漫画ネタバレ

チェンソーマン【第71話】お風呂のネタバレ!闇の悪魔による被害が明らかに

2020年6月1日発売、週刊少年ジャンプ26号のチェンソーマン【第71話】お風呂のネタバレや感想をまとめました。

チェンソーマン最新話を無料で読む方法は?

チェンソーマン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、チェンソーマン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
チェンソーマン最新話を読む

チェンソーマンの漫画コミックを全巻無料で読む方法の調査結果!大人気のマンガ「チェンソーマン」の漫画コミックを全巻無料で読む方法を調査しましたので結果をお伝えします!...

【前回のあらすじ】

デンジの攻撃を受けて戦闘不能の身体となったサンタクロース。

しかし世界中にいるサンタクロースの操り人形は、殺人人形のままでした。

そのためまだ息が残っていたサンタクロースに、クァンシの仲間である宇宙の魔人・コスモが精神攻撃をくらわし、世界中にいた操り人形も「ハロウィン」とつぶやくだけの、ただの無害な人形と化しました。

そしてクァンシとその仲間はマキマに命乞いをしたものの瞬殺されるのでした。

チェンソーマン【第71話】お風呂のネタバレ

サンタクロースとの戦いは終わったものの、闇の悪魔の恐怖の記憶が染みついたままのパワー。

夜中も叫びまわってデンジは寝られなかったようです。

早川は闇の悪魔によって両腕を奪われたものの、片腕だけくっつけることが出来ました。

しかし同じく両腕を失った天使の悪魔は腕が一本もくっつかず、暴力の悪魔やビームは死んでしまい、コベニは退職届を出しました。

その時、大人しく眠っていたパワーが再び叫び出しました。

口元を押えながら涙目で叫ぶパワーを、デンジは取り押さえて落ち着かせようとします。

するとパワーは口の中に何かいると叫びました。

デンジはパワーの口の中を覗いて確認しますが、何もいませんでした。

しかしパワーはデンジを嘘つき呼ばわりしながら、闇の悪魔が自分のことを見ている、地獄に帰るまで自分のことをみてるとデンジにしがみつきます。

デンジはパワーにご飯を食べようと提案しますが、野菜は毒だといって吐き出してしまいます。

すると早川がマキマさんは強いな、こんなことの後でも旅行に行くらしいと話します。

それを聞いたデンジは、マキマとの会話を思い出しました。

 

それはまだ早川が入院しているときのこと。

お見舞いに行ったのかとマキマに聞かれたデンジは、さっき病院に行って、早川が病院食はいらないと言ってたから食べてきたと話します。

首切られた次の日にご飯を食べられてすごいと感心するマキマに、飯食わなきゃ死にますよというデンジ。

するとマキマはデンジの口元についたご飯粒を取り、それを食べました。

そんなマキマを顔を赤らめながら見つめるデンジ。

そしてマキマは旅行に二人だけでも行っちゃおうかと、デンジを誘いました。

デンジは嬉しそうに、超行きます!!と即答。

しかしパワーが家で一人でいられなくなっており、自分がいないとダメになっていることを思い出すデンジ。

公安の施設に預ければいいとマキマに言われますが、デンジは結局旅行に行きませんでした。

 

その理由を早川に問われたデンジは「知らねぇ」と答えました。

その日一日、デンジは家事をこなしながら、闇の悪魔に怯えて一人になることを怖がるパワーのために、トイレについていったり、一緒にお風呂に入ったりしました。

お風呂に入っている間、2人で湯船につかりながら至近距離で見つめ合いますが、デンジは不思議と全くエッチな感じはしないといいます。

そして改めてマキマさんと旅行に行きたかったと叫ぶデンジ。

 

その後、お風呂から上がり、寝る時間になりました。

早川は3時間ごとに交代で眠るため、パワーが暴れ出したら俺を呼べとデンジに話します。

そしてデンジとパワーは一緒のベッドで眠り始めました。

しかしパワーは突然涙目で「ワシを嫌いにならんでくれええ・・・」とデンジに言いました。

パワーは自分のせいでデンジが旅行に行けなかったことを気にしているようです。

お詫びに特別に自分の血を飲んでもいいというパワー。

しかしいらないとデンジが断ると、パワーはじゃあ自分のことを嫌いになるのかと泣き叫び始めました。

そのためデンジは仕方なく血を飲むことにしました。

 

エッチなことは相手を知れば知るほど気持ちよくなると、デンジはマキマから聞いていました。

しかしパワーのことはとても知っているはずなのに、全くエッチな気持ちにはなりませんでした。

多分なんでもかんでも知ればいいってもんじゃないんだと考えるデンジ。

今回自分のことを殺しに来た者たちも、事情を知ってどんな人間か分かってきてたら、死んだときに嫌な気持ちになってしまってたんだろうとデンジは思いました。

そのため知らなくちゃいけない部分と、バカになった方がいい部分があると感じました。

 

そして眠り始めたデンジは夢の中で、あの謎の扉の前に立っていました。

しかし知らなくていいと感じ、扉を開けないことを選択するのでした。

チェンソーマン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、チェンソーマン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
チェンソーマン最新話を読む

チェンソーマンの漫画コミックを全巻無料で読む方法の調査結果!大人気のマンガ「チェンソーマン」の漫画コミックを全巻無料で読む方法を調査しましたので結果をお伝えします!...

チェンソーマン【第71話】お風呂の感想

デンジはあんなに行きたがっていた旅行に行けなくて、少し気の毒でしたが、何だかんだパワーを見捨てなかったところは優しいなと思いました。

それにしても暴力の悪魔とビームがひっそりと死んでしまっていたのが、残念ですね。

これからどんな展開になるのかとても気になります。

次回のチェンソーマン【第72話】が掲載される週刊少年ジャンプ27号は6月8日に発売されます。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