週刊漫画TIMES

社畜と少女の1800日【第96話】のネタバレ!母の葬式を終えた優里の本音とは?

2020年2月14日発売、週刊漫画TIMES2月14日号の社畜と少女の1800日【第96話】のネタバレや感想をまとめました。

社畜と少女の1800日最新話を無料で読む方法は?

社畜と少女の1800日最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、社畜と少女の1800日最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
社畜と少女の1800日最新話を読む

【前回のあらすじ】

母の葬式に参列し、地元のおばさんから話を聞いた優里。行く前は恐怖があった優里ですが、帰る頃には「来てよかった」と話していました。

社畜と少女の1800日【第96話】のネタバレ

優里はクリーニングから戻ってきた喪服を東根に渡しました。

喪服を見て葬式のことを思い出した東根は、大丈夫?と心配そうな表情で優里に聞きます。

すると優里は、やっぱりすごく悲しかったけど母は父が迎えに来なくて、とても辛くて一人で遠くの場所に行ってやり直そうとしてのかもしれないと言います。

小さい頃から母とは二人だけの家族だった優里ですが、その時にそばにいて大事にしてくれたことは忘れずにいようと考えているようです。

しかし自分がもっと大人になったら、もしかしたら母はいつかちゃんと話してくれたかもしれないと思うと、生きていてほしかったと悲しそうな顔でいう優里。

東根は切ない表情で優里を見つめながら「・・・そうだね」と答えます。

どんな事情があろうと優里の母がしたことを許せない東根でしたが、彼女が産んで育てた子は本当にいい子だと感じました。

さらに優里は、母に聞けなかった父のことも少しだけ分かり、やっぱりどこかでずっと父のことは気になっていたのかもしれないと言います。

東根が父親じゃないこともハッキリわかってホッとしたと言う優里。

東根は苦笑いしながら、前にも言ったけどそれはないと改めて否定します。

俺と君島はそんな関係じゃなかったという東根に、優里は満面の笑みで本当に良かったと言いました。

 

後日、優里はカフェで身元引受人の桐谷と落ち合い、児相への定期報告のための面談を行いました。

高校を卒業したら児相への定期報告も無用になるため、こうして二人で会うこともなくなるという桐谷。

結局優里は一度も桐谷に迷惑をかけることなく卒業することになり、よく頑張ったと褒められると、優里は3年以上もの長い間本当に色々とお世話になりました、と頭を下げました。

桐谷は、実質あなたと生活してたのは東根くんで、私がやったことといえば、この定期報告のための面談くらいだから、お世話なんて大してしてないと話します。

すると優里は、これまで好きなことや将来やりたいことがなかったと話し始めました。

ただ早く大人になって一人で生きていこうと思っていただけだった優里ですが、東根と暮らしながら高校生になって周りの人たちにも影響され、少しずつこれが自分の好きなことなのかもと思うことが出来たのだとか。

就職先もその気持ちを元にして決めることができたと言います。

あの時、桐谷が自分を迎えに来てくれなかったら、高校に行けてたかも分からないし、こんな高校生活も過ごせなかったと思うと言う優里。

そんな優里にカタく考えないでよ、と桐谷は言います。

身元引受人になったことで東根にも恩も売れたため、そこはこっちもシビアに考えていると言う桐谷。

東根くんはあんなに泣くほどあなたを取り戻したかったようだし、彼を社員として迎えたかった私は、ある意味そこに付け込んだことになると話します。

「あんなに泣くほど」と聞いた優里は驚いたような表情で下を向き、桐谷は言っちゃまずかったかなと少し後悔しました。

しかし優里は嬉しそうに微笑み、それを見た桐谷もほっとしたように笑みを浮かべます。

そして高校を卒業して自分で稼げるようになれば、今よりもっと自由になれるという桐谷。

誰に気兼ねすることなく好きなように堂々と生きていけばいいと言う桐谷の言葉に、優里は「はい」と笑顔で答えました。

 

その頃、梓は仕事の同僚たちと仕事終わりにコラボカフェを訪れ、ケーキを食べていました。

梓がバグを見つけてしまったため、原因特定のために三日三晩全員でのバグチェックを行い、あれで5歳は老けたという梓。

同僚たちは思い出したくないと言い、最後に解決できたときは泣いたと話します。

そんな中、イラストレーターの日高が、バイクで事故って入院中だと一人の同僚が切り出します。

日高は病院でオフラインで作業しているため、病院の一番近くに住んでいる梓に完成データを取りに行ってほしいとのこと。

病院にデータを取りに行くなんて気が重いという梓ですが、おつかいしてくれたらその日は早上がりでいいらしいと聞いて、行くことを決意しました。

 

後日、梓は病院を訪れ、日高からデータを受け取りました。

病室を出て歩きながら、会社にこれを届けたら、優里ちゃんとこにご飯食べにいこ~とつぶやく梓。

しかし出口がどこにあるか分からなくなり、地図で場所を確認していたとき、何かが目に入りました。

社畜と少女の1800日【第96話】の感想

優里は本当にしっかりしたいい子ですね。

親を恨んでいてもおかしくない状況だと思いますが、誰のことも責めずに真っすぐ優しい子に育っていて感心しました。

今まで苦労してきた分、幸せになってほしいと心底思います。

そして梓が見かけたものとはいったい何なのでしょうか?

次回の社畜と少女の1800日【第97話】が掲載される週刊漫画TIMESは2月28日に発売されます。

社畜と少女の1800日最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、社畜と少女の1800日最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
社畜と少女の1800日最新話を読む