漫画ネタバレ

好きな子がめがねを忘れた【第21話】のネタバレ!小村くんが嫉妬!?

月刊ガンガンJOKER5月号(4月22日発売)、好きな子がめがねを忘れた【第21話】のネタバレ・感想をまとめました。

好きな子がめがねを忘れた最新話を無料で読む方法は?

好きな子がめがねを忘れた最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、好きな子がめがねを忘れた最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
好きな子がめがねを忘れた最新話を読む

好きな子がめがねを忘れた【第21話】のネタバレ

今日は調理実習です。

調理実習の班はくじ引きで決めるのですが、小村くんは三重さんと別の班になってしまいました。

そのことを悔やみ、負のオーラを漂わせて同じ班の女子に心配される小村くん。

いつか食べたいものリストに、三重さんのオムライスに加えてクッキーが追加されました。

ちゃんと料理に集中しないとと思いつつも、三重さんの方をつい見てしまいます。

そしてイケメンの東くんと顔を近づけて料理中の三重さんを見てしまい、動揺して息遣いが荒くなる小村くん。

 

一方三重さんはクッキーの生地でコインを作ろうとしていました。

しかし三重さんの作ったものはコインに見えず、東くんがアドバイスします。

実は三重さんは小村くんにそのクッキーをあげようと考えていました。

そんなこととは知らない小村くんは、東くんと楽しそうに話す三重さんを見てショックで震えだし、同じ班の女子に心配されていました。

そんな中、三重さんの隣の班の八坂くんが、今コインはやめた方がいいかもと三重さんに話しかけました。

こないだ久々に行ったゲーセンのメダルバンクの期限が切れていて、小村くんがちょっと落ち込んでいたのだとか。

それを聞いた三重さんは、小村くんもそんなので落ち込んじゃうんだと言いますが、意外と大事件だという八坂くん。

しかし割とすぐに立ち直っていたようです。

また小村くんはゲーセンではコインゲームを主にやっているらしく、たまにお菓子のクレーンゲームをやっているようですが、取っても大体母親にあげているのだとか。

それを聞いた三重さんは「へぇ、ふぅん」と相槌を打ちながらも、自然と笑みがこぼれていました。

じゃあコインはダメなのかと聞く三重さんですが、八坂くんは結局立ち直ってたからいいんじゃないかと言います。

ということで三重さんは引き続きコインを作り始めました。

東くんは三重さんが作っている姿を見て、メガネかけてても結構ゆっくりなんだねと言います。

そんな東くんの言葉に、少しムッとしながらどういう意味と聞く三重さん。

東くんは笑いながら、ごめんねと謝ります。

そして三重さんは東くんが作っている鳥のクッキーに注目しました。

好きなの?と聞く三重さんに、「うん。隣に住んでいるお姉さんがね」と答える東くん。

三重さんは少し考えた後、好きなの?ともう一度顔を赤くしながら聞きました。

どうやら東くんはお姉さんのことが好きなようですが、お姉さんは大学生なので、全然相手にされないのだとか。

きっかけが欲しいから三重さんの真似してもいい?と聞く東くんに、三重さんはどうぞと言います。

すると東くんは少し照れながらお礼を言い、頑張ってちゃんと言うよと話しました。

そんな東くんをじっと見つめながら、言わないとなの?と聞く三重さん。

東くんは、言わないと将来一緒にいれないかもでしょと言います。

三重さんはキョトンとして、何かを考えていました。

 

その後、調理実習が終わり東くんと挨拶を交わして別れる三重さん。

その様子をみて完全に仲良くなってると小村くんは感じ、ショックを受けていました。

すると三重さんに他の女子生徒が声をかけ、東くんと何を話してたのか尋ねます。

小村くんは聞きたくないと感じますが、「あのねぇ、東くんって色々考えてて大人だなーって」と話している三重さんの言葉を聞いてしまいました。

それを聞いた小村くんはさらにショックを受け、早くここから離れようと教室を後にします。

三重さんが東くんを褒めただけなのに、何がそんなにつらいのかと自分の小ささを感じながら、トボトボと歩く小村くん。

その時、三重さんが小村くんの腕をつかみました。

驚いて振り返る小村くん。

三重さんはかなり走ってきたらしく、赤い顔をして咳込んでいます。

そんな三重さんの様子に、小村くんは気づかなくてごめんと慌てて謝りながら、自販機で水を購入しました。

三重さんは水のお礼を言いながら、メガネかけてて良かった、忘れてたら見失ってたかもと話します。

そしてメガネをかけててもゆっくりだと東くんに言われたことを話し始める三重さん。

小村くんはその話題を避けるように「落ち着いたらそろそろ・・・」と口を開きました。

すると小村くんの手の上に三重さんが何かを置きました。

思わぬ出来事に顔を赤くしながら、手のひらを見つめる小村くん。

そこには袋詰めにされたクッキーがあり、「あげる」と三重さんはいいます。

小村くんは一瞬で上機嫌になり、ありがとうと嬉しそうにお礼を言いました。

そして小村くんはクッキーを食べ始めます。

すると三重さんは顔を赤くしながら話し始めました。

あのね、そのクッキーはね。

小村くんに食べてほしかったのはね。

小村くんがね・・・おなか減ってるかなって。

少しためらいながら、そんなことを話す三重さんに、不思議そうな顔をする小村くん。

三重さんは頭を抱えながら、ゆっくりじゃダメかなあとボソッとつぶやきます。

すると小村くんは、三重さんがゆっくりなのは完全にプラス要素であって、三重さんのおかげで空気が和むし、東くんも別に悪い意味では言ってないと思うと慌てて言いました。

そんな小村くんをキョトンと見つめる三重さん。

そして2人は恥ずかしそうに目をそらしました。

小村くんはさっきみたいに三重さんを焦らせてしまうのは嫌だから、置いて行ったりしないように、俺もゆっくり歩こうと心に決めるのでした。

好きな子がめがねを忘れた【第21話】の感想

このもどかしい距離感がとてもかわいいですね。

嫉妬する小村くんも可愛かったです。

次の展開も楽しみです!

好きな子がめがねを忘れた最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、好きな子がめがねを忘れた最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
好きな子がめがねを忘れた最新話を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