナーも走り出します。

すると小湊が走る勢いを利用して打球をグラブで弾き、セカンドベースにつく倉持にパスしました。

セカンドはアウトとなり、倉持はファーストへボールを転送。

ダブルプレーを取りました。

三塁ランナーはガッツポーズをしながらホームに帰ってきますが、創聖の選手たちは彼らのプレーを目の当たりにして呆然としています。

一方観客たちは小湊の超ファインプレーに驚きの声を上げ、二遊間の見事な連係プレーに沸きました。

沢村は、春の大盛りチーター定食!とガッツポーズし、降谷も2人に称賛の拍手を送ります。

そんな中、試合をベンチで見つめる亮介はメールで倉持に「日本一の二遊間を目指せ!!」という言葉をかけたことを思い出し、これくらいはやってもらわないとねと誇らしげな笑みを浮かべながら、つぶやきました。

 

一方奈良はベンチに戻りながら、二遊間のプレーを目の当たりにして驚いていました。

ボールを握りなおしていたら一塁は間に合っていませんでしたが、普段からどんな練習をすればあんなプレーができるんだと考える奈良。

柳楽は結局注文通りゴロを打たされたことを悔しがりながら、御幸を見つめます。

結果同点にはなりましたが、これでツーアウトランナーなしとなりました。

記者の峰は柳楽は創聖のキーマンであり、ここまで試合を作ってきたエースのため、片岡監督はたとえ1点を犠牲にしたとしても柳楽との勝負に集中したのだろうと推測します。

 

その後、降谷は6番の中沢を全球ストレートで三振に仕留め、スリーアウトとなりました。

創聖にとって不本意な結果となり、小泉監督は複雑な表情で考え込んでいます。

そんな中、御幸はベンチに戻りながら、4連続スプリットは戸惑ったか?と降谷に聞きます。

すると降谷は「少し・・・」と答えつつも、外野に飛ばされなければバックがなんとかしてくれると思って投げたと話しました。

それを聞いた御幸は、カウントが悪くなれば最悪柳楽を歩かせても、そういう計算が働いたのは事実ではあるものの、降谷は自分のリードにしっかり応えてくれたと満足気な様子を見せるのでした。

 

続く6回裏。

1番倉持の放った打球をファーストの七月が弾きました。

即座にセカンドの奈良がバックアップしますが、俊足の倉持は余裕でセーフに。

沢村はベンチから、世界のチー様やっと一塁に降臨!と叫びます。

そんな中、御幸はキャッチャー防具を脱ぎ、打席に立つ準備を整えていました。

そして同点になろうが逆転されようが、自分たちのやることは変わらず、勝つための準備を常にしていると闘志を燃やすのでした。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第212話】勝つ準備の感想

小湊のボールをグラブで弾いてパスするという技は実際やったことがある選手がいるのか分かりませんが、相当練習して自信がないと、あんな重要な場面ではできないでしょうね。

こういう好守備から不思議と流れが変わるのをつくづく感じますし、倉持と小湊のコンビは、試合の流れを作る重要な役目を担っているなと改めて感じました。

とはいえ同点になってしまったので、まだまだ油断はできませんね。

果たして青道は点を入れることが出来るのでしょうか?

どんな展開になるのか楽しみですね!

次回のダイヤのAactⅡ【第212話】が掲載される週刊少年マガジン26号は5月27日に発売されます。