漫画ネタバレ

約束のネバーランド【第165話】You Can Fly!のネタバレ!奪還作戦、開幕!

2020年1月27日発売、週刊少年ジャンプ9号の約束のネバーランド【第165話】You Can Fly!のネタバレや感想をまとめました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

【前回のあらすじ】

エマたちは死んだと嘘をついたナットを痛めつけたピーター・ラートリー。そして、ピーターはジェミマを人質にとり、アンナに”約束”について問いかけました。

約束のネバーランド【第165話】You Can Fly!のネタバレ

2046年1月15日。

グレイスフィールド農園より特上2匹を含む15名が脱走。

脱走から2日後の2046年1月17日。

イザベラは牢屋の中にいました。

これでいい私もこれでやっと・・・エマ、レイ、みんな・・・レスリー。

そんな思いでどんな罪も受け入れる覚悟を決めていたイザベラでしたが、飼育監長(グランマ)の任を命じられます。

商品を守れなかった自分がなぜと驚くイザベラ。

鬼は「全ての責任はグランマ・サラに」とイザベラに告げました。

イザベラは商品を制御しきれなかったものの、イザベラを制御しきれなかったのは彼女だからとのこと。

そしてグランマ・サラは出荷され、イザベラが逃がした商品の代わりに次の儀祭の糧となりました。

 

牢屋に戻り放心状態のイザベラ。

そんなイザベラの元にピーター・ラートリーが現れました。

要はイザベラを残すか、サラを残すかどちらが農園の将来に有益なのか、かれらは打算したのだというピーター。

イザベラの飼育成績は類を見ないほど圧倒的のため、ピーターも農園はあなたを残すべきだと思うと話します。

不安そうな表情のイザベラにピーターは、迷いますか?と問いかけます。

”やっと抜け出せると思ったのに”

”自由になれると思ったのに”

”もう充分”

”これじゃ元の地獄に逆戻り”

”私はグランマになどなりたくない”

イザベラの気持ちを代弁しながらピーターは、あなたも僕ら側ならよかったのに残念だと言います。

こちらの世界で食用児として生まれたがために、イザベラのような逸材も終世怪物共の餌だというピーター。

さらにピーターは、本当に”充分”ですか?と問いかけました。

あなたはまだすべてを知らないのに、欲しかった未来もまだ何一つ手にしてないのに、知りたくありませんか?

なぜ食べられる人間とそうでない人間が存在するのか。

抜け出したくありませんか?今度こそ。

この地獄から!運命から!!

あなたは今死の押し付け合いに疲れてるだけです。

だから舞台を降りて自ら死んで終わりにしようとしている。

でもね、死は救いではない。自由への道では決してない。

ピーターはそう言うと、僕が本当の救いを君にあげる、連れ出してあげると言いながら、イザベラに手を差し伸べます。

 

君がこの手を取って。

その頭脳を、僕たちのために役立ててくれるなら。

その数字も胸のチップも消して、君を真の自由に。

 

こうしてイザベラはピーターと手を結んだのでした。

今年もGFは素晴らしい飼育成績と収穫高で、ラムダへのご協力もありがとうございましたと感謝するピーター。

イザベラがラムダのことは残念だというと、ピーターは肝心のデータはすべて残っているから施設は焼けても何も問題ないと話します。

女王が逝去し五摂家諸侯も皆世を去ったため、貴族階級の消失で”彼ら”も変わり、これからはラムダの時代になると言います。

ラムダは復活し、ハイコスト、ハイリスクの旧生産ラインは撤廃し、じき全農園をラムダ型新農園に一本化するようです。

つまりGF他、現高級農園は廃止となり、その暁にはイザベラは晴れて自由になるとのこと。

ところで脱走者共の出荷準備は?と聞くピーターに、じき整いますというイザベラ。

するとピーターは、夜明けまでに全員摘み終えてくださいと笑顔で言います。

奴らは恐らく今晩中か明晩までには現れるため、そこまでに今いる脱走者も残る脱走者も大方の始末を終えたいというピーター。

「明後日には全員、瓶の中です。できますか?」

そんなピーターの問いかけに、イザベラはフワッと笑うと畏まりましたと答えました。

 

一方子供たちは広い物置に縛られて閉じ込められていました。

泣きながら謝るアンナを、みんな無事でよかったと励ますナット。

その時、部屋の中にイザベラが入ってきました。

子供たちの間には緊張が走りますが、イザベラは「おかえり。私の可愛い子供たち」といって子どもを抱きしめます。

子供たちは堰を切ったように泣き始め、ナットの指を手当てさせてと頼みました。

するとイザベラは、あらあら酷い怪我可哀想にと言いながら、ピーターに指を折られたナットの右手をそっと握ります。

そして次の瞬間、折れた中指を無理やりベキッと元に戻しました。

激痛に悲鳴を上げるナット。

イザベラは、まぁこれで目立たず綺麗に出せるでしょうと笑顔で言います。

さぁこれから順次あなたたちの”処理”を開始します。

最初の10人を選びなさい。

そんなイザベラの言葉に、子供たちはもう今度こそ終わりだと絶望の表情を浮かべます。

しかしその時、電気がバチッと消え、施設内で警報機が鳴り始めました。

そして誰もいない廊下のマンホールが開き、エマとレイとノーマンが武器を手に乗り込むのでした。

約束のネバーランド【第165話】You Can Fly!の感想

いよいよ奪還作戦に乗り出したエマたちですが、もう少し慎重に乗り込むかと思いきや、時間がないためか強行突破してきましたね。

ここからどんな展開になっていくのか、とても楽しみです!

次回の約束のネバーランド【第166話】は週刊少年ジャンプ11号に掲載されます。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