正直とっくに付き合ってます

正直とっくに付き合ってます【第1話・新連載】ネタバレ!最悪⁈

2020年4月20日発売、Sho-Comi10号正直とっくに付き合ってます【第1話】ネタバレや感想をまとめました。

正直とっくに付き合ってます最新話を無料で読む方法は?

正直とっくに付き合ってます最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、正直とっくに付き合ってます最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
正直とっくに付き合ってます最新話を読む

正直とっくに付き合ってます【第1話】ネタバレ

最悪な気分

羽彩は新聞を広げて、真剣な顔をして凝視しています。

手はこきざみに震えています。

どうしたの?と尋ねている仲間もいれば、今、話しかけたらダメよと言っている仲間もいます。

今、羽彩は最悪の気分なのです。

そんな羽彩を呼ぶ人がいます・・・。

見たよ新聞とご機嫌に羽彩に話しかける千宙。

羽彩は千宙のせいで気分が悪いのです。

それなのに千宙は何も気が付くことなく、可愛く写っているよと羽彩に話しかけています。

何度も言う千宙にイライラがマックスになり、羽彩は「新聞の一面に載っている人に言われたくない!」と叫びました。

優勝した私はスポーツ面でミスした千宙が一面なのかがわからないと羽彩は続けます。

千宙は昨日の羽彩の演技は凄く良くて、特にラストのトリプルルッツ凄かったと言い、今までの中で一番綺麗なルッツだったなあと言います。

すると、羽彩はそうだった?とご機嫌は直りつつあります。

千宙はうんと返事しながら、羽彩はこんな感じだったと、その場で羽彩のラストのトリプルルッツをしてみせました。

その場にいた選手たちは「おー千宙、綺麗」と拍手喝采です。

羽彩はプイっとその場から離れようとしたので、千宙は慌てて、羽彩を追って見てくれた?と尋ねます。

羽彩は見ていたよと今にも泣きそうな顔をしていました。

そして、千宙に本当に嫌いと言い残して、千宙から離れようとしています。

羽彩はいつもこう・・・千宙がいるせいで私はいつも目立たないと思っています。

メディアでは「水上のプリンス」「天才スケーター」と千宙を呼びます。

離れようとしている羽彩なのに、千宙は付いて行き、一緒にエキシビションを一緒に出ようと言います。

羽彩は振り返って、絶対いやと言って逃げて行きました。

羽彩はこれ以上、千宙の引きたて役は嫌だと思います。

エキシビションは僕と

羽彩は何気に通路のテレビモニターを観ていると、千宙がインタビューを受けているところが目に飛び込んできました。

インタビューで千宙はエキシビションで羽彩とカップルを組んで出ますと言っていました。

そして、レポーターが羽彩選手とはとっても仲がいいですが、もしかして付き合っているのですか?と尋ねると、

千宙はご想像にお任せしますと言っているではありませんか!

慌てて、羽彩は男子控室に行きました。

そして千宙を捕まえて、さっきのインタビューは何かなと迫ります。

千宙は呑気にえっ、観た? 急に囲まれて大変だったんだからと言います。

控室のテレビでは、もう熱愛中と言われていました。

もう、嫌だ・・・どうして千宙はそうなの・・・と羽彩が愕然としていると、

千宙は昔のように羽彩と一緒に滑りたいからだよと。

一瞬、「千宙!」と羽彩は喜びますが、その手にはのりません・・・と言い放ちます。

千宙が可愛く「ダメ?」と尋ねても、羽彩はダメの一言!

それでも諦めない千宙は、今更止めると言ったら、観客のブーイング凄いと思うのだけど・・・もう楽しみにしてくれる人たち、結構いると思うのだけど・・・と言うではありませんか!

