週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア【第262話】No.5のミルコさんのネタバレ!ミルコVSハイエンド4体!

2020年3月2日発売、週刊少年ジャンプ13号の僕のヒーローアカデミア【第262話】No.5のミルコさんのネタバレや感想をまとめました。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法は?

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む

【前回のあらすじ】

ミルコに追い詰められたドクターは、ハイエンド脳無を5体起動させました。

僕のヒーローアカデミア【第262話】No.5のミルコさんのネタバレ

狭い廊下で体を引きずりながら、クラストに迫ってくる1体のハイエンド。

この先にこのクラスのハイエンドが多数いるとなると、ミルコが危ないと危険を察知したクラストは、急いで目の前のハイエンドに攻撃を開始しました。

No.6ヒーローのクラストの”個性”は「盾」。

全身からシールドを生成できます。

シールドで攻撃をするクラストですが、ハイエンドはシールドを歯で破壊しました。

「哀れ。生ける屍よ!!」と目に涙をためるクラスト。

 

脳無は複数の”個性”を持てるよう改造された死体で、意思がなくプログラムされた行動しかとれません。

”個性”の所持数と改造強度によって下位・中位・上位に分けられ、上位は最低でも常人の10倍以上の筋力を持ちます。

そしてその上に位置する最上位(ハイエンド)は、上位以上の能力に加え、生前の性格が反映された高度な自立思考能力を持ちます。

そのためドクターは戦闘思考のヴィランを厳選してきました。

候補を用意するだけで、非常に労力がかかり、”個性”の人口移植には面倒な手術と何より定着までに三か月以上の月日を要します。

オール・フォー・ワンの力がなければハイエンドの量産は難しいため、現時点では辛うじてテスト起動に至っているウーマンちゃんたちを五体用意しました。

ドクターはさっきは置いていこうとしてごめんよう!と心の中で謝りつつ、頑張ってくれと祈ります。

ワープのジョンちゃんも二倍のモカちゃんも失った今、ドクターと死柄木はここから逃れる術を失いました。

そのためドクターには死柄木の完成を待つことしかできませんでした。

 

一方ミルコは耳を澄ませて、ドクターがパソコンを打つ音を聞き、奥の部屋で逃げずにとどまっていることを確認します。

動き出したミルコに、なぜ動ける?と疑問を浮かべるハイエンド。

するとミルコは「脚で衝撃を相殺したんだよ!」と言いながら、ジャンプしました。

No.5ヒーローのミルコの”個性”は「兎」。

兎っぽいことを兎以上にできます。

ミルコは地面に着地すると、ハイエンドを無視してドクターを狙いに行きました。

するとドクターから蹂躙せよと指令を受けているハイエンドは、すぐさまミルコに襲い掛かります。

2体同時に襲い掛かってきたハイエンドに、ミルコは足を広げて回転蹴りをするルナリングで対抗。

しかしハイエンドは攻撃を上手くズラし、深手を避けました。

ミルコは素早く動きながらハイエンドを攻撃していきますが、遠距離タイプのハイエンドが右手をひねると空間が歪んで、ミルコの左手がぐにゃりと曲がり、潰されてしまいました。

あまりの激痛に「痛ってえええ!!!」と叫ぶミルコ。

しかしミルコはお構いなしにそのまま、かかと落としで1体のハイエンドを攻撃しました。

臆さず飛び込んできたミルコに驚くハイエンド。

ミルコは、とっさに遠距離攻撃出す奴は近距離に弱いと決まっていると言いながら、遠距離タイプのハイエンドの頭を足で挟みます。

するとそのハイエンドは「死ヌぞ」と言いながら、目からビームを発射。

ミルコは「ああ!死ぬときゃ死ぬんだよ人間はぁ!!」と言いながら、身体をそらして攻撃を避けると、ハイエンドの頭を足で挟んだまま一回転して頭部をちぎりました。

さすがにハイエンドを無視してドクターを追うことはできないと気づいたミルコ。

頭をつぶして止まるなら、むしろそこらのヴィランよりよっぽど楽だと言います。

こちとらいつ死んでも後悔ないよう、毎日死ぬ気で息してる!ゾンビにヒーローミルコは殺れねぇぞ、とミルコはいうのでした。

 

一方、ホークスが潜入している群訝山荘では、近属友保がパソコンを片手に何やら大慌てで走っていました。

分倍河原!やりやがった!どこいった!?くそっ!!ああ最悪だ!!と叫ぶ近属。

近属はホークスをきちんと注視していました。

ホークスに変わった動きは少しもなかったので気づかなかった近属ですが、ようやく欺かれたと気づいたようです。

しかもそれは自分のせいではなく、トゥワイスのせいで。

ヒーローが来る!!と近属が叫んだ瞬間、建物に亀裂が入るのでした。

僕のヒーローアカデミア【第262話】No.5のミルコさんの感想

今回はミルコがかっこよかったですね。

しかし1体たおしたものの、残り3体を一人で相手するのはかなり厳しいと思います。

応援のヒーローが早く到着してくれることを願うばかりですね。

そして次はヴィランの本拠地でもヒーローの襲撃が始まりそうです。

どんどん盛り上がる展開になっていくので、次もどうなるか楽しみですね!

次回の僕のヒーローアカデミア【第263話】が掲載される週刊少年ジャンプ14号は3月9日に発売されます。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む