花とゆめ

墜落JKと廃人教師episode.50ネタバレ!!キラキラの教育実習生、現る!!

花とゆめ第12・13号(5月20日発売)の墜落JKと廃人教師episode.50を読みましたのでネタバレ・感想をまとめました!

墜落JKと廃人教師の最新巻を全部無料で読む方法は?

墜落JKと廃人教師の最新巻全部無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、墜落JKと廃人教師の最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
墜落JKと廃人教師の最新巻を読む

前回までのあらすじ

高校生の落合扇言は、失恋を苦に屋上から自殺しようとしていたところを物理科教師の灰場 仁(通常 灰仁)に邪魔をされます。

死ぬ前に、俺と恋愛しない?、と教師の立場を利用して扇琴にストーキングをする日々が続きます。

扇言も嫌がりながらも、灰人を通して他の生徒たちと仲良くなることが出来、学校生活にだんだんと馴染んでいきます。

文化祭でもクラスメイトと仲良くしている扇言の姿を見て、一人で居た頃の扇言と重ねながら灰仁は満足そうに微笑みます。

文化祭二日目、扇言は一馬と二人で謎解きゲームに参加し、周りから付き合っていると勘違いされてしまいます。

そして後夜祭が終わった後、物理化学準備室で扇言が灰仁を待っていたので、扇言は灰仁に誘われ二人で夜の学校を探検したあと、灰仁が扇言の顔に口を近づけようとした瞬間におきまりの警備員から邪魔をされてしまうのでした。

扇言と灰仁は敦人がバイトの間、弟たちの面倒を見て、敦人たちが帰ってた後扇言にご褒美がほしいと灰仁は懇願します。

台所で晩御飯を作ろうとしている扇言のうなじにキスをして、いつものような不敵な笑みを浮かべながら灰仁は許してくれ、と言いました。

登校した時に同級生に彼氏がいるのかと尋ねられ、キスマークに気づかれたと真っ青になっていました。

放課後、修学旅行の同じ班の不登校の板見薫子さんにプリントを渡しに行くと痣だらけで扇言は驚きますが、わざわざ来てくれてありがとうと上がっていくように勧められます。

学校に行かない理由は、彼氏と昼間しか会えないからと言い、自分の居場所は彼だけだと扇言に伝え、扇言も依存することが全て悪いことではないと伝えました。

修学旅行でお風呂の後、扇言はクラスメイトから彼氏や好きな人がいるんじゃないとからかわれますが、薫子が助け舟を出して自分の話を始めました。

その後バルコニーに灰仁から連れ出され、戻ろうとする扇言に消灯時間ギリギリまで隠れようと灰仁は後ろから抱き締められますが、カギを閉められ閉じ込められてしまいます。

助けに来てくれた敦人に部屋まで扇言を送ってくれと言い、ふと灰仁を振り返るとさっき扇言の唇を触った親指に口づけし、扇言におやすみと言いました。

放課後扇言を呼び出した灰仁は、お前とは二人きりで出かけたり遊んだりできないけど、ゲームでなら人目を気にせずに一緒に居られるんじゃないかと扇言の肩にもたれかかりながら言いました。

遊園地でに一馬となずなと三人でやってきましたが、インフォメーションを見ながら、ほぼノータイムで乗れんじゃんと呟きました。

一馬は頭を抱えてこんな廃れてるって知らなくてごめんと言い、場所変えてもいいよと言うと、遊園地の本を握りしめた扇言が調べたので廃園寸前だと分かっていたけど楽しみにしていたと必死で伝えました。

色々なアトラクションを、二人のストーカー付きで楽しんでいた二人でしたが2時間でほぼ全制覇できたと一馬が呟きました。

待っている間、一馬はちゃんと楽しい廃れているとか関係なかったと感じていて、また来てもいいかと思ったけどそのうち潰れて忘れられていくんだろうなと思っていました。

乗り物乗り尽くしたなずなが帰ってきて、一馬が観覧車に乗るけどどうする?と尋ねますが、二人で乗ってと伝えます。

見送るなずなの後ろ姿を見ながら、一馬はなずなに対する感情を友達と言うなら…と考えていると急に観覧車が揺れて倒れこみました。

目の前に扇言の顔があり、なずなとは違う先輩に対する感情は何ていうんだろうと感じながら、扇言の横に足を乗せながら時間が止まったみたいだと感じていました。

気のせいじゃないよね、観覧車止まってない?という一馬の耳には、この観覧車は不具合のため一時停止しました…というアナウンスが聞こえてきました。

廃れていくものは廃れるべくして廃れてくのだと一同は悟りました。

強い春の風が吹く中、クラス発表の掲示板を見ながら扇言は強い春の風は少しの期待と不安を運ぶと考えていると、掲示板が倒れてきました。

扇言は下敷きなんて大げさでちょっと足が挟まっただけなのにと言いますが、薫子が自分をかばったせいでと謝りました。

喋ったことのない人ばかりのクラスで…と扇言は言い、薫子も扇言と別れたと言い、一馬はなずなとは一緒だったけど後はしらない奴ばかりだと言い、皆で暗くなってしまいました。

