花とゆめ

忍恋第26話ネタバレ!!楓と紗々女の想いは同じ!!

花とゆめ第5号(2月5日発売)の忍恋第26話を読みましたので、ネタバレ・感想をまとめました!!

忍恋最新話を無料で読む方法は?

忍恋最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、忍恋最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
忍恋最新話を読む

前回までのあらすじ

現代に残る忍の里。

杏子(あんこ)は忍び見習いとして日々修行に励んでいました。

そんな時ある日、忍びの里に華山院家の嫡子、楓が現れます。

楓の側忍を決めるための選抜試験が行われることになり、皆一位になるために目の色を変えて挑みます。

楓は杏子を気に入り側忍にしたいと告げますが、杏子は嘘をつかれていた事に対して怒り、断ってしまいます。

結局、側忍は決まらないまま楓は東京へ帰る事になり、見送りに来た杏子の頬にキスをしてまた会いに来ると言い、去っていきました。

それから4年たち、杏子は立派な忍びになるために修行をしていましたがとても可愛い女の子に成長していました。

幼馴染の鐵男(てつお)も杏子に想いを寄せながら一緒に修行をしていました。

同じく修行をしていた紗々女は、忍びの里から外の世界へ行きたいと願っていましたが、御堂家の血縁だったことが分かり、里を出ていくことになりました。

東京へ行った紗々女から鐵男あてに誕生日パーティの招待状が届き、杏子は頼み込んで、鐵男の荷物に紛れ込んで東京へついていきます。

楓に会えると意気込む杏子に睡眠薬を混ぜた飲み物を飲ませ、眠らせてしまった鐵男。

目覚めた杏子は急いでパーティ会場へ向かいますが、杏子はその途中で「楓」という名前の犬を助け、飼い主は久賀皇紀と名乗り、御堂家のパーティの会場の場所を教えてくれました。

杏子はパーティ会場へ到着しますが、紗々女にバレて「抜け忍」として里へ送り返されそうになりますが、楓が現れ杏子の身柄を自分が預かると言い、その場を収めました。

眠っている間に主従契約書の血判を押されてしまった杏子は一年の契約で楓の側忍をつとめることになります。

一緒に過ごしていく中で、華山院家の当主は成人せず死ぬ呪いがあると知り、杏子はより一層、楓の周囲を守ろうと警戒します。

そんな中、楓が学校へ登校するというので杏子も制服を着て一緒に通学を始めることになりました。

そんな中、楓は御堂家の紗々女嬢に結婚を申し込みに行くことになりました。

紗々女は、楓のプロポーズを受けた後、年頃の娘を側に置きたくないから杏子を側忍から外して欲しいと楓に伝えます。

それに対して楓は杏子は手放さないと返事をし、条件が飲めないなら結婚は却下、と紗々女は楓に言い放ちます。

家同士の政略結婚を今更個人の意向で台無しにする事に福村は困惑しますが、紗々女は違ったと楓は冷静に話します。

遠出の帰りに事故に遭ってしまった楓に、手作りのお守りの人形が効き目が無かったと落ち込む杏子に、楓はあんなに酷い事故にあったのに命に別状がなかったから効き目はあったと言います。

ケガをしている楓の我儘を叶える途中で、杏子は調達屋の七雲にさわられてしまい、楓の弱点として杏子を捕まえて自分の顧客に商品として売るつもりでいました。

最後の1人の月白に杏子は捕らえられてしまいますが、助けに来た楓から、自分の事を嫌いになったか尋ねられると、涙を流しながら杏子は嫌いにならないから死なないでと答えます。

銃を構えた楓は、七雲が持っていたビデオカメラを撃ち抜き、殺人ビデオを撮影し、皆を脅迫するつもりだったと楓が見抜くと、四人の顔色が変わり、組長の指示のもと月白と七雲は囚われました。

ある日、楓からデートに行こうと車に乗せられ、着いたのは原宿でした。

楓の言葉に一挙一動に心が乱れ、楓の言葉に照れながらうつむいていると、ナイフを持った不審者が楓に襲いかかり、隠れていた楓の護衛が不審者を狙撃しました。

場所を変えようと言う楓に対し、不審者に気づけなかったショックから杏子は苦しそうに楓のことなんか好きじゃないとつぶやくのでした…

次の日、楓は学校に大きな行事以外には登校することはないから、杏子に一人で通学するように伝えます。

落ち込む杏子に、通学している華王学園は楓の曽祖父が創設した学校だから、生徒たちを守って欲しいと伝えます。

悪さをしていた男を生徒会選挙の候補者のポスターで発見した杏子は驚きますが、黒海老先輩は頭がいいと有名だから、今回の選挙で一番知名度があるから決まりだろうと涼花は話します。

