月刊ガンガンJOKER

好きな子がめがねを忘れた【第22話】のネタバレ!三重さんが小村くんの写真にキス!?

月刊ガンガンJOKER6月号(5月22日発売)、好きな子がめがねを忘れた【第22話】のネタバレ・感想をまとめました。

好きな子がめがねを忘れた最新話を無料で読む方法は?

好きな子がめがねを忘れた最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、好きな子がめがねを忘れた最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
好きな子がめがねを忘れた最新話を読む

好きな子がめがねを忘れた【第22話】のネタバレ

小村くんは子供がテレビに映っているのを見つめながら、三重さんの幼少期の写真が可愛かったなと思い出します。

それと同時に自分の幼少期はどんなだったのかと考え、アルバムを開く小村くん。

そこには子供の小村くんが鉄棒の練習をしてる時の写真があり、失敗して鼻血を出していました。

小村くんは何でこんな写真があるんだと、恥ずかしそうにそれを見つめます。

その時母親の呼ぶ声が聞こえてきたため、立ち上がる小村くん。

そこで間違えて鼻血の写真をノートに挟んでしまいました。

 

後日、ノートに挟まっていた写真は学校で落ちて、クラスメイトに発見されてしまいます。

その写真は三重さんにも見られることになってしまいますが、眼鏡をかけていない三重さんは写真がよく見えていない様子。

鉄棒から落ちて鼻血を出してる写真だと説明され、小村くんが黒髪姿だと知ると、どうしても見たい三重さんはより一層顔を近づけて写真を凝視し始めます。

すると三重さんがあまりに顔を近づけてしまったせいで、写真に唇が触れてしまいました。

慌てて謝る三重さんに、少し動揺しながら大丈夫と答える小村くん。

小村くんは写真が重要文化財になってしまったと感じました。

 

その日の放課後。

小村くんは三重さんに一緒に帰ろうと誘われます。

ここ最近一緒に帰ることが増え、誰かに変な誤解されないかと心配する小村くん。

そして2人は一緒に帰り始めましたが、途中に公園があり、そこに寄って行かないかと突然三重さんが言いました。

何で?と戸惑う小村くんの手を引っ張り、遊ぶのという三重さん。

すると三重さんは遊ぶには眼鏡がいると思うから、すぐに取ってくると言い、小村くんを公園に残して行ってしまいました。

小村くんは今日鉄棒の話をしたから、遊びたくなったのかなと三重さんの行動を推測します。

そして多分あの写真は逆上がりをして落ちたんだろうと思い出し、鉄棒で逆上がりをしてみる小村くん。

しかし何度やっても全くできませんでした。

そこへ眼鏡をかけた三重さんが、小走りでやってきます。

そして三重さんは顔を赤らめながら、せっかく眼鏡をかけてきたんだし、あの写真を見せてほしいとお願いしてきました。

まさかこのために!?と心の中で驚き、少し躊躇しつつもカバンの中の写真を探し始める小村くん。

しかし写真を学校に置いてきたことを思い出します。

重要文化財とどう向き合うべきか分からなくなってしまい、机の中に一旦置いてきてしまったのです。

小村くんに明日見せるねと言われ、とても残念そうな様子の三重さん。

小村くんは取ってこようか?と気遣いますが、三重さんは大丈夫と断ります。

そして三重さんは小村くんの写真について、何で鉄棒から落ちてしまったのかと尋ねました。

逆上がりが出来なくてと小村くんが答えると、今はできる?と三重さんが聞きます。

すると小村くんは「できなくはない」とつい見栄を張ってしまい、三重さんに見せてと言われてしまいました。

小村くんは見栄を張ってしまったことを後悔し、神に祈りながら緊張の面持ちで鉄棒を握ります。

しかしやはり逆上がりはできませんでした。

そんな小村くんに「ドンマイ。大丈夫」と声をかける三重さん。

小村くんは必死に神に祈りながら、もう一度逆上がりをしました。

すると逆上がりが見事に成功し、小村くんは驚きます。

その様子を三重さんはひそかに携帯で撮影していました。

さらに三重さんはまだ鉄棒の上にいる小村くんに駆け寄り、2ショットを撮り始めます。

そんな三重さんの行動に、動揺が隠し切れない小村くん。

三重さんは小村くんにも送っておくねと嬉しそうに言います。

他の人に見せちゃダメだよという三重さん。

小村くんはなぜ三重さんがこんなことをするのか、なぜそんなことを言うのか分かりませんでした。

すると三重さんはおもむろに眼鏡を外して小村くんに持たせ、鉄棒の前に立ちます。

三重さんはたぶん逆上がりはできないようですが、プロペラは永遠にできたとのこと。

そして逆上がりをする三重さん。

やはり逆上がりは失敗に終わりますが、一瞬スカートの中が丸見えに。

三重さんは短パンを履いていましたが、生足が露わになり、小村くんは鼻血を出してしまいました。

これから先、自分の中で鉄棒と鼻血は切り離せないものとなる気がすると小村くんは感じるのでした。

好きな子がめがねを忘れた最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、好きな子がめがねを忘れた最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
好きな子がめがねを忘れた最新話を読む

好きな子がめがねを忘れた【第22話】の感想

今回も2人のやり取りに癒されました。

三重さんがキスしてしまった重要文化財は、これからどうなるのか気になります。

もどかしい距離感な二人も可愛いですが、三重さんも結構積極的にアピールしてきているので、そろそろ小村くんも三重さんの好意に気づいてほしいですね。