週刊少年マガジン

ヒットマン【第81話】バックバンド!のネタバレ!ついに翼のアニメにHEDGEHOGSが参戦決定!?

2020年2月19日発売、週刊少年マガジン12号のヒットマン【第81話】バックバンド!のネタバレや感想をまとめました。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

【前回のあらすじ】

アニメ側と原作側で作品を良くするために勃発したキャラデザ問題でしたが、キャラクターデザインを務める菊池が奈佳の意向を受け入れつつアニメ映えする方向に修正することで落ち着きました。

ヒットマン【第81話】バックバンド!のネタバレ

龍之介と怜奈は菊池が修正したデザインを奈佳に見せました。

すると奈佳は自分の修正と全然違うと怪訝そうな顔をします。

そして一つ頼んでほしいことがあるという奈佳に龍之介は、まだ何かあるのか?と考え、複雑な表情をみせます。

しかし奈佳は、この絵を漫画で真似して描いていいか聞いてきてほしいと話しました。

 

それを龍之介から聞いた立石は、作家の注文以上のクオリティで返してくるとはさすが一流のアニメーターだと感心します。

「おかげで進行が遅れた」と菊池は嫌味を言ったようですが、どこか嬉しそうだったと話す龍之介。

そんなやり取りをしながら、龍之介たちが訪れたのは若葉がボイトレを行うスタジオでした。

スタジオに入った瞬間、目に入った若葉は何か雰囲気が変わったような気がすると龍之介は感じます。

しかし若葉は龍之介の顔を見るなり、涙目になり「小雪さんが・・・小雪さんがァ!!」と言いながら泣きついてきました。

そんなにボイトレ厳しいのか!?と聞く龍之介に、違うんですぅ!!という若葉。

そこへ小雪がやってきて若葉に、何着か服を持ってきたから着替えてみようと話し始めます。

若葉はレッスンは制服でやりたいと拒否しますが、ステージに立つには見栄えも気にしなきゃダメだと言う小雪。

そんな2人のやり取りに唖然とする龍之介の元に、西辺があの子気に入られたみたいだなと言いながらやってきました。

どうやら小雪は一人っ子のため、妹が出来たみたいだと喜んでいるようです。

他のメンバーも用もないのにわざわざアドバイスにきたりして、若葉は大人気なのだとか。

そんな中、立石が楽曲の件ありがとうございましたと西辺にお礼を言います。

実は立石は西辺にオープニングの作曲とアレンジをお願いしたようです。

西辺はHEDGEHOGSのデビュー曲を作っており、期待していると言う立石。

今の西辺はほぼ無名のため、もっと売れっ子作曲家に頼んでくれといったようですが、立石はきかなかったのだとか。

立石はこのアニメはそこらへんに溢れかえっている凡庸な作品にはしたくないので、伸るか反るかの大博打でオンリーワンを目指したいと言います。

そんな立石の言葉に、勝負師が目を覚ましちまったという玉木の言葉を思い出す龍之介。

ここで龍之介は肝心の若葉の歌唱力はどうなったのかと西辺に聞きました。

すると西辺は本人に聞いてみな、といいます。

龍之介は本人に聞いてみましたが、自分では分からないと言う若葉。

もう来週はレコーディングとMV撮影だぞ?と心配する龍之介に、HEDGEHOGSのメンバーは時間ない割には結構上達したと思うと言います。

その上、小雪は勝手にハモリを入れたり、バンドのメンバーはバックバンドを入れたりしているらしく、これだけ一緒にやっているとグルーヴ感が出てきたと話します。

もう若葉ちゃんは俺たちのメンバーみたいな気がすると言うメンバーの言葉に、恐れ多いでございます!!と恐縮する若葉。

そのやり取りを見ていた龍之介は、そんなに息があっているなら、一緒にやることはできないんですか?と尋ねました。

しかし龍之介の言葉に一同は静まり返り、バンドのメンバーは下を向きました。

すると小雪は謝りながら、出来ることならそうしたいけど、自分たちには無理だと言います。

立石はもう製作委員会には古鷹麻由の所属するレコード会社が入っており、若葉もそこからデビューすることが決まっているため、会社が違うHEDGEHOGSと仕事をするわけにはいかないんだと説明します。

いい加減諦めろと言う立石に、龍之介は残念そうな顔をしながら「・・・ハイ」と返しました。

 

その後、編集部に戻った龍之介はウィキペディアでHEDGEHOGSについて調べました。

若葉とHEDGEHOGSのレコード会社が違うことを確かめ、大人の世界は厳しいなとつぶやく龍之介。

そんな中、「氷無小雪の加入により活動を再開する」という一文が目に入ります。

それを見た龍之介は小雪について調べてみました。

そこで「20XX年をもって芸能界を引退するが、その後同レーベル・・・」という文章を読み、驚いたような表情をする龍之介。

そして龍之介は立石の元に向かいました。

 

その後、フリフリの衣装を着た若葉とウサギの覆面をしたHEDGEHOGSのメンバーがステージに立っていました。

立石はその様子を見つめながら、確かにこれならギリギリグレーゾーンだと話し、龍之介は自分も驚いたと言います。

実は小雪がアイドルを引退した後、HEDGEHOGSに加入する前に組んでいた「ラビッツ」というバンドが、若葉と同じレコード会社だったのです。

こうして覆面バンドとしてHEDGEHOGSが参戦することが決定したのでした。

ヒットマン【第81話】バックバンド!の感想

会って間もない若葉のために、世界的バンドがバックバンドで参加するなんて、ちょっと突拍子もない展開な気がしますが、それだけ若葉の人柄が良いということでしょうか?

何にしても奈佳の作品より、翼の作品の方が段々豪華になってきてますね。

どんな展開になるのか楽しみです!

次回のヒットマン【第82話】が掲載される週刊少年マガジン13号は2月26日に発売されます。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む