週刊少年サンデー

名探偵コナン【第1048話】何故泣いている・・・のネタバレ!メアリーを毒殺しようとした犯人が明らかに!

2020年3月4日発売、週刊少年サンデー14号の名探偵コナン【第1048話】何故泣いている・・・のネタバレや感想をまとめました。

名探偵コナン最新話を無料で読む方法は?

名探偵コナン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、名探偵コナン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
名探偵コナン最新話を読む

【前回のあらすじ】

クラスメイトの誕生日パーティーに招待された蘭たち。

口内炎のコナンは薬を持参。そのピルケースの中に世良は青と白の薬を見つけます。

それは灰原にもらったアポトキシン4869の解毒薬の残りでした。誤魔化すコナンでしたが、世良はメアリーに電話で報告しました。

一方パーティーの最中、突然男が倒れました。

名探偵コナン【第1048話】何故泣いている・・・のネタバレ

バースデイパーティーの最中、花崎が突然倒れました。

彼はすでに亡くなっており、世良は誰もその場から動くなよ!!と指示しながら、警察を呼びます。

 

警察が到着して遺体を調べてみると、花崎が倒れる直前に食べていたケーキに、毒が盛られていたことが分かりました。

花崎の席のテーブルの下からは青酸系の毒が入った小瓶が見つかったとのこと。

さらに花崎のおでこには「天罰」という文字が書かれていました。

真っ暗な部屋でそれをどうやって書くのかと目暮警部は疑問を浮かべますが、高木刑事は被害者の眼鏡が光るパーティーグッズだったので、頭の位置が分かっていれば手探りで書けたと推測します。

文字はゆがんでいるため、利き手と逆の手で書いて筆跡を隠したようです。

しかし店内には40人近くいるため、この中から犯人を割り出すのは骨だという目暮警部。

するとコナンが容疑者は4人だと口を開きますが、口内炎で上手くしゃべれないので、世良が代わりに容疑者4人の根拠について代弁し始めました。

花崎の左側はプロジェクターやコナンたちの席もあるため通れず、右側の床は店員が暗闇でワインボトルを落として割ってしまったため、床がワインまみれとなっていますが、それを踏んで通った形跡がありません。

花崎の頭の先にある扉を抜ければ厨房に入れますが、料理人たちはプロジェクターの電源が切れてから明かりがつくまでの間、厨房から出た者は誰もいないと証言しています。

つまり犯人は花崎が毒のケーキを食べて倒れた後、誰も抜け出せない閉鎖された空間になっていて、花崎と面識のないコナンたちを除けば、その中にいたのは4人だけだったということ。

その4人とは、まず誕生パーティーの主役で花崎の左隣に座っていたモデルの関澤礼美。

礼美の左隣に座っていた、礼美の妹であり蘭たちのクラスメイトの関澤祐美。

さらに花崎の右隣に座っていた礼美のマネージャーの櫛山認。

そして蘭たちのテーブルのそばでケーキを切り分けて配っていた、この店のパティシエで礼美の同級生でもある初根継男。

この4人が被害者に毒を盛ることが出来る容疑者だという世良。

ということで一人ずつ、花崎との関係や花崎が毒で倒れた前後に何をやっていたのか、話を聞くことになりました。

 

まず礼美は花崎にヘアメイクをやってもらっていました。

既婚者にもかかわらず彼に何度か言い寄られたことがある礼美ですが、毎回ちゃんとお断りして、冗談半分に受け取っていたようです。

事件当時は光る眼鏡の感想を言った以外は花崎と接触はなく、ケーキを食べていたという礼美。

祐美は事件当時ケーキを食べた後、トイレに立とうとしたところで花崎が倒れたと言います。

マネージャーの櫛山は、花崎と仕事先でよく会っていたと話します。

花崎は人気のヘアメイクだったため、礼美を優先する代わりに彼女の好きな花や食べ物を教えたり、パーティーでも席を隣にするなど、様々な要求をされたとのこと。

さらに事件当時は電話がかかってきたので、ケーキを食べる前に席を立ったという櫛山。

電話中に花崎が倒れ明かりがついて警察がきたので、電話で立ってからは自分の席には戻っていないようです。

そして初根は花崎との面識は今日が初めてでした。

事件当時はケーキを切り分けていたら急に真っ暗になったため、誰かがぶつかって倒さないように、明るくなるまでケーキを載せたワゴンを押さえていたようです。

ここで初根は、持ち物検査をした方が早いんじゃないかと提案します。

犯人は花崎の額に文字を書いているので、今そのペンを持っている人が犯人だと言う初根。

初根はもちろん持っていないと言いますが、櫛山は礼美のサイン用に油性マーカーを一本入れていました。

しかしそれは書けなくなっており、予備の油性マーカーは祐美が持っています。

そのため疑いの目を向けられてしまった祐美は、人殺しなんてしてないと必死に訴えました。

 

その時、母のメアリーから世良のスマホに電話がかかってきました。

コナンの持っていた例の薬は手に入れられそうかと尋ねるメアリーに、毒殺事件が起きて今それどころじゃないから後で連絡すると言って電話を切る世良。

それを聞いたメアリーは、数か月前のことを思い出しました。

 

数か月前、ロンドンのヴォクスホールブリッジで、メアリーはかつての夫である赤井務武と待ち合わせました。

羽田浩司を殺した犯人は分からなかったという務武に、十数年も自分に連絡しなかったのはなぜかと聞くメアリー。

務武は奴らから逃げるときに頭に大けがを負って、長い間記憶喪失で街をさまよっていましたが、メアリーと偶然再会したおかげで、ようやく記憶が戻り、1年後にはMI6に復帰できると話します。

息子たちと一緒に来たのかと尋ねる務武に、娘と一緒に来たと答えるメアリー。

務武は「娘?」と聞き返し、メアリーは自分が抱き上げた娘のことはまだ忘れているのねと言います。

しかし娘のことを知っている口ぶりで話す務武の反応に、突然泣き出すメアリー。

次の瞬間、メアリーは務武の頭に銃を突きつけました。

実は務武と別れたとき、娘はまだ胎の中だったのです。

お前は誰だ!?と聞くメアリーに対し、後ろから黒ずくめの男たちが銃を突きつけます。

そして務武の変装を解いて現れたのは、メアリーを毒殺するためにやってきたベルモットでした。

名探偵コナン【第1048話】何故泣いている・・・の感想

今回の事件では個人的に礼美の同級生の初根が一番怪しいと思います。

ケーキを作った張本人ですし、ペンの話題を自分から持ち出したのは、すでに証拠となるペンを隠滅していて他の容疑者に矛先を向けられるからじゃないかと思いました。

とはいえまだ何も証拠がないので、全く犯人が分かりませんね。

メアリーの過去も明らかになってきましたし、ここからどんな展開になるのか楽しみです!

次回の名探偵コナン【第1049話】が掲載される週刊少年サンデー15号は3月11日に発売されます。

名探偵コナン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、名探偵コナン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
名探偵コナン最新話を読む