週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア【第265話】敵とヒーローのネタバレ!ホークスが大ピンチ!?

2020年3月23日発売、週刊少年ジャンプ17号の僕のヒーローアカデミア【第265話】敵とヒーローのネタバレや感想をまとめました。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法は?

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む

【前回のあらすじ】

敵のアジトに突撃を開始したヒーローたち。

その頃、ホークスが裏切っていたことを知ったトゥワイスは悲しみの中、ホークスと戦うことを決意するのでした。

僕のヒーローアカデミア【第265話】敵とヒーローのネタバレ

地下の巨大神殿には敵がたくさん集まっており、地上に上がる道は外にいくつかありますが、ヒーローが事前に潰していました。

残るは屋敷内に5か所ありますがセメントスの射程外のため、ファットガム、サンイーター、常闇の3人で道を塞ぐことになりました。

敵は何でこの通路がバレてるんだと動揺しながら戦っています。

そこへ来年度からファットガム事務所でサイドキックに内定しているサンイーターが現れ、ケンタウロスを使って敵を蹴散らしていきました。

悪いが少し大人しくしていてくれというサンイーター。

さらにファットガムと常闇が通路の出入り口付近に入っていきます。

いいんですね!?と聞く常闇に、ファットガムはこの長い通路一瞬で塞げる最強の力を見せてくれと答えました。

すると常闇はダークシャドウを出し、ラグナロクでダークシャドウを飛ばします。

ダークシャドウは通路を壊しながら、通路の奥に飛んでいきますが、その先にはリ・デストロがいました。

リ・デストロはお下がりくださいという部下の言葉を無視し、自分を「ストレス」で巨大化させてダークシャドウを受けとめます。

しかし壊れかけた柱が折れて建物が崩壊し、隠し通路は塞がれました。

すんごいな!と褒めるファットガム。

戻ってきたダークシャドウは下にヤバいのがいると震えており、常闇も「ラグナロクと張り合える奴がいるとは・・・」と驚いている様子。

しかしダークシャドウはそいつのことではなく、あれは化物だと言います。

その化物とはギガントマキアのことでした。

するとファットガムは、それは動かんらしいから気にするなと言います。

敵の大将の命令じゃないと動かないらしい、その大将は今休み中らしいというファットガム。

そしてファットガムは後衛まで戻るため、自分の腹に常闇を入れて走り出しました。

情報が繊細過ぎやしませんか!?と驚く常闇に、ホークスが調査でつかんだ情報らしいとファットガムは言います。

それを聞いた常闇はホークスの言葉を思い出していました。

後進育成をする気はないけど、弱点の近距離カバーに尽力するだけじゃなく、”得意”を伸ばすことも忘れない方がいいと言っていたホークス。

そんなホークスの言われた通りに得意を伸ばしたと、常闇は心の中で語り掛けます。

俺はもっと強いヒーローになるぞ。

師、今ここにいるなら、あなたにまた見てほしいな。

 

その頃、ホークスはトゥワイスと戦っていました。

トゥワイスの分身の精製速度は目を見張るものがあるが、倍々で増やしていくにつれ耐久力が低くなっている、同じ大雨覆で攻撃して溶けるものとそうでないものがあると分析するホークス。

トゥワイスの分身はホークスの無数の羽に攻撃され、あっという間に溶かされていきました。

ここまでやってきて絆されるようなミスはしないというホークス。

俺はあなたのことは好きでしたし、大人しく同行してくれれば、まだやりようはあったといいます。

しかしトゥワイスは、俺の仲間はこいつらだけだ!土足で入ってくるんじゃねぇ!!と怒りながら、仲間たちの分身を作ります。

ホークスはそれも一瞬で消し去りますが、無駄だ屑野郎が!!と叫びながら生身で突進してくるトゥワイス。

そんなトゥワイスにホークスは、高速化が進むヴィラン退治はなんでだと思いますかと問いかけます。

それは諦めない人間がヒーローにとって最も恐ろしいからだというホークス。

経験上、意志の堅い人間は気絶してくれないといいながら、トゥワイスの胸元を切りつけました。

さらにトゥワイスを押し倒し、目の前に武器を突きつけます。

どっちも諦めないから殺すしかなくなるというホークスに、お前らはヒーローじゃないと涙目でいうトゥワイス。

いつもそうだ、誰も彼も!あぶれた人間は切り捨てられる!

知らねぇだろ!トガちゃんなんか俺をハンカチで優しく包んでくれるんだ。

知ってんのかよ!?二度目だぜ?

俺またみんなを陥れた。

トガちゃんはもう俺を包んでくれないだろうな・・・。

トゥワイスはそう言いつつも、それでもいいと話します。

ただみんなの幸せを守るだけだ!と言いながら、分身して攻撃を仕掛けるトゥワイス。

ホークスは連中に伝えとくよと言いながら、トゥワイスにとどめを刺しにかかります。

しかし次の瞬間、突然ホークスは激しい炎に包まれました。

炎の正体は荼毘でした。

聞こえてるから伝えなくていいぜ!俺に気づいてなかったろ!?ミスってんじゃんかヒーロー!

荼毘はそう言いながら、黒焦げになったホークスを踏みつけるのでした。

僕のヒーローアカデミア【第265話】敵とヒーローの感想

トゥワイスにとどめを刺す寸前までいっていたホークスですが、突然の荼毘の登場によって形勢逆転してしまいました。

ホークスが一気にピンチになってしまいましたが、果たしてここからどうなってしまうのでしょうか。

次回の僕のヒーローアカデミア【第266話】が掲載される週刊少年ジャンプ18号は3月30日に発売されます。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む