週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア【第248話】一つ一つのネタバレ!エンデヴァーのインターンがスタート!

2019年10月28日発売、週刊少年ジャンプ48号の僕のヒーローアカデミア【第248話】一つ一つのネタバレや感想をまとめました。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法は?

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む

【前回のあらすじ】

エンデヴァーの元でインターンを行うことになったデク、轟、爆轟。3人の課題や目標を話し、インターンがスタートしました。

僕のヒーローアカデミア【第248話】一つ一つのネタバレ

デクは焦りがなかったわけではありませんでした。

14歳で”個性”を授かり、みんなが「この手足でどこへ行こう」と考えているとき、デクは手足の動かし方を学んでいたのです。

そしてワン・フォー・オールの制御「フルカウル」を習得して、無意識下で使えるように体に覚えさせました。

早く身に付け、備えなきゃと考えるデク。

 

デクたちはバイクで逃げる当て逃げ犯を追うエンデヴァーを追いかけます。

エンデヴァーは当て逃げ犯を捕まえると、後から到着した爆轟と轟に一足遅かったなと言います。

冬はギア上げるのに時間かかんだよ!とイラ立つ爆轟。

そんな爆轟に、気づいてるか?と轟が聞きます。

エンデヴァーはダッシュのたびに足から炎を噴射しており、九州でやっていた「ジェットバーン」を圧縮して促進力にしているという轟。

同じ”個性”を持つ身だからこそ、あれほどの熱量まで持っていく速度とそれをコントロールする繊細さを理解していました。

しかし爆轟はそれを自分の爆破のパクリだ、今気づいたんかと言います。

そんな爆轟の言葉に、「ああ全く遠回りをした」とほほ笑みながら汗をぬぐう轟。

その後エンデヴァーはあっちは大通りだと言いながら、飛んでいきます。

再びその後ろを追いかけるデクたち。

エンデヴァーは先の九州ではホークスに役割分担してもらっていましたが、本来ヒーローとは一人で何でもできる存在でなければならないと言います。

エンデヴァーのすぐ横をついていく爆轟。

そんな爆轟にエンデヴァーは、確かにルーキーとしては良い移動速度で申し分ないが今まさに俺を追い越すことができないと知ったわけだと話します。

冬は準備が!と言い返す爆豪に、間に合わなくても同じ言い訳をするのか?というエンデヴァー。

「ここは授業の場ではない。間に合わなければ落ちるのは成績じゃない。人の命だ」

そう言いながらエンデヴァーは横断歩道を渡る人々に、突進してきたトラックを片手で止めました。

そして轟と爆豪に同じ課題を与えるというエンデヴァー。

何で毎度こいつとセットなんだと文句を言う爆豪ですが、轟はそれが赫灼の習得につながるんだなと言います。

エンデヴァーは最大出力を瞬時に引き出すこと、力を点で放出すること、まずはどちらか一つを無意識で行えるようになるまで反復しろと2人に課題を与えました。

轟はどちらも途上のため、まずは点での放出。

氷の形状をコントロール出来ていたため、あのイメージを炎で実践してみろと指示します。

さらにデクは瞬時の引き上げが出来ている状態ですが、それを意識せずとも行えるか?と聞くエンデヴァー。

そんなエンデヴァーの問いに、フルカウルはできるけど、エアフォースはまだ使う意識が・・・とデクは答えました。

するとエンデヴァーは、まずはエアフォースとやらを無意識にできるようにして、”副次的な方”は一旦忘れろと言います。

並列に考えるんじゃなかったのかと聞くデク。

エンデヴァーは、そもそも誰しもが日常的に並列に物事を無意識下で処理していると言います。

あくびをしながら車の運転をしている男も初めから運転出来たわけではなく、ハンドル操作・アクセル・ブレーキ・前方の確認、一つ一つ段階を踏み、それらを無意識で行えるように教習されています。

まずは無意識下で二つのことをやれるように。

それが終わればまた一つ増やしていく。

どれ程強く激しい力であろうと、礎となるのは地道な積み重ねなのです。

例外もいますが、そうでない者は積み重ねるしかありません。

少なくとも自分はこのやり方しか知らないというエンデヴァー。

同じ反復でも学校と現場とでは経験値が全く違ったものになります。

エンデヴァーは学校で培ったものを、この最高の環境で体に馴染ませろと話しました。

 

約一年前、デクはオールマイトからあまりに多くものを授かりました。

雄英に入学してたくさんの経験をしてきました。

目まぐるしいスピードに翻弄されそうになるけど、僕の出せる最大速度は一つ一つ!とこぶしを握るデク。

 

エンデヴァーは安心して失敗しろといいます。

「貴様ら3人如きの成否、このエンデヴァーの仕事に何ら影響することはない!」

 

一週間後。

エンデヴァーの元に轟の姉から電話がかかってきました。

轟の姉は轟たちとエンデヴァーが仕事をしていると聞いて、今日よかったらみんな連れてきてよ!夕飯をご馳走するから!と話すのでした。

僕のヒーローアカデミア【第248話】一つ一つの感想

エンデヴァーの言葉は説得力があって重みがありますね。

次は轟の姉が登場してエンデヴァーやデクたちと食事会をするということで、楽しみですね!

次回の僕のヒーローアカデミア【第249話】が掲載されるのは週刊少年ジャンプ50号になります。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む