BELOVE

星降る王国のニナ【第8話】出立の日ネタバレ!アズールを護るため、ガルガダへ出立!

BELOVE6月号(5月1日発売)に掲載の新連載星降る王国のニナ第8話出立の日を読みましたので、ネタバレ・感想を書いてみました!

星降る王国のニナ最新話を無料で読む方法は?

星降る王国のニナ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、星降る王国のニナ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
星降る王国のニナ最新話を読む

星降る王国のニナ 前回までのあらすじ

わたしはあの人に2度殺される

せめてどうかもうひと目…そう思いながら少女は衛兵から連行されていました。

フォルトナ国 城下ダヤではニナフと呼ばれる少年が逃げ回っていました。

ニナフとサジとコリンの3人はその日暮らしをしていて、たまに金持ちから金品を拝借して生活をしていました。

拝借した金品の中に腕輪が入っており、コリンはニナの目と一緒の夜明け前の深い瑠璃色だと言いますが、ニナフって呼べと目を隠します。

いつもおなかは減ってて金もないけど居心地が良くって、こんな日々がずっと…続くと思っていました。

病気がちのコリンの熱が下がらないからもうダメなんだと言うサジに、ニナフは医者に見せようといいますが、そんな金はないと二人で喧嘩になってしまいます。

崖の下に転落した馬車を見ながら、従者が二人途方にくれ、姫は…あれでは生きていはいないと判断し、早急に身代わりを手配しなくては…と言います。

従者の一人が落ちた馬車を見つめ、アリシャ…と呟きました。

雨が上がった後、コリンを弔いながらお互いに謝り合い、そしてサジは一緒に来て欲しいところがあると言ってニナを連れていきました。

ある小屋の前に立ち、やっぱりこのままじゃだめだよな、俺もお前も…と言い、売られたと察知したニナは逃げようとしますが、思いっきり壁に打ち付けられ動けなくなり、目の色を確認されます。

なるほど、たしかに青い…という男の目は灰金色(きんいろ)目をしていて、獣の目の色だとニナは思います。

女であることに気づき、男のような格好をしていたのを不思議に感じていると、この目・孤児なので人買いを避けたのだろうと推測していました。

男はニナにお前は今日死ぬ、そして王女として生きるんだと伝えます。

三月の間、姫として作法を学び美しく着飾り、王国ガルダの王位継承権を持つ第一王子の元へ嫁ぐのが役目だと言われたニナは、アズールに俺に頼む立場なんだからな!!と叫びながら、失うものなんて何もないから怖くないとニナは感じていました。

私はあなたの教育係でそして三月の間の主、フォルトナ国第二王子 アズール・セス・フォルトナと名乗りました。

返事の仕方をなんども注意するアズールから簡単な文句の繰り返ししかしていないのは三日後の国王の謁見の急ごしらえだとアズールは伝えます。

新巫女は16歳(成人)になって最初の初夏の祭りでお披露目になるので、それまでは外へ出ない決まりなので直接顔を知るものはわずかしかいないと説明されます。

そして当日、偽物だとバレたら打首だと知らされたニナは焦りますが、王様をも騙すということなんだとたくさんの人を見て感じていました。

声が震えのどがカラカラになりながら、そしてたどたどしく挨拶するニナに対して、王妃は皇太子成人の儀で星の巫女が舞を奉納することになっているから我が王子ムフルムのためにここで披露していただけないかしらと言い出しました。

姫は成人しておらず、星の神事も継いでいないからそのような者に舞わせてはムフルム王子の今後に傷が付くと言い、王女は具合が悪そうだから退席させてもらうと言ってその場を離れました。