黒海老に、何故姑息なマネをして生徒会長になるのかと問いただすと色々メリットはあるけど一番の目的は秘密の花園に入ることだと言い切ります。

屋敷に戻った杏子は黒海老のことを楓に報告し、楓に秘密の花園の話を聞くと忙しい役員用の簡易宿泊所だと教えてくれました。

杏子の真面目さに呆れた黒海老は、杏子はご主人さまにこき使われてないかと尋ねますが、楓は優しくて私にはもったいないくらいのできた主人だと言います。

杏子の携帯に楓から電話がかかってきて、黒海老が代わりに話し出して、必要ないなら杏子は自分がもらいますと宣戦布告します。

御堂家の大奥様を迎える段取りを福村が楓に伝えますが、杏子から送られてきた黒海老の画像を見た楓は我慢できずに学校へ車を出しました。

生徒会演説が終わりだと言う放送が流れる中、楓は立候補届けを出していたと言い切り、マイクを握りしめ会長候補だと言い演説を始めてしまい、楓は自分のやった行動を後悔していました。

残念会で、3日も秘密の花園で寝泊まりしていると聞いた黒海老は、今から行ってみようと言い出します。

生徒会室で黒海老が隠し扉を見つけ、進んでいくと問題が出題されますが黒海老が答えて助け、杏子と二人で問題を解きながら先に進んでいきます。

落とし穴に落ちそうになった杏子はこれは試験だと気付き、柵が上から降りてきて黒海老は取り残されてしまいます。

先に行けという黒海老の言葉に、楓の下にたどりつける力はあるのか、見極めようと言うのなら上等だ!!と扉を開けると花畑がいっぱいに広がっていました。

どこが簡易宿泊所だ、立派な屋敷じゃないかと呟きながら玄関の前に佇んでいると、中から屈強な男性が出てきました。

楓の元世話係だと聞いた杏子は驚きますが、男性は杏子に自分のことを覚えているか尋ね、4年前側忍試験をしたと伝えると杏子に、乱蔵だと名乗りあの時の小娘がどう一人前になったか、この目で見ておきたくてと呟きます。

お前が来てくれてよかったと乱蔵に言われ、初めて言われたと杏子は嬉し涙をこぼします。

楓の大切な人が来ていたと言う乱蔵に杏子を入れたの?と言われ、ニヤニヤしながら一言も杏子とは言っていないと意地悪そうに微笑みます。

最近は自分らしくないと呟く楓に年相応だと乱蔵は伝え、楓の死生観を揺るがせられるのは、死へ向かう楓の後ろ髪を引けるのは杏子だけかもしれないと乱蔵は考えていました。

大奥様が、紗々女に楓との婚約の件について話をしようとしますが、紗々女は心の傷が癒えていないと部屋から出ずに答えます。

部屋に入ってきた疾風は、お前の役目は崋山院家に嫁ぐことと伝えたはずと紗々女に言い、楓と結婚できなければお前に価値はないと言われ、焦って紗々女は楓に気に入られているから出来ると答えます。

