週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第147話】積怨のネタバレ!ギーランの逆襲!

2019年8月26日発売、週刊少年ジャンプ39号の約束のネバーランド【第147話】積怨のネタバレや感想をまとめました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

【前回のあらすじ】

王都での決戦がついに開幕。ノーマンたちは計画通り素早く邪魔な鬼を排除し、王の間へギーランを誘導しました。

そして復讐に燃えながら王や五摂家と対峙するギーラン。実は五摂家の家族や家臣はギーランがすでに食らいつくした後で、五摂家と王以外その場にいる全員ギーラン兵に化けさせていたのでした。

約束のネバーランド【第147話】積怨のネタバレ

妻と子の面を手に取り、怒りと悲しみに震えるバイヨン卿。

「ギーラン貴様ァ・・・・!!!」

そしてバイヨン卿は怒りを露にし、ギーランへと向かっていきました。

 

700年前。

王の間では女王レグラヴァリマや貴族たちが一堂に会していました。

「申せ。」とレグラヴァリマが促すと、当時五摂家だったギーラン卿が話し始めます。

「近年下級農園の生産が追い付かず、各地で飢えが絶えませぬ。このままでは民が滅びつきます。国庫を開き、我ら貴族の備蓄を一部解放いたしましょう。」

そんなギーラン卿の提案に、一同はざわつきます。

先代のノウム卿は「我らの人肉を下々に与えるだと?危険だ。貴族の食う人肉は下々の食うそれとは違うのだぞ!?」と反対。

先代のバイヨン卿は状況に応じて一部のみならいいのではないかと言いますが、プポ卿は自分たちの分が減ってしまうからダメだと断固拒否します。

そんな五摂家の反応に「そのようなことを言っておる場合か!!」と声を荒げるギーラン卿。

鬼の村では民が飢えて野良と化し、親子や同村で共食いし合っている地獄絵図の状況で、それが各地で拡がり朽ち滅びている村が多くあります。

「治める民あっての統治であろう。民を守らずして鬼の繁栄はない。手を打たねば鬼全体が滅びる!我らのため、統治のためにも貴族が身を削り救うべきなのだ!!」

そんなギーラン卿の主張に五摂家たちは静まり返ります。

するとイヴェルク公が「まぁ落ち着こうぞ、ギーラン卿。」と口を開きました。

「君の話は解った。だが皆の懸念も、もっともである。」

イヴェルク公は問題は農園の整備だと言います。

ラートリーとも手を合わせて下級肉の量産を試みており、農園の在り方を見直している最中であるため、結果を見るまで待とうと提案するイヴェルク公。

そして一同は話しを打ち切り、解散しました。

その場に立ち尽くし悔しさを露にするギーラン卿。

 

家に戻ったギーラン卿は「なぜこの危機が解らぬのだ・・・!皆己の利己しか考えておらぬ。」と憤りを隠せません。

(否。解ろうとしないのだ。そも下級肉の量産など幾度試みて僅かもかなわぬ故、今の飢饉であろうが・・・!)

そんなギーラン卿の元に、ギーラン家家臣のドッザ将軍が現れました。

跪きながら「ギーラン様は御立派です。」というドッザ将軍。

「五摂家諸侯の中でも随一の高貴なお家柄で、これほどの知と富をお持ちながら、それらを惜しむことなく領民に分け与えている。これほど民・家臣に慕われている領主はおりません。飢饉の災禍を最も抑えられておるのも、このギーラン様です。」

そんなドッザ将軍の言葉に対し、ギーラン卿はまだすべては救えてないと歯ぎしりします。

すると、それでも諦めてはいけないと励ますドッザ将軍。

「蒔いた種はいずれ実ります。救えます。ギーラン様の義は必ず届きます。私もどこまでもお支え申し上げます。」

そう言うドッザ将軍にギーラン卿は「我は幸せ者だ・・・。」と感謝しました。

そしてギーラン卿はドッザ将軍にある頼みごとをします。

それは領下の行商から耳にした噂を調べに行ってほしいというものでした。

その噂が本当なら、民の飢えの解決や農園の今後にも役立てるかもしれないというギーラン卿。

 

しかしその後、ギーラン卿は突然五摂家たちに捕らわれてしまいました。

「ギーラン卿!謀反の廉で一族もろとも”野良落ち”の刑に処す!」

妖しげな血の者を使い、王政の転覆を企てた大罪を犯したと罪状を読み上げられ、ギーラン卿はドッザ将軍に騙されたことに気づきます。

「ええ、私が進言しました。どこより豊かで結束の強いあんたのおうちが裏切っちゃ大変だ。」

そんなドッザ将軍の言葉に怒りを露にするギーラン卿。

さらにドッザ将軍は「感謝してますよ。身分じゃなく働きで真っ当に評価してもらえて―――本当にあんたがバカでよかったよ。」とニヤつきます。

ギーラン卿はイヴェルク公にも自分たちの潔白を主張しますが「知っているよ。」というイヴェルク公。

イヴェルク公はギーラン卿が謀反など企てていないことも、すべてドッザ将軍の出任せだということも知っていました。

何故なのだと問うギーラン卿にイヴェルク公は

「邪魔なのだ。君のその”義”が”正しさ”が。君の忠義には感謝する。だが邪魔なのだ。」

と言い放ちます。

イヴェルク公は女王レグラヴァリマも「何が問題だ。増え過ぎた民が死ねば、与える人肉も足りよう。」と話していたことをギーラン卿に告げます。

「腐っているのだよ。陛下だけではない。皆腐っている。君の清き目障りでドッザの濁りが丁度よかった。渡りに舟だったのだ。」

こうしてギーラン卿は理不尽にも野良落ちの刑に処されたのでした。

 

そしてノウム卿とバイヨン卿はギーランに向かって突撃しました。

しかしギーランは一瞬にして彼らを殺し、頭部をガリガリと食らいます。

そんなギーランをドッザ卿は鼻で笑い「あのヒョロ甘”ギーラン様”がやるじゃねえの。」と言います。

そしてドッザ卿はマントを脱いで甲冑姿となり、武器を手にしました。

(バイヨンとノウムを一瞬で・・・もうかつてのギーランではない。だが俺は別だ。俺はこの700年、武人として力を高めてきた・・・。全力で葬る。)

「いざ!!」とギーランに向かっていくドッザ卿。

しかしギーラン兵が一瞬にしてドッザ卿の頭を切り落としました。

「頭が高ェよ。てめぇまず”ごめんなさい”だろ。ドッザ。」というギーラン兵。

 

一方その様子を屋根裏から確認していたシスロとバーバラは、倒すべき相手が女王レグラヴァリマとイヴェルク公だけになったとノーマンに報告します。

するとノーマンは「よし動け」と合図を送るのでした。

約束のネバーランド【第147話】積怨の感想

ギーランによってあっという間に五摂家が倒され、残り2匹となりました。

そしてノーマンたちが動き出すようですが、どんな展開になるのでしょうか?

次回の約束のネバーランド【第148話】が掲載される週刊少年ジャンプ40号は9月2日に発売されます!

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む