チャイムが鳴り、HRの時間になると扇言と離れた事を灰仁は皆に言い、一人で教室へ行く灰仁の後ろ姿を扇言は見つめていました。

誰とも喋れなかったと扇言が落ち込みながら帰っていると、突風が吹いて倒れそうになった扇言を灰仁がやってきて支え、俺んちに寄って行けと言い、強引に連れて行きました。

扇言をソファに座らせタイツを脱げと言い、もっと痛めるぞと言う言葉に驚いた扇言は、タイツを脱いだ足が痣になっていました。

誰にも心配かけたくなかったからとか、ドジ子が責任感じないようにとかだろうけど自分にくらい言えよと灰仁は言いました。

すると先生とクラスが離れたのが寂しくて、先生に頼ったら離れるのが嫌になってしまうから言えませんでしたと顔を伏せながら言いました。

クラス違ってもちゃんと見てるよ、お前の事と言い、ドヤ顔で俺と離れるのがそんなに嫌かと語り出しました。

前言撤回ですこのスケベと罵り、病院行くのと俺の手当どっちがいい?と尋ねる灰仁に迷うことなく扇言は病院行きますと言い返しました。

学校では教育実習生の話になっており、担当の女性教諭が婚活で忙しいから灰葉に丸投げすると笑っており、灰仁は嫌な予感した…と呟くのでした。

墜落JKと廃人教師episode.50ネタバレ!!キラキラの教育実習生、現る!!

灰仁は扇言に物理的に潰れて死ぬのは遠慮したいと思うと言い、扇言も同意見ですと言い、校長の銅像に潰れそうになっている灰仁がもだえていました。

そしてよく自分に気付いたなと言う灰仁に、周囲には気を配っているんですと言い返す扇言に身を潜めていたら肘を銅像にぶつけたら倒れてきたと説明されました。

足が治ってないから加勢できないという扇言に、長年綱渡りのような人生を歩んできているからバランスとるのうまいんだぜ!!と灰仁はドヤ顔をしました。

誰か呼んでくると言う扇言に黙っててくれそうな応援は頼んであるといい、立ち去ろうとする扇言に頭がかゆいと言って騒ぎ出します。

髪をわしゃわしゃと触る扇言にいじわるそうにどこがかゆいか聞かないのと尋ねますが、どうせ嘘なのでと呆れたように呟きました。

すると駐車場に凹んだ軽自動車が停まっているのに扇言は気付きました。

二人が言い合いをしていると応援がやってきて、男子生徒を連れて女性が戻ってきました。

男子生徒たちは前によろしくないもの間違って持ってきた時に生徒指導の先生に見つかりそうになったのをごまかしてもらったんだよねと扇言に説明しました。

このポーズは辛くてかっこ悪いと言う灰仁に代わって銅像を横に倒しますが、結局銅像の首と胴体が切り離されてしまいます。

あの…と困ったように言う女性に姫野は行っていいよと灰仁は声を掛けました。

そして扇言に教育実習生の…と言うと、自ら姫野 麗(うらら)と申します、と笑顔いっぱいで挨拶をされ、扇言は思わず眩しいと言ってしまいます。

国語担当だと言う姫野先生を、前の担任が灰仁に全て丸投げしたと思わずボソッと呟いてしまいます。

心配する姫野先生に授業の準備をして来いと言って送り出し、男子生徒は姫野先生かわいーね、守ってあげたくなると言いました。

そして灰仁に向かってかわいい?と振ると、焦って扇言に言い訳がましく釈明を始めました。

黙ったから怒っていると思った扇言は、灰仁に全然違うことを考えていたと言い、先生は今まで色々とやらかしてきてるから廃人とかクズとか言われるんですよねと言いました。

落ち込む灰仁に、今から褒めますと扇言は言い、やらかしてきたことの中には他の誰かを庇った分もたくさんあるんでしょうねと伝えました。

凹んでいる車が姫野先生の車で、銅像にぶつけたところにちょうど先生が隠れてたって感じでしょうか…と扇言が分析すると、そういうのって気づかれない方がかっこいいって知っている?と灰仁は唇に人差し指を立てました。

気付かれて嬉しそうですね?と言う扇言に、まさに心が通じ合っているみたいと言っていると窓の向こうには校長が立っていました。

さーてと、怒られてくるかぁと言う灰仁に生徒がいた方が罪が軽くなりますから一緒に行きましょうかと言って二人で歩きだしました。

そして授業が終わった後、疲れた灰仁が帰ろうとすると姫野先生が庇ってくれたお礼を灰仁に伝えました。

実習初日からしでかしてしまってどうしようと不安だったので、優しくしてもらえてほんとに嬉しかったですと言いました。

俺は怒られ慣れ…普段優秀だから大目に見てもらえるんだよねと大ボラをふく灰仁に、姫野先生は今夜食事でもどうですかと誘いました。

考え込む灰仁に、いやですか?と姫野先生から言われてしまい、扇言のことを想いつつ断ろうとすると、元々の担当の先生がやってきて飲みに行くの?とやってきました。

俺は行けないって帰る所なんで…という灰仁を威圧し、一緒に行くことになった灰仁は物理的な圧よりも人間関係の圧の方がよっぽどつらいと思い知ったのでした…

墜落JKと廃人教師episode.50ネタバレ!!キラキラの教育実習生、現る!!

可愛い、キラキラの教育実習生が登場ですね!!

今回も扇言がさりげなく、灰仁の優しさに気付くという感じが良かったですね。

本当の灰仁の優しさを知っているだけに、庇い方にも愛情がありますね。

何だか姫野先生がこれから、灰仁にからんできそうな気もしますが…

次回の展開もすごく楽しみです!!

次回の墜落JKと廃人教師episode.51は第14・15号(6月20日発売)に掲載予定です!

墜落JKと廃人教師の最新巻全部無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、墜落JKと廃人教師の最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
墜落JKと廃人教師の最新巻を読む