漫画ネタバレ

僕のヒーローアカデミア【第247話】語れ!現状!のネタバレ!デクたちの決意とは?

2019年10月21日発売、週刊少年ジャンプ47号の僕のヒーローアカデミア【第247話】語れ!現状!のネタバレや感想をまとめました。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法は?

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む

【前回のあらすじ】

死柄木は4か月後の作戦のために、新たな力を手に入れようとしていました。

そんな中、ヴィラン連合の作戦をホークスの暗号によって知ったエンデヴァーは、戦力の保険であるインターン中のデク、轟、爆轟の3人の面倒を見ることになりました。

僕のヒーローアカデミア【第247話】語れ!現状!のネタバレ

デク、轟、爆轟に、俺がお前たちを育ててやるというエンデヴァー。

エンデヴァーは今抱えている課題や出来るようになりたいことを言えとデクと爆豪に問います。

まずデクは、力をコントロールして最大のパフォーマンスで動けるようにしたいと話しました。

自壊するほどの超パワーですが、壊れないように制御する方法を見つけたというデク。

しかし、ここにきて違う形で発現するようになったとデクがいうと、エンデヴァーが見せろと言います。

デクは言われた通り、手から個性を発現させますが、黒くて細い煙がピョロと発生して消えていきました。

これが集中した上で許容出力ギリギリの、今扱える範囲だというデク。

出力がブレると暴れ出て暴走してしまうというデクに、最大のパフォーマンスとは?これをどうしたい?とエンデヴァーが聞きます。

デクは本来ムチのように撓る力なので、この力を”リスク”じゃなく”武器”にしたいと言います。

今考えているのは新技「エアフォース」の要領を取り入れることはできないかということ。

そのエアフォースというのは、風圧での遠距離攻撃で今の体の許容上限を超えた出力を必要とする技だと言います。

そして長々と説明を始めるデクですが、長くて何言ってんのか分かんない!というバーニン。

しかしエンデヴァーは、活動中常に綱渡りである個性の調整が出来るようになりたいというデクの話を簡潔にまとめてみせました。

パワーだけで言えばオールマイトに匹敵する”個性”。

難儀な”個性”を抱えたな、君もこちら側の人間だったかというエンデヴァー。

次にエンデヴァーは爆轟に貴様は?と問いかけ、爆轟は何ができないのか知りに来たと言います。

爆轟の「爆破」はやりたいと思ったことが何でもでき、一つしか持っていなくても一番強くなれると話します。

それにもうただ強いだけでは、強い奴にはなれないことも知ったという爆轟。

No.1を超えるために足りないものを見つけに来たという爆轟にエンデヴァーは何かを感じつつ、いいだろうと言います。

そしてエンデヴァーが話を切り上げようとしたとき、轟が俺もいいかと名乗り出ました。

ショートは赫灼の修得だろう!というエンデヴァー。

轟は子供の頃エンデヴァーに叩き込まれた”個性”の使い方を、右側で実践してきたと話し始めます。

振り返ってみれば、しょうもないエンデヴァーへの嫌がらせで頭がいっぱいだったけど、雄英に入ってみんなと過ごして競う中で目が覚めたという轟。

「学生のうちは通用したとしてもすぐに限界がくる」「卒業後は俺の元へ来い」「俺が覇道を歩ませてやる」とエンデヴァーに言われた通り、結局俺はお前の思い通りに動いてると轟は言います。

けど覚えとけ。俺が憧れたのはお母さんと2人で観たテレビの中のあの人だ。

俺はヒーローのヒヨッ子としてヒーローに足る人間になるために、俺の意志でここに来た。

俺がお前を利用しに来たんだ。

都合よくてわりぃなNo.1。友達の前でああいう親子面はやめてくれ。

そんな轟の思いを聞いたエンデヴァーは、自ら来てくれたことでいくらかでも心を開いてくれたと愚かな勘違いしていたと気づきます。

そしてエンデヴァーは、ヒーローとしてお前たちを見ると告げました。

 

その後、エンデヴァーはデク、轟、爆轟を連れて街へと出ました。

救助、避難、撃退がヒーローに求められる基本三項。

通常”救助”か”撃退”のどちらかに基本方針を定めて事務所を構えますが、エンデヴァーはどちらでもなく三項すべてをこなす方針だと言います。

管轄の街を知り尽くして僅かな異音も逃さず、誰よりも早く現場へ駆けつけ、被害が拡大しないよう、市民がいれば熱で遠ざけるというエンデヴァー。

並列思考、迅速に動く、それを常態化させる、これが基礎中の基礎です。

さらに何を積み重ねるかだとエンデヴァーは話します。

雄英で「努力」を、そしてここでは「経験」を。

山のごとく積み上げれば、デクたち3人の課題は経験で克服できるというエンデヴァー。

この冬の間に一回でも俺より速く、ヴィランを退治して見せろと話すのでした。

僕のヒーローアカデミア【第247話】語れ!現状!の感想

今回は3人が自分の課題や目標を話しました。

エンデヴァーの下で成長するデクたちの姿が楽しみですね!

次回の僕のヒーローアカデミア【第248話】が掲載される週刊少年ジャンプ48号は10月28日に発売されます。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