次期国王だから城内のことはくまなく知る必要があると言いながら、ムフルム王子はニナと一緒に歩いていました。

義姉上(アリシャ)は目の色が青じゃなかったら泥棒かと思ったとムフルム様に言われてしまいます。

ムフルムが兄上は本当にすごいんだと呟き、目を輝かせながらアズールのことを語るムフルム様にニナが何か言おうとした瞬間、アズールが戻ってきました。

ムフルフ様に、次期王だから考えて行動してほしいと言い、剣術もサボって居るようですね…と諭し始めると私が王にふさわしくないと思うなら兄上がなればいいだろと言い残し、ムフルム様は走り去っていきました。

逃げ回り井戸のふちに立ったムフルム様を危ないからとニナが説得しますが、足を踏み外して二人とも落ちてしまいました。

井戸の中で色々とニナがムフルム様に話しかけますが首を振り続け、連隊を率いていた兄上は立派でぼくもああなりたい、とニナが言うと頷きました。

ここの井戸は枯れているはずと言うと底からボコボコと水が湧き出したので、ニナがムフルム様をおぶって助けを待っていました。

井戸の入り口からアズールが現れ、助け出されたあと、ムフルム様はアズールにこんどけんじゅつおしえてください!と勇気を出して言いました。

避けられていると思っていたというアズールに、心のうちは声にしないと分からないからとニナは思いました。

去っていく二人を遠目に見ながら、アリシャ姫が死んでいるならあれは一体何者なのだ…と話している人たちがいました…

フォルトナ国の初夏の星祭りは麦の収穫祭と星の神誕生の祭りでもあり、一人にひとつ願いをこめて家の戸にはランタンが飾られます。

祭りが終わってあとひと月半もしたら、アリシャがお嫁に行くことを思いやるムフルムに、ニナは別にいつでも会えると言い返すとムフルムがガルガダに行くんですよ!?と叫びました。

隣国と言っても険しい山の向こうだから数週間はかかると言われ、驚いているアリシャにガルガダの第一王子はこわい方だと聞くので心配ですと言うムフルムを抱きしめました。

そんなときに、アリシャに離宮で育っていると街の星祭りをご覧になったことがないのでは?と王妃の側近が話しかけてきました。

アズールはニナが居なくなったのを知って慌てており、側近に耳打ちされた段取りに従って本当に外に出たニナは走り出します。

昔の父親と母親の記憶、サジとコリンと一緒に過ごした記憶、思い出しながら前に居た家に入るともぬけの殻でした。

すると黒装束の男たちがやってきてニナを襲いますがアズールが助け出し、カツラの取れたニナを見た王妃の側近がまがいものの姫だったようだなと呟きますが、死人に口なしと言ってトドメを刺しました。

お前がアリシャでないことを俺は知っている、だからニナ、ふたりのときはそう呼ぼうとアズールは優しく言いました。

初めてなのに馬を乗りこなしているアリシャを見て、アズールたちは頭を使わないことは早いなと感じていました。

アリシャは自分の部屋で紐のようなものを見つけ、女官に尋ねるとフィタというもので南方に伝わるお守りで、フォルトナの守り石に近い感じで願いや祈りを込めて編むので簡単ですよといいました。

気分転換が必要だろうということでアリシャと遠乗りに出かけることになりましたが、アリシャに一人で乗せるのは心配だからとダイタスにそっちの馬をよこせと言いました。

すごく遠くまで見えると感激しているアリシャに、王族の離宮で大上皇がおられ、曾祖父にあたりこの国の繁栄の基盤を作ったと説明してくれました。

ニナはフィタを編み上げ一人でアズールのところへ行くと、ダイタスがアズールの手綱だけではなく鞍の方にも切れ込みが入っていたと言い、馬を替えて正解でしたとアズールに伝えていました。

思わず部屋に入ったニナは本当に死んだらどうするんだと訴えると、お前が思うより自分の命は軽いと言うアズールに怒ったニナは、アズールにフィタを投げつけ、ふたりじゃないときに呼ぶなバカと言って出ていきました。

次の日に馬を走らせ、大上皇さまの住む離宮へは徒歩で半日、馬ならそれで往復できると考え、ニナは大事な人が危ないから協力してくれと言い、大上皇さまのところへやってきました。

