花とゆめ

呪い子の召使い【第1話】ネタバレ!!毒の呪い子アルベールと身体の丈夫な召使いレネ!!

花とゆめ7号(3月5日発売)に掲載の呪い子の召使い【第1話】を読みましたので、ネタバレ・感想をまとめてみました!

呪い子の召使い【第1話】ネタバレ!!毒の呪い子アルベールと身体の丈夫な召使いレネ!!

「呪い子」それは「呪い」という特異な力を持つ者の事

人ならざるその力は時に災いを招き人々から恐れられていた

暴れた馬が人を蹴り飛ばし、乗っている男性がレネ、しっかり押さえんかと怒りました。

モロに頭に…旦那こりゃ死にましたぜという言葉に、勝手に馬が暴れてと言う旦那を血みどろの女性が掴んで、馬のせいにするのはダメだと思いますと言い返しました。

馬が暴れたのは旦那様の手綱の握り方がと血を流しながら言うレネに、旦那さまは何で生きてんだ気持ち悪いと言い、クビだと言って馬車で去っていきました。

結局クビになってしまいましたという花も恥じらう求職中の17歳のレネの取柄は人より身体が丈夫なことで、それを活かせる職を求めて各地を回っていました。

おお求職中とは好都合と言い、男性がその生命力ちょうどお前のようなやつを探していたという言葉にレネの表情は明るくなりました。

お前にしかできない仕事があるんだと言って、ついてきたらまさかの王宮仕えだったとはと大喜びでさっきの男性のギョームさんに一生懸命頑張りますと宣言しました。

離れの塔が職場だと聞いたレネはガッカリしますが、お仕事いただけるだけありがたいと思って首を振りました。

ギョームさんはこの塔の番人で最低限の世話は自分がやっていたんだが、手が回らなくてと言い、お前に身の回りの世話を全部やってもらうと伝えました。

ノックをして入り、グロワール王国第一王子アルベール・アンリ・グロワール様の召使としてとレネに伝えました。

髪はぼさぼさ身なりもぼろぼろで、そんな方がなぜこんな所にと疑問に感じていると、召使いはいらない、そう言ったはずだギョームと言って王子さまはリンゴを掴みました。

俺は毒の呪いをもつ「呪い子」俺に触れるだけで死に至る呪いだと言っている間に、リンゴが腐っていきました。

驚いているレネにさらっと今まで3人の召使いが死んだとギョームさんは言い、アルベール様はレネにどうせお前もすぐに死ぬ、役立たずは帰れと伝えました。

なんて失礼な王子様と思い、ギョームさんに訴えようとしますが国の秘密を知ってやめるとは言わせませんよ、それに…と言うとレネのお腹の音が鳴りました。

リンゴを取り、こちらも生活がありますのでと前置きし、私の名は「レネ」役立たずかどうかは働きを見てから言ってくださいと伝えました。

手袋をもらったレネは一生懸命やらねばと思い、まずはあの身だしなみから…とアルベール様の部屋の塔の扉を開けようとしますがホウキで開かないようにしていました。

やることはお子ちゃまですねと言い、扉を蹴り破ってこれが大人の足腰ですと言って中に入りました。

驚くアルベール様に後で修理します。ご安心をと言い、そちらがそう来るなら多少強引にしても致し方ないですよね、アルベール様♡と言ってレネは笑顔でハサミを構えました。

叫び声が聞こえた後、整ったアルベール様を見てレネはなんて麗しい、これぞ一国の王子様ですと伝え大喜びでした。

この怪力女…とアルベール様は縛り上げられて髪を切ったことを思い出していると、レネは笑顔で本当によくお似合いですと伝えました。

こうしてみると本当に美しい方と感じ、もう少し短くてもとレネが髪に触れようとするとアルベール様は俺に触るなと言って、避けようとしてバランスを崩しました。

レネが危ないと言って支えると、アルベール様は手を離し、レネの手が黒く呪いで染まりました。

私は大丈夫ですと言うレネに、馬鹿かお前は、俺の呪いは本当に死ぬんだぞと叫びました。

呪い子は人に災いしか与えないバケモノだと言い、この呪いは母上の…と呟くアルベール様に驚くレネに分かったら出て行けと言いました。

落ち込んでいるレネにギョームさんは、王子だって望んで呪い子になったわけじゃない、他人からかけられるもんだからなと言いました。

アルベール様の呪いは母親からのもので、5年前王子には兄がいたが誤まって毒物を口にして帰らぬ人となったが王宮はこれを「事故死」とした。

王妃、二人の母親はそれを認めなかったが覆ることはなく、王妃は毒を憎みこの世の全てを憎んで衰弱して亡くなった。

王妃の想いは「呪い」となりそれを受けてしまったのがアルベール王子だった。

2年前3人目の召使いの死を機に王子は幽閉されることになった時、これで誰も傷つけずに済むと言ったとのことでした。

あの時、手袋をしていなかったからあんな態度を取ったのかなと思い、勇気を出してアルベール様の部屋へ入りました。