羽彩はハッとして、やればいいんでしょうと言うと、千宙はやったーと大喜び。

傍で観ている仲間は、又、羽彩がやられていると思うのでした。

千宙との想い出

女子控室に戻った羽彩はイライラしています。

仲間たちは「また、千宙?」と尋ねます。

昔は仲良かったでしょう? 何時からこんな感じになった?と仲間たちは不思議がっています。

羽彩はその言葉を聞いて昔を思い出します。

確かに昔の千宙は可愛かった・・・あの頃は私がジャンプを教えてあげていたなあ・・・と。

千宙は楽しいからずっと羽彩と滑りたいと言っていました。

時が経ち、千宙は初出場で1位になります。

そして、羽彩がまだなのに、千宙は強化選手に選ばれます。

新聞の1面や雑誌に氷上のプリンスと書かれるようになる千宙です。

この頃からでしょうか? 羽彩がイライラし始めたのは・・・。

仲間は、同じ世代に生まれたことを呪うしかないわねと羽彩に言います。

ラッキーガール

羽彩は千宙さえいなかったらと思っていると、千宙が羽彩と言って抱きついてきます。

早く練習に行こうと羽彩の手をとる千宙のところにレポーターたちが駆け寄って来ます。

大会での演技は見事でしたね。次はえエキシビションですが、羽彩ちゃんはラッキーガールですねと言われます。

その上、氷上のプリンスに選ばれた感想をお願いします!プレッシャーがあるんじゃないですかと尋ねられます。

羽彩はだんだん落ち込んでしまいます。

そんな時、千宙が羽彩と滑りたくて、僕の方が頼み込んだのに、ラッキーガールだなんて・・・僕たちの演技を観ていただければわかりますと怒ったような真剣な顔をしてレポーターたちに説明します。

そして、千宙は立ち去ってしまいました。

羽彩は千宙を追いかけて、イメージ悪くなるよ、いいの?と尋ねます。

すると、千宙は怒ったように、羽彩の凄さをわかっていないから、頭にくると言うではありませんか!

羽彩は嬉しかったですが、あんたが変なこと言ったからでしょうと千宙を責めていると、羽彩と千宙を呼ぶ仲間の声がします。

羽彩は複雑な気持ちで少し涙が出そうになります。

リンクで二人で滑りながら、懐かしいね・・・昔、よく遊びでやっていたよね。このアラジン・・・体が覚えているんだねと千宙は楽しそうです。

羽彩は子供の頃はただ楽しく滑っていたけれど、このプログラム・・・ラブラブだわぁとちょっと恥ずかしくなります。

ターンして見つめ合う・・・羽彩は恥ずかしくて顔をそらすと、千宙は羽彩をからかいます。

本番ではちゃんとやるから、他のシーンを合わせようと羽彩は千宙に提案します。

エキシビション

男女シングルの金メダリストがカップルを組んで、二人の想い出の曲だと言う「アラジン」を滑ります。

お互いシングル選手だとは思えないですね。

二人ともいい笑顔で滑っています。

千宙はタイミングをみて、羽彩を抱きかかえます。まるで、ペアかアイスダンスのようなリフトです。

アナウンスでは、まるで本当の王子様のようでうっとりしますねと続けます。

羽彩は滑りながら悔しいと思い、千宙さえいなかったら・・・こんなにドキドキさせられることはないのにと思います。

会場は拍手喝采です。

千宙は羽彩に楽しかったでしょう?と尋ねると、羽彩は話題にはなるでしょうと可愛くない言い方をして、また、落ち込みます。

千宙は何か足りないなあと言って、挨拶の途中で羽彩の頬にキスをしました。

会場からも黄色い声が飛び、千宙も満足して、これで羽彩も一面に載るからねと。

羽彩はそんなの嬉しくないと叫ぶのでした!

正直とっくに付き合ってます最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、正直とっくに付き合ってます最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
正直とっくに付き合ってます最新話を読む

正直とっくに付き合ってます【第1話】感想

やはり選手である以上、羽彩にとったら男子もライバルなんですね。

同じ日に活躍して、金メダルを取得したのに、一人はスポーツ面、一人は一面に堂々と掲載。

仲のいい仲間、友達でも複雑な気分になるのでしょうね・・・。

次回、Sho-Comi11号は5月2日(土)発売です!