週刊漫画TIMES

社畜と少女の1800日【第95話】のネタバレ!母の葬式の帰りに優里が言った言葉とは?

2020年2月7日発売、週刊漫画TIMES2月7日号の社畜と少女の1800日【第95話】のネタバレや感想をまとめました。

社畜と少女の1800日最新話を無料で読む方法は?

社畜と少女の1800日最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、社畜と少女の1800日最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
社畜と少女の1800日最新話を読む

【前回のあらすじ】

母・里美の葬儀に参列し、地元のおばさんから里美の話を聞いた優里。

優里に父親のことを聞かれ、おばさんは明言を避けましたが、実は里美は彼と優里と3人で暮らそうとしていました。

しかし彼は里美たちのもとに戻ってくることはなく、他に家族を作って幸せに暮らしていたのです。

絶望した里美は全てを棄てて清算し、人生をやり直すことに決めたのでした。

社畜と少女の1800日【第95話】のネタバレ

母の葬儀から帰るため、乗り込んだタクシーの中で優里は、この町に来る前はすごく怖かったと東根に心情を打ち明けました。

でも来て良かったです、と少し笑顔を見せる優里。

そして優里は、ここへ連れてきてくれてありがとうございましたとお礼を言うのでした。

 

後日、会社に出社した東根は2日も休みをもらってごめんと桐谷に詫びを入れます。

事情が事情だったから気にしなくていいという桐谷。

何かわかった?と聞く桐谷に、東根は神妙な面持ちで場所を変えて話したいから少し時間もらえるか?と言います。

個人情報だし言いたくなければ無理をしなくていいと桐谷は言いますが、聞いてくれという東根。

桐谷は真剣な東根の顔をみて何かを感じ取り、分かったと了承しました。

 

そして場所を移した東根は、事故で急死した母親に新しい夫と息子がいること分かって、その家族には優里の存在を知らせないまま帰ってきたことを桐谷に話しました。

父親については分からずじまいなのかと聞く桐谷に、下を向きながら「・・・ああ」と答える東根。

東根は桐谷が正式な優里の身元引受人のため伝えておくべきだと考え、優里本人の承諾も得ているようです。

桐谷は高校生が背負うには重すぎる話だと言います。

しかし優里はあれから、いつも通り学校に行ってバイトもしており、レストランのバイトは就職するギリギリまで続けるようだという東根の話に、タフな子ねと感心する桐谷。

優里は桐谷のように自信があって強気なタイプではありませんが、ある意味桐谷と同じくらい強いかもしれないと東根が言います。

すると桐谷は、私はそういう風に見えてるんだ?と返しました。

違うのか?という東根に、じゃあ何で私がこんなに自信たっぷりで強気なのか分かる?と聞き返す桐谷。

東根は単に性格だろ?と言いますが、桐谷はそれだけじゃないと言います。

小さい頃から両親に心底愛されて可愛がられながら育ってきたという桐谷。

そのせいか幼いうちから自分はここにいていいんだという、自己肯定感が芽生えて居場所がないと思ったことはあまりなかったのだとか。

しかし逆に言うと、親の愛情が乏しい状態で育った子は一概には言えませんが、不安定でナーバスになりやすい傾向があると言います。

自分を大切にできなかったり極端に依存性が高かったりと、生き方が難儀になる子もいます。

この場合、家庭が裕福か否かは実はあまり関係がないかもしれないという桐谷。

優里の環境は相当ハードですが、それでも東根の助けが多分にあったとはいえ、自分の力で独り立ちしようとしている優里のような子はなかなかおらず、健気で立派だと言います。

そんな桐谷の言葉に、本当にそうだなと同意する東根。

春からケーキ屋さんで働くんだっけ?と聞く桐谷に、人気店でよく雑誌にも取り上げられているらしいと東根が答えます。

優里が自分で求人を見つけて応募し、相当狭き門で最終的に二人採用されたようですが、10代は優里だけだったのだとか。

高卒で入社する子は珍しいらしく、もう一人は製菓の専門学校の卒業生らしいと話します。

東根くんのことだから大学いったらどうとかクドクド言ったんじゃないかという桐谷に、最初はそうだったという東根。

しかし採用が決まった時、第一志望の就職先に受かったととても嬉しそうに報告する優里を見て、自分がやりたいことを見つけて自立しようとしてる優里が、選んだ道を応援しようと思ったと言います。

そんなことをしみじみと話す東根に、それってもはや父というか孫を見るおじいちゃんの視点よね、という桐谷。

そして桐谷は話してくれてありがとうとお礼を言い、来週からまた忙しくなるからしっかり復帰してよと話します。

すると東根は、そんな時期に悪いんだけど来週1日だけ、午後半休させてくれないかと言います。

私用で平日じゃないとだめだという東根に、桐谷は今からしっかり埋め合わせしといてねと話すのでした。

社畜と少女の1800日【第95話】の感想

葬式では暗い表情だった優里ですが、地元のおばさんから母親の話を聞いたことで、少し気持ちの整理がついたのでしょうか。

気持ちを切り替えて、すぐに普段通りの生活をしているのが偉いですね。

そして東根の私用とは何でしょうか?

次はどんな展開になるのか、楽しみです!

次回の社畜と少女の1800日【第96話】が掲載される週刊漫画TIMESは2月14日に発売されます。

社畜と少女の1800日最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、社畜と少女の1800日最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
社畜と少女の1800日最新話を読む