約束もなしに押し掛けるとは…と言いながらも会ってくれた大上皇さまにアズールを助けてほしいとアリシャは懇願します。

すこし近うよれ、もっとだ、と言う大上皇さまの言葉に従って進んだアリシャは星の紋章を踏んでしまいます。

その瞬間、アリシャではないと判断され、紛い者め付け焼刃にもほどがあるわ、身ぐるみ剥いで地下に投獄しろと言われてしまいました。

家来が大上皇にアリシャが鼻歌を歌っているようだと報告し、ニナは偽物だとバレたら打ち首になると怯えていた女官たちを思い出して他の人達は許してもらわなきゃと悩んでいました。

次の日、再び会えることになったニナは最後の機会かもしれないと思い、逃しちゃだめだと心に決めました。

アズールを助けて欲しいと言うニナに、偽ったことへの謝罪もないのかという大上皇さまに自分は百叩きだろうと、打ち首だろうとどんな罰でも受けますと言い、他の人は許してくださいと訴えました。

アズールを助ける力は自分にはないと言いながら自分の足を見せ、死にゆく者だから自分には何もできないと言う大上皇様は絶望するニナに、アリシャなら可能だと言い、お前の立場は強いんだよと伝えました。

ガルガダとの婚姻を安易に承知したのはわが孫の現王で、ガルガダは侵略し領土を広げる口実が欲しいから、友好関係にあるフォルトナに攻める口実が欲しいと語りだしました。

フォルトナの命運を左右するのはアリシャであるから、お前に覚悟と決意がある「アリシャ」ならばアズールを守ることができようと大上皇はニナに言いました。

考えよ愚かなままでは何も守れぬと言う大上皇さまを見つめていると、出入り口で騒ぎが起き、アズールが入ってきました。

全ては私の謀で、この者に罪はなくと言うアズールの言葉を遮り、ニナがバレたのは自分が…と二人で押し問答をしていると、大上皇さまが事情は察しておると言いました。

そして、足を痛がる大上皇さまを従者が案じますがダイタスを呼び、あれは異分子で紛い者で特異ゆえにアズールを動かす風になるのだろうと語りました。

ニナは灰金目(きんめ)がアズとひいじいさんが同じだと嬉しそうに言うと、アズはニナに自分には王族の血は流れていない、死んだ王子の身代わりだと言いました。

大上皇さまが離宮で育て、この国のために生き、この国のために尽くす、他を望んでもならぬ、欲してもならぬ、それがおまえの生きる道だと10年教え込まれました。

本来、ムフルフが生まれた時点で消されてもおかしくない立場だから、他人は人形(コマ)だったし、ニナも殺す目的で身代わりを立てたと伝えました。

ここに来るまでの間、アズールは前日から夜通し万一のことがあったらと失えないニナの泣き笑いを思い出し、お前はただひとりだ、死なせるものかと伝えました。

それを聞いたニナは、アズールも死んだらダメだと言い、ムフルフが王になってもアズが国を支えてやればいいし秘密だから誰も困らないと訴えました。

黎明の青、真っすぐなその瞳が見ているのは王子ではなく、何者でもなく、欲しいと思うものなど何もない人生だったと思い、ニナに口づけました。

とっさに体を離しニナに夢だからと言い、おやすみと言ってアズが去った後、ニナは夢なんかじゃないと感じていました。

すごいですねぇとガルガダから嫁入り準備にと贈られた品々を見ながら女官たちとニナは驚きました。

そこにアズールが入ってきて、届いた荷にはまだ触ってはならぬと言い、返すことになるかもしれないからと伝えました。

ニナにガルガダのものなどつけるなと言って髪飾りをニナの髪に刺し、組紐の礼だと剣に付けているのを見せ、やはりお前は青が似合うな、可愛らしいとと見つめました。

照れているニナに、ガルガダに急ぎ使者を送り婚姻を白紙に戻す交渉をすると伝え、無理を承知でやってみることにしたと言い、おまえはここにいるといいと伝えました。

