週刊漫画TIMES

本日のバーガー【第128話】の嵐のプレオープンネタバレ!香港店オープン前に大荒れ!?

2020年5月29日発売、週刊漫画TIMES6/12号の本日のバーガー【第128話】の嵐のプレオープンネタバレや感想をまとめました。

本日のバーガー最新話を無料で読む方法は?

本日のバーガー最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、本日のバーガー最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
本日のバーガー最新話を読む

【前回のあらすじ】

グリーン・ハーバーが香港に出店することになり、手伝いのために現地を訪れた神宮寺。

プレオープンで記者を集めて店の宣伝を行うことになりましたが、香港で有名な記者のミシェルが「すごく期待してきたのに残念だ」と神宮寺に話すのでした。

本日のバーガー【第128話】の嵐のプレオープンネタバレ

すごく期待してきたのに残念だというミシェルに、神宮寺は訳を聞きました。

するとミシェルは、香港人や欧米人にとって日本料理と言えば「Sushi」なので、そのスシレストランを思わせる内装で人を呼び込もうなんて、安直な発想でつまらないと不快感をあらわにします。

彼女は日本に留学経験があるため、日本では今もサムライやニンジャが毎日スシを食べているという偏見を聞くたびにとても悲しい気持ちになると言います。

しかしそんな偏見はあなたのような日本人自身が作ってるんじゃないかと神宮寺に言い放ち、立ち去っていくミシェル。

すると神宮寺がミシェルを引き留めました。

この店は自分たちが提供するバーガーを最もおいしい形で客に提供するために設計してあるため、明日もう一度きてほしいと説得する神宮寺。

しかしミシェルの態度は変わらず、神宮寺は評判とは大違いの男だと吐き捨てて、出ていってしまいました。

店長のロビンは、ミシェルがこのことをSNSに書こうものなら大変なことになると頭を抱えました。

 

次の日、いよいよグリーン・ハーバーがオープンし、たくさんの客が訪れました。

寿司屋のような店内の様子を客たちは面白がり、写真に収めてSNSにアップし始めます。

 

一方ミシェルは同僚からグリーン・ハーバーに客が殺到しているみたいだと伝えられます。

しかし新し物好きが集まっているだけで、すぐに飽きられるだろうと冷めた様子で話すミシェル。

人目を惹くことばかりに力を入れていて、香港人をバカにしていると言います。

そんなミシェルの言葉に同僚は首を傾げ、客観的にみて新しい試みだと思うと話しました。

それを聞いたミシェルは神宮寺に明日もう一度来てほしいと言われたことを思い出し、携帯をチェックします。

するとミシェルは何かに驚き、取材に行ってくるといって、急いでグリーン・ハーバーへと向かいました。

 

行列の中、人をかき分けて店の中へと入るミシェル。

そこには具材や味付けを客が自分で注文し、その場で調理する店員の姿がありました。

神宮寺が考えた香港限定のメニューは、一つのバーガーではなく一つのシステム。

ここでは日本の店舗で販売されているレギュラーメニューに加えて、客が好きな具材を好きな量で組み合わせることができる”グリーン・オーダー”というバーガーを販売していました。

見た目の面白さだけでなく、それ以上に客自身の目で食材を選んでもらうことが、何よりも大事だと考えた神宮寺はネタケースを客の前に置いていました。

これは店側にもメリットがあり、例えば常に客の厳しい目線にさらされることで、新鮮で高品質な食材を置かなければと目利きの力が鍛えられます。

それに加えて、どんなジャンルでも一流の職人の動きは美しいものなので、人の目を意識することで細やかな所作にまでこだわることができ、自然と調理レベルも上がっていくのです。

そのことを神宮寺から説明されたミシェルは昨日の非礼を謝り、神宮寺は評判通りとても素敵な人だと言いました。

さらに神宮寺は、かつてイギリス領で現在は中国の特別行政区である香港は、”変化の街”に映ると話し始めます。

世界有数のビジネス都市でもあり人々の興味や関心の変化、流行の移り変わりはものすごく早く、そのうえでそれぞれの人がしっかりと自分のアイデンティティーを持っているという神宮寺。

そんなイメージがあったため、その時々の気持ちに合わせて自在に変化させられるバーガーが良いのではないかと思ったのだとか。

ミシェルは香港にまた一つ素敵な場所を作ってくれたことを、神宮寺に感謝しました。

そして改めてこれからカメラマンを呼んで少し撮影させてほしいと言います。

その時、宇野が神宮寺に独占インタビューしてはどうかとミシェルに提案しました。

宇野は香港1号店の成功は神宮寺の力によるものにもかかわらず、何のスポットも当たってないことに違和感を感じていたのです。

ミシェルもやらせてほしいと言いますが、神宮寺は謙遜して断ろうとします。

しかしそこへ社長と副社長もやってきて神宮寺を説得。

やむを得ず神宮寺はインタビューを承諾し、ミシェルはうちだけの独占だと喜ぶのでした。

本日のバーガー最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、本日のバーガー最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
本日のバーガー最新話を読む

本日のバーガー【第128話】の嵐のプレオープンの感想

正直個人的にもハンバーガー屋なのに寿司屋の内装というのは、あまり神宮寺らしくない発想だなとは思っていました。

しかしやはりちゃんとした理由があって感心しました。

世界中に神宮寺の名前が知れ渡ることになりましたが、これからどうなっていくのか、とても楽しみですね!

次回の本日のバーガー【第129話】が掲載される週刊漫画TIMES6月26日号は6月12日に発売されます。