週刊少年マガジン

ヒットマン【第80話】アニメ側と原作側のネタバレ!菊池VS奈佳!

2020年2月12日発売、週刊少年マガジン11号のヒットマン【第80話】アニメ側と原作側のネタバレや感想をまとめました。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

【前回のあらすじ】

奈佳のアニメ作品で勃発したキャラデザ問題。

リアリティを求める奈佳と売れ筋を狙う監督で意見が分かれ、龍之介は間に挟まれてしまいました。

ヒットマン【第80話】アニメ側と原作側のネタバレ

監督の曾澤と原作者の奈佳の間に挟まれた龍之介は夏目に相談を持ち掛けました。

龍之介は島風の言うことも監督の言うことも正しい気がすると話し、何が正解なのか分からないと言います。

すると夏目は我々は神様ではなく、ただの編集だと話し始めます。

全ての人の理想を叶えることができないのであれば、今自分に出来ることをすればいいのではないかという夏目。

君たちの仕事はなんですか?と問いかける夏目に、龍之介は何かを決心したように、やっぱりそうですよねとつぶやきました。

 

その後、龍之介と怜奈はアニメ監督の曾澤とアニメーターの菊池と再び対面しました。

曾澤は島風先生はこちらが提案したキャラデザで納得してくれたかい?と尋ねますが、伝えていないと言う龍之介。

龍之介は監督の仰ることはよくわかりますと言いつつも、自分たちの仕事は出来る限り作家の理想を叶えることだと話します。

勝手なことを言っているのは重々承知しているものの、それでも原作者が嫌だと言ってるため、先生の願いを聞き入れてあげてほしいと懇願し、龍之介と怜奈は頭を下げました。

すると曾澤は、何か勘違いしているんじゃないのか?と言います。

自分たちは奈佳のファンでもなければ、彼女のアニメをつくるわけでもなく、仕事だからやっているという曾澤。

龍之介たちが作家のために頑張るのは結構だけど、自分はアニメファンのため、そしてここにいる社員を食わせていくために売れるものを作らなくちゃならないと話します。

そのためには声優のキャスティング然り、キャラクターのデザイン然り、作家の希望に全て応えることは不可能だと曾澤は言い放ちました。

すると怜奈は自分は奈佳の担当になる何年も前から、彼女の作品が大好きだったと口を開きます。

ずっとアニメ化を心待ちにしていて、その願いがやっと叶ったという怜奈。

そのため曾澤がアニメファンのためだと言うなら、それは自分たち作品のファンのためでもあるはずだと主張し、今流行りの絵ではなくちゃんと島風奈佳の絵でみせてほしいと訴えます。

そんな怜奈の言葉に、曾澤はいい加減にしてくれとイラ立ち、なぜ君の意見がファンの総意だと言い切れるのかと声を荒げます。

怜奈一人の好みかもしれないと言う曾澤に、誰に聞いてもそう答えるはずだと言い返す怜奈。

そんな不確かな理由でキャラデザの変更なんて、出来るわけないだろ!!と曾澤は怒ります。

すると龍之介は、菊池のデザインの方が確実に成功するという根拠が曾澤にあるのかと聞き返しました。

曾澤は菊池がここ最近の当たったアニメ全てに関わっており、アニメ界の第一線で活躍する人気絵師だと話しますが、次もそうだとは限らないと言う龍之介。

押し問答が繰り広げられる中、菊池がもういいですと口を開きました。

これ以上気を遣われるのも、少々心苦しいと言う菊池。

菊池は今回キャラデザの他に原画と作画監督も兼任していると言います。

つまり作品のクオリティを左右する重要な役割。

そのため菊池は恐らく曾澤が、自分が奈佳にキャラデザを赤ペン修正されたことに腹を立てていると考えているのではないかと推測します。

ましてやそれを受け入れてしまえば、菊池のやる気や作品の出来やチームの士気にも悪影響が出ると考えて、曾澤が気を遣っているのではないかという菊池。

そんな菊池の話を聞いた怜奈は、赤ペン修正に怒っているのかと恐る恐る尋ねました。

すると菊池は怒ってませんと答えますが、凄まじい威圧感を放っており、明らかに怒っていました。

19,20歳の小娘に”人間の骨格はこう書くんです”などと教わったのは初めてだと、眉間にしわを寄せる菊池。

しかし、あんなデタラメな修正通りではなく、ちゃんとアニメ映えする本当の骨格と筋肉に直してあげますよ、と話します。

そして菊池は時間もないので失礼します、といって立ち上がりました。

 

菊池が立ち去った後、龍之介はずいぶん失礼なことを言ってすみませんでしたと曾澤に謝ります。

曾澤は菊池が勝手にそう思っただけで、自分は本当に前のキャラデザの方が成功すると信じていたと話します。

売り言葉に買い言葉でデザインを変えて大丈夫かと心配する怜奈。

曾澤は分からないと言いますが、先ほど長いこと一緒に仕事をしてきて菊池の笑顔を初めて見たと言います。

それが災いではなく、幸運の兆しだと願うしかないと曾澤は話すのでした。

ヒットマン【第80話】アニメ側と原作側の感想

菊池はプライドを傷つけられたようですが、逆に闘志に火が付いたように見えるので良い相乗効果が生まれそうな気がします。

奈佳の作品がどんなアニメに仕上がるのか楽しみですね!

次回のヒットマン【第81話】が掲載される週刊少年マガジン12号は2月19日に発売されます。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む