まだひとつ解決していない問題があると悩んでいるニナでしたが、ニナの部屋から王への品ですと荷物が運ばれているのを横目で眺めていました。

国で一番力のあった大上皇様の「アリシャ」ならアズールを守ることができるという言葉を思い出して自分が何かしなきゃだめなんじゃないかと悩んでいました。

アズを邪険に思っている人なんて王妃しか思い当たらないと考えますが、考えても分からないのであたってくだけるしかないと思いました。

ムフルフのもとへやってきたニナは、ムフルフからガルガダからの贈り物がすごかったらしいですねと興奮気味に話しました。

もらった宝石のシャタルが見たいとせがむムフルフに、ニナは邪魔だしいらないと呟きますが、それを聞いた王妃があれを貰う代わりにおまえは嫁に出されたようなものなのにと笑いました。

王のシャタル好きにも困ったものよと呟く王妃を見ながらすごいこと聞いたような…とニナは感じていました。

王妃から話したいことがあると聞いたがと言われ、単刀直入にアズール義兄さまをどうなさろうとしているのですかとニナは尋ねました。

必要な男には違いないが、へんな気をおこさないよう釘を刺しているだけだと言う王妃に側近で三白眼の猫背の男の人がいますよね…と尋ねました。

あれは王の子飼の狗よと言われたニナの後ろには王様が立っていました。

そして王と二人きりになったニナは、王様からちょうど話がしたいと思っていたと言われ、ボーグ卿の件だが彼はあることを調べたまま突然消えてしまったと言われてしまいます。

大上皇より力を持っていて、国で一番偉い人だからアズは何もできないんだと悟りました。

ニナは王さまは自分のことをニセモノだと疑っているから、どうしたらいいのかわからないと悩みますが、とにかくこの場をしのごうとニナは考えます。

話したくなるように内緒の話をしてあげようと言い、今のアズールは幼いころ死んだ本物の王子の身代わりなんだよと語りだしました。

あの日は自分の誕生の祝いが近くて機嫌が良かったのに、幼い本物のアズールが王のシャタルで遊んでいることに腹を立て、叩かれたアズールは頭を打ちそのまま亡くなってしまいました。

このことは秘密にするから代わりになる子供をどこぞから連れて来いと王さまは命じ、愚かだと言う大上皇の言葉に、王さまは私が愚かなら全てが愚かなのだと感じていました。

アズールがいることで楽をしているというニナの言葉にも王さまは納得していて、どうしてと尋ねるニナに嫌いなんだよ、と一言言いました。

この国は私の盤、統べるのは私だから駒と一緒にされては困ると言う王さまに、ニナはこの人はただ遊んでいるだけ、楽しいから、嫌いだから、他にはなにもないからどうすればいいのかと考えました。

俯いているニナに、お前の口から私はアズールに連れてこられた偽物ですといってくれと王さまは伝えます。

こんな人に何ができるの?と悩むニナは、アリシャにできることはと考えた時、突然腑に落ちました。

大上皇さまが話した理由、アズールが身代わりを立てた理由、色々思い出し、アズにずっとニナって呼んでほしいと願いますが、アズを失いたくないから一緒には居られない、私は「アリシャ」になると決心しました。

立ち上がりながら、私は正真正銘アリシャですと言い、どうぞいくらでも調べてくださいと王さまに伝えます。

話は終わりだ、もう戻れと言う王さまにガルガダに嫁ぎ、必ずや第一王妃の立場を手に入れて見せます、フォルトナを守る盾となるべくと伝えます。

もしもアズールさまが不審な死を遂げるようなことがあれば、わたしはガルガダを率いフォルトナを滅ぼす剣となりましょうと宣言しました。

その言葉を聞いた王さまは怒り、王に対する叛意であり大罪を口にしたから我が子といえ許されるものかと言う王さまに対し、ニナは冷静にわたしが今死ねばガルガダを抑える術がなくなりますよ?と優しく答えます。

