漫画ネタバレ

ニノ国~光の後継者と猫の王子【第9話】ネタバレと感想!

別冊少年マガジン1月号(2019年12月9日発売)「ニノ国~光の後継者と猫の王子」

第9話を読みましたので、ネタバレと感想を書きました。

二ノ国 光の後継者と猫の王子を無料で読む方法!【完結作品】

二ノ国 光の後継者と猫の王子を無料で読む方法!【完結作品】全2巻で完結した「二ノ国 光の後継者と猫の王子」を無料で読む方法まとめました。 ↓↓「二ノ国 光の後継者と猫の王子」の最終回ネタバ...

二ノ国~光の後継者と猫の王子 第9話 ネタバレ!

バーマンの回想から物語は始まります。

バーマンの真の狙いは、ゴロネールを魔法の国として威信を取り戻させることでした。

そしてバーマンが陰の立役者として王国を支えていく姿を夢に思い描くバーマンにとって

魔法を使えない現国王のロッソは理想とは程遠い姿だったのです。

代わりに魔法が使える王を王座に据えるため、バーマンはシャムの復活をもくろみます。

ババナシアの秘法で蘇らせるため、シャムの遺体を秘かに持ち出し、ババナシアに向かう

のでした。

シャムの遺体がないことに気付いたロッソは驚愕します。

ロッソも周囲の者も事態を把握できない中、ロッソお付きのチートーだけが

バーマンの仕業では?と申し出ました。

バーマンの言動に疑いをもっていたチートーは、秘かに彼の様子を探っていたのです。

博士は昨夜のうちに馬車で出国したことをロッソに伝えます。

しかしバーマンの愛国心と熱意を信じているロッソは、そんはなずはない、疑うことさえ

しませんでした。

チートーはバーマン博士がシャムの遺体を持ち出したのでは?とロッソに伝えますが、

彼は信じようとしません。

そこでバーマンの馬車に秘かにつけた追跡信号を見せ、彼がババナシアに向かっていること

をロッソに伝えます。

バーマン博士は復活の灰でシャムを蘇らせるつもりなのでは?と申告しますが、ロッソは

ありえない、国のために命さえ投げ出そうとする男がそんなことをするはずがない、と

笑って否定するのでした。

否定されてもチートーは怯みません。

万が一に備えてバーマンを追い、破魔の勇者も連れて、シャムの復活を阻止しましょう!

と願い出ます。

破魔の勇者(佑)のことを持ち出されたロッソは、逆上し、必要ない!と怒鳴ります。

けれどわずかに疑念をもったようで、ロッソはひとりでバーマンを追うといい、供もつけず

ひとりで旅立ってしまいました。

その頃、佑は閉じ込められた牢から必死に脱走を試みていました。

唯一の窓によじ登り脱出しようとしますが、うまくいきません。

昨夜、バーマンの野望を聞いていた佑は、なんとしても阻止しなくてはと焦っています。

佑の願いはシャムの遺体を蘇らせることで翼を生き返らせることですが、だからといって

ゴロネールの民を再び苦しめるつもりはないのです。

脱出を試みながら、ロッソのことを考える佑です。

ロッソが頑なに周囲を信じないのは、バーマンのように自分を利用することしか考えてない

奴らが側にいたからだと気付いていました。

どれだけ努力して剣が上達しても、生まれつき魔法を使えないために、王の後継者として

認めてもらえない歯がゆさ。

佑は両親が死んで苦労はしていても、幼い翼がいたことで孤独にはなりませんでした。

しかしロッソは魔法の国でただひとり、孤独に苛まれていたのだろうと、と彼の胸中を

思います。

オレは庶民だし、王様の気持ちなんてわかるはずもない、でも失う辛さはよくわかる。

王であることがロッソの心の拠り所ならオレは── 佑は必死にあがいていました。

ババナシアに到着したバーマンは、ミヤコ女王に謁見します。

にこやかに対応するミヤコでしたが、バーマンひとりでシャムの遺体を持ってきたことに

疑いをもっていました。

我が王は後程勇者と共に参ります、とバーマンはいいますが、ロッソがそんなことを

するはずがないことをミヤコはよく知っていたからです。

そこでソマリに小声でゴロネールの様子を伺ってくるように命じます。

時間がないことを心配するソマリに、ババナシアには瞬間移動(テレポート)があるから

心配しなくていいと伝えるのでした。

先々代の女王のところに行ったソマリは、テレポートを使いこなす特別な石のペンダントを

授けられます。

それはババナシアの者にしか使えない技であり、一度訪れた場所なら着地点を思い描けば

テレポートできると教えられます。

石のペンダントを使って、なんとかゴロネールに入り込んだソマリでしたが、その姿を

チートーに見られてしまうのでした。

場面は代わり、ロッソはラクダのような乗り物でババナシアに向かっていました。

バーマンが国のためなら死んでもかまいません、王の命に比べれば安いものです

と土下座した思い浮かべていました。

ロッソはまだバーマンのことを信じていたのです。

しかし玉間にいたのは、ミヤコ女王とバーマンでした。

ここで何をしている、シャムの遺体を焼くはずでは?とバーマンに問いただします。

観念した様子のバーマンは、これもゴロネールのためなのです、と平然と答えます。

裏切られていたことに気付いたロッソは逆上し、彼の首を絞め、王は俺だ!と叫びます。

その頃、佑はチートーの手引きによってテマリに牢から助け出されようとしていました。

バーマンに疑念をもつチートーは、ロッソを救うため、テマリと佑に協力を求めることに

したのです。

テレポートの力を用いて、佑、テマリ、チートーの3人は瞬間移動を開始します。

ババナシアの玉間では、怒りに我を忘れたロッソがバーマンをめった打ちにしています。

魔力があるものが王になるべきなのだ!と叫ぶバーマンに、ロッソはどうしても許す

ことができません。

ミヤコはロッソを止めようとしますが、もはや誰も信じられないロッソは、拒絶します。

ミヤコは私はあなたと共に生きたいの、と涙ながらに訴えます。

聞く耳をもたないロッソは、バーマンに止めを刺そうしました。

その瞬間、飛び込んできたのは佑でした。

自分を助けてくれたと思い込んだバーマンは、佑が王になってくれるのですね?と

叫びます。

佑を逃がしたのはチートーであることに気付いたロッソは、もはや誰も信じられないと

怒りにふるえます。

俺を殺すために、全員で計画していたんだな?と思い込んだロッソは、皆殺しを宣言。

ひとりでも王になってやる!と叫びます。

佑はただひとり、ロッソの前に立ちふさがりました。

二ノ国 光の後継者と猫の王子を無料で読む方法!【完結作品】

二ノ国 光の後継者と猫の王子を無料で読む方法!【完結作品】全2巻で完結した「二ノ国 光の後継者と猫の王子」を無料で読む方法まとめました。 ↓↓「二ノ国 光の後継者と猫の王子」の最終回ネタバ...

ニノ国~光の後継者と猫の王子 第9話 感想!

信じていたバーマン博士にさえ裏切られていたことに気付いてしまったロッソは、

もはや誰も信じられなくなってしまいましたね。

彼が佑にしたことは許されることではないですが、孤独に苛まれていた辛さは理解できる

気がしますね。

闇落ちしてしまったロッソを、佑は止めることができるのでしょうか?

次回、最終回です!

「ニノ国~光の後継者と猫の王子」最終話は、2020年1月9日(別冊少年マガジン2月号)

発売です

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