楓と結婚しなければ自分には未来はないと悟った紗々女は、下らない人生にはしないし絶対に幸せになってやると思っていました。

副会長に、ご機嫌ですねと言われてた楓は楽しい予定があると浮かれていましたが、そこに紗々女がやってきてあなたに会いたくてと伝えます。

これから約束があって出かけるという楓の所に杏子がやってきて、警戒する紗々女に楓は杏子とパンダを見に行くから一緒に行きませんかと誘いました。

杏子は紗々女に楓との結婚を決めてくれてありがとうと言い、紗々女は本当にきれいだから側忍として誇らしい、楓を幸せにしてやってくれと伝えました。

もしあなたが幸せになりたいのなら私を選ばないほうが良いかもしれない、私の母は不幸だったと言う楓に、紗々女はあなたに愛されて幸せですと楓の胸に寄り添います。

すると、さっきの杏子との会話を録音したレコーダーを聞かせ、あなたの貪欲に生を謳歌しようと必死な所が好きで、生きる力に溢れていて魅力的だと伝えます。

あなたにはまだ時間があるから意中の人との未来を考えなくていいのですか?と言い、夫に愛されない妻で良いのならどうぞ私と結婚してくださいと楓は紗々女につたえました。

警護をしていた杏子は殺気を感じ、楓の元へ走りますが一年は頑張ると杏子に約束したと呟く楓に他の警備も反応し、刺客をさがせと兎守が命じます。

杏子は懐かしい気配だったと言い、鐵男かもしれないと呟きます。

その頃、忍びの里から杏子を外界へ連れ出した罪で処分しようとしていた鐵男を百窓という組織が救ったと疾風が話し出します。

紗々女と婚姻後、子を成すことなく楓は死に崋山院家の主権は紗々女にいくから我々の手の内だと疾風は語りました。

屋敷では福村が紗々女との婚姻に喜んでおり、今週末婚姻の儀なんて早すぎるという杏子に福村は厳かに済ませ、後日大々的に披露宴を催しますと言いました。

動物園の襲撃が鐵男であると言う確証はないけど、もし鐵男なら楓を守れないかもしれないと杏子は不安になります。

杏子は心配するのも側忍の仕事だと言いながら、楓が結婚して誰かのものになるなんて、それが一番苦しい理由なんて認めたくないし認められないと考えていました。

そんな杏子に楓は紗々女嬢と結婚しても私は杏子を愛していると言い、私の隣に誰がこようと私の心は杏子だけのものだと真っ直ぐに目を見つめながら伝えます。

週末は雪が降るらしいから、白い雪の中やってくる紗々女嬢は綺麗だろうねと呟く楓と空を眺めていると、杏子の胸は苦しくなくなっていました。

そして紗々女がやってきて、婚姻の儀は静かに厳かに始まりました。

杏子は里は崋山院と懇意にしているから杞憂かと考えていましたが、あの殺気は…と考えていると、屋敷の屋根の上に鐵男の姿を発見しました。

兎守の所へ行くと、無事に祭儀は終わって楓が退室したと聞き、その頃緊張していた紗々女を置いて、お疲れさまでしたと楓は軽快に去っていきました。

杏子には里にいい人がいたと鐵男の事を話し出し、幼いころから切磋琢磨してきたから、入り込む余地なんかないと紗々女は言い、里に帰れば鐵男は杏子を放さないだろうと語りました。

すると楓は紗々女に、杏子が今から付き合っていく人間は全て自分と出会った後に知り合った人間だ、と言って去っていく楓の後ろ姿を見ながら、ずいぶんとロマンチストなのね、と紗々女は思いました。

里の長は鐵男を百年の一人の逸材だと言っていたと杏子は語り、鐵男が本気で仕事にかかったら自分で止められるかどうかわからないと言う杏子に、兎守は俺を信じろ杏子とまっすぐに見つめて言いました。

うん、とうなづいた杏子は兎守にそれなら頼みがあると言いました。

そして楓の寝所に鐵男が忍び込んでいましたが杏子が鐵男を取り押さえ、やっぱり楓を狙っていたのかと言いました。

楓に化けて自分を出し抜いたつもりだろうが、崋山院楓はお前の手を離れた、お役御免だと鐵男は言い、お前を迎えに来たんだと鐵男は言いました。

鐵男は百窓に潜り込み内偵すれば、杏子の処遇を善処すると言われていました。

里に迎えられなくてもいい、命を懸けられる主人が出来たから幸せなんだと鐵男に嬉しそうに語りました。

杏子の首に手をかけながら、主人を刺客に討たれたら自害しかないだろうから自分が迎えに来たと言い、今頃自分の手下が始末していると言いました。

その頃、兎守が刺客を倒して鐵男とかいう手の者かと問い詰めると、自害してしまいました。

鐵男の名前を聞いた楓が兎守に尋ねると、杏子が忍びの者を警戒していたから楓に化けて寝所にいると楓に伝えました。

抵抗する杏子に、これでいいんだ悪いようにはしないと言う鐵男の話を聞かない杏子を鐵男は抱きしめ、お前が好きだと言い、杏子の首に注射を打ち、お前を俺の女にするって決めていたと言いました。

意識が薄れていく杏子を鐵男が俺が里へ連れて帰ると言いますが、杏子は心の底から楓、楓と呼び続けていました。

すると、楓が銃を持って私の杏子に何をしているのとやってきて、二人は睨みあいました。

すると、鐵男にやめてと言い、里に帰るから…!と鐵男に懇願したスキに、楓の左胸に刀を投げつけました。

兎守が楓に駆け寄り、杏子はそのまま鐵男に連れ去られていきました…

忍恋第26話ネタバレ!!楓と紗々女の想いは同じ!!