私を売った宝玉のシャタルで楽しい日々をお過ごしください、余生はアリシャが守りますお父さまと伝えました。

ニナは「アリシャ」になろうと決心し、ガルガダに嫁ぎ、いずれ王妃まで登りつめ、あたしならできると言い聞かせました。

あたしはこの人の身と自由を守るんだとアズを呼びながら決心しました。

星降る王国のニナ【第8話】出立の日ネタバレ!!アズールを護るため、ガルガダへ出立!!

アズの部屋へやってきたニナに、興味のある本があるならどれでも持っていくといいと言うアズに女官たちが巫女の知識もすべて覚えて他にもいろいろと教わりたいと…と伝えました。

アズの部屋に入れて喜んでいるニナに絵が多いものも多いと言って本を見ながら読んで聞かせてくれるアズの声を心地よく感じていると、ニナにガルガダに使者を送ったとアズが言いました、

時間稼ぎに輿入れの延期を打診したから、必ず何とかすると言うアズの言葉を聞きながら、ニナはその使者はガルガダには届かないのと心の中で思っていました。

大上皇様から内密に来た使者がアズールを出し抜くのはニナだけでは難しいだろうから、準備も離宮で進めてやると伝えられ、大上皇様は全てお見通しなんだとニナは感じていました。

アズを殺そうとしているのはこの国の一番偉い人だった、王様からアズを守るためガルガダからフォルトナを守るため出した答えは”アリシャとしてガルガダに嫁ぎ、第一王妃の位と権威ある立場を手に入れる”でした。

アズには秘密のままこの国を離れて二度と会えなくなる、と考えているニナにどうした?とアズから尋ねられ、異国の者が多いなーってと言って誤魔化しました。

半分は勉強だが半分は趣味なんだ、旅をしている気分になって楽しいと嬉しそうに語るアズをみて、初めて知るアズの好きなものを知ってニナは嬉しく感じていました。

そして息抜きしたいと言って町に二人で出たいと言い、ちょっとでいいから思い出が欲しいとニナは考えていました。

市場で大きな声を出すニナに、美味しい食べ物やスープを教えて二人で食べながら手を繋いで歩きました。

ニーナ、と伸ばして呼ばれるたび照れるニナに、そろそろ帰ろうと言うアズにあと一か所だけ行きたいと言ってコリンが眠っている墓に行きました。

病気になって医者に診せる金もなくて死んでしまったと語り、星の下なんだよと言われたサジの言葉を呟いてると、アズはもともと豊かな国だから貧困はなもっと少なくなるはずなんだと語りました。

アズが考えるこの国の未来、見てみたいなぁとニナは呟くと何バカなことをとアズは笑いました。

帰ろうとするアズにそっと頬ずりをして、わかんないけどこうしたくなったと言うニナに、それは好きだというんんだと言ってアズはニナに口づけをしました。

あったかくて浮いてギュウッってする、今で胸をいっぱいにして閉じこめてずっと大事にするとニナは思っていました。

帰ってから、また出たいと言うニナに次は秋の収穫祭だなと言うアズに、その秋はきっともう来ないとニナは思っていました。

執務にもどるアズにニナはありがとう、とお礼を言ってありがとうあたしにただひとつの特別をくれて、と心の中で伝えました。

まぁ、なんてお美しいんでしょう、ガルガダの装いよくお似合いですと女官たちがニナを褒めました。

新しい付け髪もなじみそうなので、今までと違っていろいろ髪飾りも選べますよ、私どもは一緒に行けませぬゆえ…と言う言葉を聞いて、本当にひとりになるんだと思って目の前が真っ暗になりました。