するとアルベール様が泣いており、なんで生きてんだとベッドに潜りました。

今ほっとしました?とレネは言い、先ほどはすいませんでしたとアルベール様に伝えました。

そして私は死にません、だからお側に置いて頂けませんか?と伝え、もう一人で泣かなくていいようにと頭を撫でようとしますが、拒否されてしまいました。

本当は心優しい貴方のために、私ももっと貴方に寄り添える召使いになりたいとレネは日々、一生懸命お世話をしました。

ご飯を残したアルベール様に注意をしていると、何食べても呪いのせいで美味しくないと言うアルベール様の横に座り、一人より二人の方が少しは美味しく感じられるかもしれませんと微笑みました。

働くだけなら最低限のことだけやればいい、俺の側は危険でしかないのにと言うアルベール様に、身体が丈夫過ぎて人に怖がられていた自分が初めて取柄が役に立って、私が生きていて喜んでくれたからとレネは嬉しそうに言いました。

こんな俺が誰かと接している、久しぶりの感覚だというアルベール様に、少しはお役に立てているのでしょうか?と思いながら二人でパンを食べました。

その召使いはお気に入りみたいだね、殺せば今度こそ自滅してくれるかな?と誰かが呟きました。

アルベール様の寝支度の時間だとレネが部屋へ向かっていると、後ろから騒ぐなよ召使いと剣を持った刺客が現れました。

レネが遅いことを気にかけながら、待ってないと否定しながらレネから貰った言葉を思い出し、側に居る事ができたら俺は…と考えていると物音が外からしました。

外を見ると、斬りつけられて血だらけのレネが倒れており、レネが殺されると思ったアルベール様ですがどうすればいいのか分からずにいると、母親の呪いの言葉が聞こえてきました。

お前に彼女は救えない、貴方は殺すことしかできないの、母の呪いはそのためにあるのだからと声が響き、アルベール様の顔が呪いで黒くなっていきます。

良かった、狙いは私だけと斬られた首を押さえていると、刺客がまだ生きているとはと再び剣を振り上げました。

やめろぉぉ!!と叫びながら、アルベール様がレネの所へやってきました。

黒い呪いの力が暴走していることを悟ったレネは、外の兵士が倒れていることに気付いたギョームさんに侵入者を連れて外へ出てくださいと言います。

近付くだけで毒にやられると言うレネをギョームさんは心配しますが、私はアルベール様のお側にという言葉に、お前の生命力に賭ける、王子を頼むぞと言いました。

侵入者に向かっていこうとするアルベール様でしたが頭の痛みでうずくまり、誰も殺したくない、でも殺すことでしかレネを守れないと呪いが暴走しながらもアルベール様は呟きました。

そんなアルベール様を抱き締め、誰も殺さなくていいです、私は側にいますから、どうか「心」までは奪われないでくださいとレネは伝えました。

抱き締め返そうとしたアルベール様でしたが、レネはそのまま倒れてしまいました。

息をしていないことに気付いたアルベール様は涙を流し、一番殺したくないのはお前だったのに…と泣いている側で、レネは早く涙を拭いてあげないと、私の命なんかで泣いてくれる人がいると感じていました。

アルベール様の頬に触れ、言ったじゃないですか、私は死にませんと言い、黙っててごめんなさい実は…とレネは衝撃の事実を口にしました。

私も「呪い子」なんです”不死の呪い”を持つ、と言うレネに戸惑うアルベール様につまりいくら毒を浴びようが、首がもげようが死なないというか死ねないというか…と説明しました。

なぜ黙っていた?と尋ねるアルベール様に、バケモノとか言うから言い辛くて…と呪い子が召使いなんて嫌ですよね、クビですよね…とレネは悲しそうに言いました。

するとアルベール様がお前がいなきゃ俺はどうなっていたか…良かった生きていてくれてと伝えた瞬間、アルベール様はレネの身体にもたれて眠ってしまいました。

それならあなたの手を引こう、あなたがその呪いと生きていけるように…

お部屋修繕中なので、私の部屋でお過ごしくださいと言うレネにうるさそうとアルベール様は言いました…

呪い子の召使い【第1話】毒の呪い子アルベールと身体の丈夫な召使いレネ!!の感想

さてさて新連載です!!

最初から「呪い」なんて重いテーマだと思っていたのですが、話がテンポよく進むので楽しく読ませていただきました!

孤独な王子とその手助けをする召使いというありがちなテーマだったのですが、「呪い」というアクセントがいい味出していました!

侵入者を仕向けた黒幕もこれから出てくるのでしょうか!?

レネとアルベール様の距離が近づいていくのも楽しみですね。

次回はどんな展開になるのでしょうか!?

次回の呪い子の召使い第2話は花とゆめ第8号(3月19日発売)に掲載予定です!!