週刊少年マガジン

ランウェイで笑って140着目ネタバレ憑依(はい)るとはどう言う事か?

週刊少年マガジン連載中の「ランウェイで笑って」140着目;憑依(はい)る【猪ノ谷言葉著】を読んだので、感想とネタバレを書きます。

ランウェイで笑って最新話を無料で読む方法は?

ランウェイで笑って最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ランウェイで笑って最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓
今すぐU-NEXTに登録して
ランウェイで笑って最新話を読む

ちなみにU-NEXTではアニメ「ランウェイで笑って」も無料で視聴することができます!

ぜひこの機会にこちらから↓
今すぐU-NEXTに登録して
ランウェイで笑ってのアニメを見る

ランウェイで笑って140着目:憑依(はい)るネタバレ

突如ランウェイに現れたシャルロットですが、私服であるにもかかわらず、観客達は彼女の異様なオーラに目が離せなくなります。

ランウェイから戻ってくる千雪も、ランウェイ上に現れたシャルロットに気付きます。

テルミもその異様な雰囲気に、恐れにも似た表情で、ランウェイ上の彼女たちを見つめています。

影のように揺らめくオーラが、千雪の目には映ったようです。

シャルロットが歩き始めると、まるでパリの情景が浮かんでくるように、千雪には感じられました。

これが私の理想としてきた歩きだ、と、千雪はそう感じました。

まるで衣服にのりうつったような、衣服に憑依したようなウォーキングです。

衣服に憑依(はい)るウォーキング。

ただ歩くだけで、街の情景すら浮かんでくる、そんなウォーキング、それが千雪の目指した理想のウォーキングです。

シャルロットは平然と、本能のままにそれをやってのけています。

モニター越しにランウェイ上で起こっていることを見つめる都村育人も、感嘆の声を上げてしまうほどに、シャルロットは、まわりを取り込んで行きます。

役に入り込んでいるとかそういったものじゃ無い!別人だ!別世界だ!

都村育人はシャルロットのオーラに、ただならぬものを感じたようです。

それはテルミも同様で、彼もシャルロットの変貌に、ただ彼女の名前を呟くことしかできません。

会場のスタッフ達も、ただただ見守ることしか出来ません。

ランウェイ上では、千雪とシャルロットが対峙し、観客達が最高のボルテージで、熱い視線を二人に向けています。

歓声と、ライトの光、そして観客達の熱い視線が二人を取り囲みます。

その間にもショーは進んで行きます。

今日一番の歓声!これが世界一のモデル!都村育人はシャルロットの凄さに圧倒されてしまいます。

シャルロットはそんな感想もおかまいなし、ゆっくりと、優雅にランウェイを歩いて行きます。

歓声を上げ、ライトを振る観客にまじって、藤戸研二はシャルロットを見つめています。

過去のさまざまな情景を思い浮かべながら、さまざまな感情を込めてシャルロットを見つめる研二。

始めてシャルロットを見た時、自分の娘の千雪も負けていないと思ったことを、思い出し、その思いを再確認する研二です。

航はランウェイ上の彼女らを見て、何を思うのでしょうか。

複雑な表情を浮かべています。

千雪さんはきっと凄いモデルになる。都村育人が言った言葉が、研二の心をよぎります。

千雪からも、何か特別なオーラのようなものが発せられ、彼女を包んでいるようです。

綾野遠は、控え所で、都村育人の作ったバッグを発見します。

これが育人の作ったバッグか、と、バッグを手に取ってみます。

育人のバッグは多彩な変化をする、変わり種のバッグです。

変化のパターンは、ザッと見て7パターン。

綾野遠は一目で見抜きます。

どの変化形状でも安定感がある都村育人のバッグを見て、いつの間にここまでやってのけたのかと、驚きの感想を抱きます。

7種類も変形させるとなると、着脱箇所が多くて、普通はバランスが崩れてしまいます。

生地の何所にどれくらい力がかかるかを完璧に計算して維持しなければなりません。

少なくともぼくには出来ない、と、都村育人のパタンナーとしての能力を認める綾野遠です。

それ以上に、7種類の形のバランスを取り、安定を追求した結果として、美しいデザインに自然と昇華されていった、そして何よりもそのバッグを持った服をイメージさせられたことに、綾野遠は都村育人の能力を認めざるお得ないと、改めて気付かせられました。

綾野遠は、都村育人はパタンナーとして成長し、作り方の追求から新しい形を生み出す域に達している、と評価します。

それは完璧に、デザイナーの世界の住人だと、綾野遠は都村育人の能力を認めます。

綾野遠は、自分の服が育人のバッグを持って出ていることに気が付き、もし自分の服のコンセプトを崩さずに、バッグを合わされていたら!と、戦慄せずには居られないません。

藤戸千雪とシャルロット、綾野遠と都村育人の戦いが白熱していきます。

ランウェイで笑って最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ランウェイで笑って最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓
今すぐU-NEXTに登録して
ランウェイで笑って最新話を読む

ちなみにU-NEXTではアニメ「ランウェイで笑って」も無料で視聴することができます!

ぜひこの機会にこちらから↓
今すぐU-NEXTに登録して
ランウェイで笑ってのアニメを見る

ランウェイで笑って140着目:憑依(はい)る感想

モデル同士のバトルは続いていて、これはこれで楽しみなのですが、今回は綾野遠と都村育人の戦いに、重心が傾いています。

育人のバッグを見た綾野遠が、都村育人の実力を、驚異的な進歩を認め始めました。

パタンナーとしてだけじゃ無く、デザイナーとしても、都村育人には一目置いてみるようになったようです。

ライバルとして見てくれているのでしょうか。

育人自身はそんなことはおかまいなしに、ステージ上のモデル同士の戦いにくぎ付けです。

この鈍感さが、育人の良いところで有り、まわりを騒がしくさせる要因なのですが、育人自体はぜんぜん気にしていないようで、マイペースなのがちょっと不安です。

これから綾野がどういう風に育人に接して行くのか、モーツァルトとサリエリのようになってしまうのか、二人の行く末には今後も目が離せない所です。