月刊LaLa

学園ベビーシッターズ第115回ネタバレ!!おばあさんの誕生日を祝え!!

月刊LaLa7月号(5月23日発売)の学園ベビーシッターズ第115話を読みましたので、ネタバレと感想をまとめました。

学園ベビーシッターズの最新巻を全部無料で読む方法は?

学園ベビーシッターズの最新巻全部無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、学園ベビーシッターズの最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
学園ベビーシッターズの最新巻を読む

前回までのあらすじ

鹿島竜一と虎太郎の兄弟は、突然の飛行機事故で両親を亡くしてしまいました。

二人で途方にくれる中、同じ飛行機事故で息子夫婦を亡くした森ノ宮学園の理事長に引き取られる事になりました。

理事長が鹿島兄弟を引き取る条件として提示したのは、学園内の保育ルームでベビーシッター部の部員になることでした。

理事長は、鹿島兄弟が成人するまで面倒をみるかわりに竜一は授業時間を除いた時間をベビーシッターとして働いてもらうと伝えます。

理事長と一緒に暮らしている犀川さんも、二人の事を十分にお世話をしてくれてだんだんと4人は家族の様になっていきます。

学園内で働く先生たちの子どもを預かっている保育ルームで働く兎田と一緒に竜一は毎日子ども達のお世話で大忙しです。

虎太郎も他の子供達と仲良くなり、毎日楽しく過ごしています。

同級生の狼谷隼も弟の鷹(たか)が保育ルームで預けられているため、次第に野球部と兼部して保育ルームを手伝うようになります。

熊塚奇凛(きりん)は演劇部顧問の熊塚先生の娘でおしゃべり上手な女の子です。

最年少の猿渡美鳥(みどり)は高等部の事務室勤務の猿渡先生の娘です。

体育教師の狸塚先生の息子で双子の兄弟、にこにこしている拓馬(たくま)と泣き虫の数馬(かずま)はいつも一緒に居ます。

子どもながらの奇想天外な行動に、癒やされたり振り回されたりしながら鹿島兄弟の毎日は過ぎていきます

学園ベビーシッターズ第115回ネタバレ!!おばあさんの誕生日を祝え!!

梅雨には早い6月の初めの晴れの日に虎太郎くんは素敵な一冊のアルバムを発見しました。

絵本を読みながらうたた寝していた竜一を叩き起こした虎太郎でしたが、竜一は本を出しすぎている状況に驚きます。

大事な本を散らかしちゃダメだぞとちゃんと叱りつつ、眠っていた自分も悪いから一緒に片付けようと虎太郎の頭を撫でます。

すると、虎太郎が持っているアルバムに気付き、虎太郎は”ばちゃっ”と竜一に訴えます。

おばあさんの子供の頃のアルバムだと気付き、二人で罪悪感を感じつつ眺めますが誕生日の写真を見つけ、おばあさんの誕生日が今日だということに気付きます。

するとちょうどおばあさんが入ってきて、こんなに散らかしてなにやってるんだいと叱り、後始末はちゃんとしておくんだよと去っていこうとするのを竜一が引き止めます。

好きなものってありますか?と尋ねる竜一を不審そうに見つめ、おかしな事を言っている暇があったらさっさと片付けて勉強しなと言って去っていきました。

虎太郎におばあさんが好きなものってなんだと思う?と虎太郎に尋ねながら、竜一は今からでも何かを探しておばあさんに誕生日プレゼントをあげようと思いつきます。

虎太郎も笑顔で賛成したところで、本を片付けてプレゼント探しをすることにして、犀川さんに相談しに行きました。

すると本日が誕生日だと知っていた犀川さんは、理事長は自身のお祝いごとに乗り気ではないので贈り物などは断ることが多いけど、ご家族からのお祝いはいつも喜ばれていたと思いますと教えてくれました。

相手の好きなものをという考えも素敵ですが、二人が贈りたいものを渡すというのも素敵なお祝いになりますとアドバイスされました。

絵本を渡そうとする虎太郎をなだめ、携帯で調べてお花を買いに行こうと思いつきます。

そして花屋さんに行くと、虎太郎が白いアジサイを見て”ばちゃっ”と言いました。

値段を見た竜一がうなっていると、店員さんが白いアジサイだったから手ごろなものもあると教えてくれ、虎太郎が嬉しそうに持って帰りました。

家に帰って、まだ渡さないと虎太郎に言い聞かせ、虎太郎がアルバムに夢中になっている間に竜一は手紙を書き始めました。

夕ご飯のご馳走を見て、明らかに不機嫌になる理事長に本日はお誕生日だと犀川さんが告げ、虎太郎が頑張って白いアジサイをおばあさんに渡しました。

白い紫陽花とは珍しいねというおばあさんに、虎太郎が選んだと竜一が伝え、犀川さんが瓜二つですと虎太郎を褒めました。

おばあさんの昔のアルバムを虎太郎が見つけたと言い、アルバムと一緒に手紙を渡しました。

良ければそれも受け取って下さいという竜一に、おばあさんはありがたく受け取らせてもらうと返事をしました。

犀川さんが虎太郎さまを一日中抱っこできる券を用意しましたと言って渡し、嬉しそうに虎太郎が見守っていました。

おばあさんが手紙を読んでいると、同級生から誕生日のお祝いの電話が入ってきました。

うるさいジジイだと言うおばあさんに、この歳じゃ誕生日なんて嬉しくないのかいという言葉に、竜一の手紙を愛しそうに眺めながら長生きして損な事なんてあるもんかい!と伝えました。

学園ベビーシッターズ【第115回】おばあさんの誕生日を祝え!!の感想

今回は家の回ですね!

理事長がなかなか主役の回はないので楽しく読ませていただきました。

竜一と虎太郎がおばあさんが大好きだというのがよくわかるお話でしたね!

これからも家族として仲良くしていってほしいものです!

次回はどんな楽しい出来事が起こるのでしょうか!?

次回の学園ベビーシッターズ第116話は8月号(6月24日発売)に掲載予定です!

学園ベビーシッターズの最新巻全部無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、学園ベビーシッターズの最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
学園ベビーシッターズの最新巻を読む