怖い、足もとが消えていくみたい、手を伸ばした先も真っ暗みたい、と涙ぐもうとした瞬間ムフルム様が叫びながらやってきました。

今日出立ってどうしてですか?予定よりも10日も早いじゃないですかというムフルムに大上皇様が準備してくれたんだよと笑顔で伝えると、姉上ずっといてくださいと駄々をこねました。

泣いているムフルムを抱き締め、わがまま言うなよと立派になれないぞと言い、姉上はねぇずっとフォルトナを見守っているからと言いました。

ガルガダで出世して権力もったら会いに行くしと言うニナに、女官たちが”あなた”さまのこととてもとても好きでした、できればずっとお仕えしとうございましたという言葉を聞き、ふたりとも今までありがとうと伝えました。

アズールが視察へ向かいながら、何か見落としているような落ち着かない違和感をアズールは感じていました。

迎えた者たちから、困ったことは解決したという言葉を聞いたアズールは戻ると言い、誰の命だと強く言いました。

問い詰めるアズールに、ダイタスは大上皇さまですとハッキリ言いました。

所詮第二王子のアズールさまにはガルガダの意向を止められる術などありはしないのですからと言うダイタスの言葉を聞いた瞬間、俺をはめたなとダイタスを責めました。

どことなく様子のおかしかったニナ、もう戻ってきていいはずの使者は戻らず、突然言い渡される地方への視察、誰が…と考えているとニナ、おまえが!?とアズールは気付きました。

ガルガダへ向かう馬車の中で、アズ怒っているかなぁとニナは独り言を言い、止められたら困るしと呟いた瞬間、涙が流れました。

止めに来て、ほんとは行きたくない、顔が見たい、会いたい、もう一度と外を見つめました。

アズはその頃関所で止められており、ここから国境までは三日、追いつけはしませんといわれますが振りほどいてニナを想ってアズは馬を走らせます。

待ってろって言ったよな!?必ず何とかすると言っただろうと走って、国境の方を見つめました。

ニナも同じ方向を見つめており、大粒の涙を流して泣き始めました。

今だけ、泣くのは今だけ今だけだからとアズからもらった簪を抱き締めていました。

ガルガダ領バステアでは銃の音が響きました。

寝所の上で裸の女性が二人震えており、一人の女性はナイフを握ったまま血を流して倒れて死ました。

男性は、とっさの時にこれは向かないか、いい声だったのに残念だと言い、震えている二人にこの女のように殺意があったかのように見えるぞと言い放ちました。

エリザ姫…という女性の言葉を聞いてそんな名前だったかというと、セトさまお時間ですと召使いが入ってきました。

本日のお召し物はお目の色に合わせた深紅の刺繍が入っていますと言う言葉に悪くないとセトは言いました。

本日はフォルトナの姫君が到着予定となっておりますと言われ、エリザ姫の件どうなさるおつもりですかと召使いがいいました。

エリザ姫の国許に賠償を請求しろ、こちらは命を狙われたのだとセトは言い張りました。

むごい、という声が聞こえる中、この居城はあの方のもの、王子には文句を言うな、有能な方には間違いないのだと言いました。

そして部屋に入ったセトは鳥にニィナと言い、鳥はセト、ニィナと言いながらセトの腕に止まりました。

愛しているのは鳥のお前だけだ、フォルトナの青い鳥はいい声で泣いてくれるかな?とセトは言いました。

星降る王国のニナ【第8話】出立の日!アズールを護るため、ガルガダへ出立!!の感想

ニナ、切ないですね…

居場所をくれ、好きになった人を護るため一人で戦いへ行ったんですね。

馬車の中で泣いているニナがとても切なくて、助けてあげたくなりました。

それにしても、ガルガダのセト王子はなかなかの曲者ですね。

鳥の名前とニナの名前が同じことも気になりますが…次号が楽しみですね!!

星降る王国のニナ第9話は次号7月号(6月1日発売)に掲載予定です!!

星降る王国のニナ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、星降る王国のニナ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
星降る王国のニナ最新話を読む