好きな子がめがねを忘れた

好きな子がめがねを忘れた【第16話】ネタバレ!もうすぐ文化祭!

月刊ガンガンJOKER12月号(11月22日発売)、好きな子がめがねを忘れた【第16話】のネタバレ・感想をまとめました。

好きな子がめがねを忘れた最新話を無料で読む方法は?

好きな子がめがねを忘れた最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、好きな子がめがねを忘れた最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
好きな子がめがねを忘れた最新話を読む

前回のあらすじ

本編から少し時間はさかのぼり、始業式のとき。

二年生から三年生に進級する、というとき小村くんは「一年って早い!」と思っていました。

今まではそんな風に思わなかったのに、と考えつつもまた三重さんと同じクラスという喜びを噛みしめます。

そして始業式の間、小村くんは気付きました。

一年が早いと思ったのは、ずっと三重さんのこと考えてたからなのだと。

好きな子がめがねを忘れた【第16話】ネタバレ

もうすぐ文化祭、ということで小村くん・三重さん含めクラスみんなで学校に残って作業をしていました。

もくもくと作業をしている中、三重さんが小村くんを手伝おうと声をかけてきます。

しかしそんな三重さんの手が黒く汚れており、先に拭こう? と小村くんは言いました。

汚れは新聞紙のインクだったようで、それを拭き取ると三重さんは休憩しない? と言いました。

ところが小村くんはキリがいいところまで、と言って作業を再開。

その中でも三重さんはじっと小村くんのそばに居続けます。

やることなくなっちゃったのかな、と考える小村くんですが三重さんが手伝いを始めます。

三重さんは頑張り屋さんだから何かしたいんだろうな、と思いながら手伝ってもらおうとしますが少し失敗してしまいます。

そこで他の作業しているメンバーを見て、あっち手伝ってもいいんじゃないかなと提案。

しかしうつむいて何も言わない三重さんを見て何か仕事してたいわけじゃないのかと考えます。

そこで三重さんは言いました。

それ終わって休憩するってなったら教えてね、と。

そして他の作業に混ざりに行きました。

小村くんは、まさか俺と休憩したい? と考えて顔を赤くしますが、思い上がりはだめだと作業に集中しようとします。

と、そこでスティックのりが折れてしまい新しいのを取りに教室をあとにします。

すると三重さんもついてきており、どうしたのと聞いてみると一緒に行こうと思って、と答える三重さん。

少し薄暗くなってきている廊下を二人で進み、美術準備室へ。

真っ暗ながらに鍵は開いており、三重さんは「誰もいない?」と確認するやいなや小村くんを引き連れて入ってしまいます。

そして電気をつけなきゃ、とたじろぐ小村くんに迫る三重さん。

小村くんが戸惑っていると「今日あんまりちゃんと顔見れてないから見ていい?」と三重さんは言うのでした。

めがね忘れた日は小村くんの顔を見たい、と言っていた三重さんの話を思い出すも、状況が状況なだけに「もう少し違う場所にしない?」と思わず教室を出ようとします。

しかし三重さんはそんな小村くんの手を静止して、みんながいない場所の方がいいかもって思うの、とつぶやきます。

このために休憩しようって言ったのかな、と真っ赤になりながら考える小村くん。

誰かに見られて変な誤解されたら困るのは確かだ、気持ち悪いこと考えてるのは俺だけだし、と思いはじめ三重さんの方に振り返ります。

どうぞ、と小村くんが言い、三重さんが小村くんの顔に手を添えます。

暗い、と言いながら小村くんの顔を見る三重さん。

小村くんは目を閉じながら必死に考えます。

めがねを忘れた日には友達の顔が見えづらくて不安になっちゃうけど近くで顔を見れば安心できることに三重さんは気付いた、だから俺の顔を見たがる、ただそれだけなんだと言い聞かせます。

そんな時、ふと目を少し開けて、三重さんの顔を見ました。

少しほほを赤くしているように見える三重さんを見て、三重さんが俺のことをちょっとは特別に思ってくれてるって思ってもいいのかな、と内心で思うのでした。

同時に、三重さんにとっての俺ってなんなんだろう、とも。

 

それから教室に戻ると東くんが小村くんに言いました。

顔洗ってきた方がいいよと。

そして三重さんの方では、友達に「三重ちゃん手真っ黒だよ」と言われていました。

思わず東くんに違う、違うからねと否定する小村くんなのでした。

好きな子がめがねを忘れた【第16話】感想

今回から文化祭編がスタート、ということで相変わらず急接近するくせにむずむずな関係位置の二人・・・!

しかし学校が舞台のラブコメなんかは文化祭で告白、とかがテッパンかなと思っているのでこれからが大変楽しみですね!

なかなかいい雰囲気になってきている小村くんと三重さんですし、ありえない話ではないんじゃないかなと思います。

次回もまだ準備編が少し残る可能性もあるかもしれませんが、文化祭本番では二人一緒に回ったりするんでしょう、きっと。

今後の展開に期待です!

好きな子がめがねを忘れた最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、好きな子がめがねを忘れた最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
好きな子がめがねを忘れた最新話を読む