楓の名前を呼ぶ杏子を車に入れ、出発させました。

そして紗々女の姿を見つけ、屋敷を出たら共犯だと疑われると言いますが夫の仇に文句の一つでも言ってやろうと思ってと言いました。

杏子をどこに連れていくのか尋ねる紗々女に里に決まっていると鐵男は答えますが、杏子から恨まれるわねと鐵男に伝えます。

すると、紗々女は鐵男は楓のことなんか自分が忘れられると言いますが、杏子は楓といちゃついて楽しそうだったと伝え、鐵男が里から追放されたなんて知らなかったと呟きました。

楓を殺したとなれば、杏子は鐵男を選ばないのにあの子がいいの?と尋ねる紗々女に、そんなことを言いにわざわざ裸足で追いかけてきたのかと言い、お前とは話にならないと言い放ちました。

本当は御堂家の娘じゃなくて、昔から百窓と通じていて隙を見せないのに人の腹は探ろうとするのは昔からだと言いました。

望み通り里も出て、金も自由も手に入れたのに何の不満があって俺たちに絡むんだと問いかけますが、紗々女は私は…と考えていましたが言葉に出せなかったので、鐵男は相手にするだけ無駄だと去っていきました。

昔、美しかったから他の娘とは違う才があると仕込んでもらい、特別だから特別な人生が待っていると紗々女は考えていました。

こんな所でみじめに生きるのはいや、私はただ抜け出したかっただけだと気づいていました。

ベッドに横たわる楓をみながら、急所は外れていましたが絶対安静だと福村は言いました。

楓に何かあれば御堂家に帰されるのかと尋ねる紗々女に、福村は奥方として体外受精をして崋山院家の御子を産んでいただきますと福村が伝えました。

強引ねと紗々女は言い、楓に私たち物みたいよねと呟きました。

あんな大見得切っておいてこのまま死ぬの?と呟くと死なないと楓が言い、杏子に看取られないなら私は死なないと紗々女に伝えます。

福村に起き上がって鐵男を追っているのか、杏子の居場所はと立ち上がって問い詰め、杏子は絶対に渡さない、彼女は私のものだと言い切る楓の首に手刀をして紗々女は眠らせました。

そんなに杏子が好きなら結婚すればよかったのに、それをしなかったのは怖かったからじゃないの?と紗々女は考えていました。

側忍なら縛り付けておけるけど妻となればそうはいかないから側忍でお茶を濁したから結局あんたも意気地なし、あんただって臆病者よ…とベッドのそばで紗々女が呟きました。

妻なんてなんの意味もないのはわかってるだろう?と目が覚めた楓が言い、君の言っていることは正しいけど的外れだと言い、杏子を側忍にすること以外は考えてなかったと呟きました。

楓は自分の父親のことを語りだし、情が薄く人間嫌いで傍若無人で母に愛人がいても興味を示さず、自分に至っては居ないもの扱いだったと振り返りました。

ただ一人側忍だけは黙々と父に仕えていて、父が病に倒れて死が間近になると楓が跡継ぎにと担ぎ出され、父親は自室に閉じこもって医者と側忍以外立ち入ることを禁じました。

楓は父を愛していなかったので側忍に同情しており、妻からも子供からも愛されていない寂しい人間なんだと思い、父親の部屋を覗いた楓は驚きました。

父親が側忍と幸せそうに話している姿を見て、父親は寂しい人間ではなかったと気づき、寂しいのは夫に愛されなかった母と父に愛されなかった自分だと思い知らされました。

ある朝父親はベッドの上で死んでおり、側忍はいなくなっていて、安らかな死に顔でした。

楓が側忍を召し抱えられることになった時に、楓は杏子さえいれば他に何もいらないと思える運命の子だと感じていました。

欲しい、欲しい、私を見て欲しいと楓の話を聞いた後、紗々女は涙を流し、楓から君にもそういう人がいるんだねと言いました。

紗々女は幸せになりたかったと言い、なろうとすれば遠ざかっていくと呟き、離縁しようかという楓の提案を断り、紗々女は鐵男は条件のいい男だとそう思ってきちんと向き合っていなかったことに気付きました。

本当は玉砕する覚悟がなかったと思い知らされ、自分は特別な女でそのための教育を叩き込まれてきたのに他の娘みたいに振られるわけにはいかないじゃないと楓に訴えました。

そんなのみじめじゃないと呟く紗々女に惨めでも結果的に手に入らなかったとしてもそれが本当に欲しいものだったのなら手を伸ばしたことを後悔はしないよ、保証すると楓は微笑みました。

だから君も怖がらずに手を伸ばしてごらんと言う楓に死期が近い、どうでもいい男には言えるのよねと紗々女は言い、どうしても一言言ってやりたい男がいるからついでに杏子を取り戻してあげると楓に言いました。

それまであんたはしぶとく生きていなさいと言いました。

忍恋第26話楓と紗々女の想いは同じ!!の感想

さてさて、楓と紗々女は意外と気が合いそうですね。

お互いに求めているものが一緒で不器用なところまでそっくりですね。

二人で病室で本音で語り合い、紗々女が本音で話せるなんて楓はやっぱりすごい男ですね。

さて、紗々女は杏子を取り戻せるのでしょうか!?

次回の忍恋第26話は第5号(2月5日発売)に掲載予定です!!

最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、忍恋最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
忍恋最新話を読む